フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ウェブページ

無料ブログはココログ

トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月25日 (日)

偉大な教師、神さま

ヨナ 4章10-11節
 今回のイスラエル派遣での最終日、導かれてヨッパを訪れました。ヨッパの町の中心部には大きな魚として鯨の像がおいてありました。ここヨッパから地の果てのタルシシに向け、預言者ヨナが船で逃走した場所がこのヨッパだったのです。Jaffa
 
 ヨナは神から受けた「ニネベの町を悔い改めさせて救え」という命令を忌避しました。神様にとって次の人物を当てることも簡単だったでしょうが、ヨナを惜しまれました。それで暴風雨を起こしてヨナの船を沈まんばかりにし、くじでヨナを船から放り出させ、大魚に命じてヨナを飲み込ませました。そして大魚の腹の中でヨナを三日三晩養われました。
 理性では到底信じられない内容ですが、ヨナの話を他ならぬイエス・キリストご自身がお認めになっておられます(マタイ12:39-41、ルカ11:29-32)。神にとって不可能は何一つありません。
 さて悔い改めたヨナは、使命を果たすべくニネベに行きますが、頭では理解し分かってはいても、心と言うか内心ではまだ不承不承でした。人にとって「分かる」ということには二つの段階があります。「知的に理解する」段階と、「心から腹から分かる、得心する」という段階です。心から分かる、これは教えようとしても実際には至難の業です。しかし神はヨナを教えられ、心情の面でも教え諭されます。神は実に偉大な教師です。
 ニネベの町外れに陣取って「さてニネベの滅びはどうなるか?」と様子をうかがうヨナに、神は一本のとうごまを生えさせ、それでヨナの頭上を覆わせます。涼しい日陰に恵まれたヨナは喜ぶのですが、なんと次の日にはそのとうごまを神は枯れさせ、日よけを取ってしまいます。折から焼けつく熱風と強烈な日差しにさらされ、ヨナはあまりの暑さに死を願うようになります。
 そこで神はヨナに「あなたは、自分で骨折らず、育てもせず、一夜で生え、一夜で滅びたこのとうごまを惜しんでいる。まして、わたしは、この大きな町ニネベを惜しまないでいられようか。そこには、右も左もわきまえない十二万以上の人間と、数多くの家畜とがいるではないか。」(ヨナ4:10-11)と悔い改めた町をあわれむのが正しいことを教えられるのです。
 まさにぐーの音も出ない、人間の心まで変えられる偉大な指導をここに見るのです。神は天地万物を創造された、想像すらできないお方ですが、一人の人の心の奥の奥まで見られ、丁寧にそれを正しい方向に変えてくださるという、実に細やかな愛にあふれたお方なのです。Pray the Lord ! 

2012年11月18日 (日)

二つの命令

マタイ 28章19-20節
本日の聖書箇所は「大宣教命令」と称されるところですが、しかし実は二つの命令であることが意外と忘れられています。前半の「行って、あらゆる国の人々を弟子としなさい」という宣教と、後半の「命じておいたすべてのことを守るように彼らを教えなさい」の教えるという二つの命令です。本日はこの後半に焦点を当てて行きます。
宣教という点からは福音を知らせ、聞く者に受け入れるか受け入れないかの選択を迫るのですが、せっかく信じた者の信仰を堅くを教育しなくては、福音は道ばたか岩地に落ちた種同然なのです。S_2
さてこの教育ということですが、先週三つのポイントがあることをアンテオケ教会で語られました。その内容というのは①一般的な事柄、②聞き従い、③感謝する、④賜物を用いる、この四つだそうです。①については洗礼の準備会などで、主に使徒信条などを踏まえて学んでいる知識です。しかし②以降については、聖霊様の働きなしには困難な事柄です。
 
なぜなら、神に聞くことなしに「聞き従い」はできませんし、問題の中に用意された御心がわかるからこそ「心からの感謝」をいたします。まして「賜物」とは、人の祈りを通してのご聖霊様の働きそのものではありませんか。と言うことは聖霊のバプテスマを受け、新生したクリスチャンが教え、学ぶことの出発点でありその土台なのです。
さて宣教と教育というイエス様の二つの命令をもう一度思い返してみますと、そこには神から遣わされる者に必要なものが何なのか?ということが見えてまいります。二つの命令を成し遂げるためには徹頭徹尾、これは神の(聖霊様の)働きであって、人はそのしもべであり器(うつわ)に過ぎないということです。神の臨在の中、その愛の実践者として教え導くのです

2012年11月11日 (日)

栄光を私たちの神にささげよ

申命記 3章23節 
ガリラヤ湖での11月4日の聖日新年礼拝、その場で直接この年間聖句を聞きPhoto_3 、その後の夜聖会の都度、言わんとされることが明瞭となって来ました。ですから「栄光を神に帰す」、この聖句の意図するものを私なりに取り次がせていただきます。
 62名の奇跡(※1)は、これを明らかな神の奇跡として認識するか、はたまた単なる偶然の所産だと見るかで、大きく変わって来ます。奇跡としてなら「栄光を神に帰す」ことができます。逆に「神はスバラシイことをしてくださった」と神に帰さないのであれば、今後この群れに神の業、栄光は乏しくなって来るのです。重要なのは「心から認識する」ことであり⇒「言い表し、伝え証する」こと、これが年間聖句の意図するものです。
 「神に栄光を帰す」とこのことを語ったのは、モーセです。そして他ならぬモーセが、このことを身に沁みて味わさせられた本人でした。奴隷にしてかたくなな民、彼らイスラエルは不信の民で、約束の地に入るのにはふさわしくありませんでした。その民と神との間に立ってモーセはどれほど苦労したことでしょう。そして唯の一度でしたが、メリバの水のことで神に栄光を帰さなかったからなのです。
 そしてモーセとアロンは岩の前に集会を召集して、彼らに言った。「逆らう者たちよ。さあ、聞け。この岩から私たちがあなたがたのために水を出さなければならないのか。」モーセは手を上げ、彼の杖で岩を二度打った。すると、たくさんの水がわき出たので、会衆もその家畜も飲んだ。(民20:10-11)
 これまで私は、モーセが約束の地であるカナンに入れなかったのは、不遜にも「岩を」一度で良いいはずのものを「二度打っ」た不信のためだと解釈していました。しかし今回示されたのは、二度打つこと以上に神に咎められたのは13節にある通り、神である主に対し「わたしを信ぜず、わたしをイスラエルの人々の前に聖なる者としなかった」ことなのです。すなわちモーセとアロンが水を出す行為を【主がなさった】と言い表さなければならないところを『私たちが』としてしまったからなのです。これには愕然とする思いでした。
 
 みなさん、神に栄光を帰しましょう。これからモーセが神に仕えた如く、私たちも神に用いられ、リバイバルの器となっていきます。どのような状況に陥ろうとも、神に栄光を帰すべきものの、たとえホンの一部でも帰すべきものを帰さないことが、決してあってはならないのです。先ず認識し、100%神に栄光を帰せるよう言い表して行くことを肝に銘じましょう。人間の力で無く、神にそう祈って神の力によって為していきましょう。

2012年11月 4日 (日)

新年礼拝「栄光を私たちの神に帰せよ」

申命記 32章3節  (東京アンテオケ教会 パウロ秋元牧師)
 ガリラヤ(湖)は神さまから特別に愛された所です。ここカペナウムから神の子イエス・キリストは宣教を始められ、最後にアルベル山から世界宣教を命じられました。最初からこのガリラヤの人たちが中心となって、働きを為されたのです。Photo_4 この地は聖書と信仰に関して特別な地ですが、それだけでなく私たちは、神から示されて来ており、そこに特別な主の御手と導きがあると感じています。
 
 また私たちは教会の代表として来ていますので、教会全体が共にここに居るということになります。なぜなら私たちは霊的なイスラエル人であり、神の国人であるからなのです。新年度の最初にここに来て、それらを確認するということに、大きな意味があるのです。
 昨年の年間聖句はこれで終わって、新しい聖句に取って替わられるのでなく、これまでのものが継続され、その土台の上に今年の年間聖句があるということを理解して下さい。この「栄光を私たちの神に帰せよ」はこれまでのものに続いているものなのです。
 さてこの年間主題ですが、この度私たちはオーストリア機の故障によって再びウィーンに戻され、通常出るはずの臨時便にならずに、四分五裂に分散搭乗させられそうになったのです。その対応にも、空港職員に翻弄されたりして最も遅れたことになりました。私たち62名、この窮状に見かねてオーストリア航空が朝食券を出してくれたのです。ここからN・Y発の便がハリケーンにより欠航となり、イスラエル行きのオーストリア便に62名の空きが出て、私たちに一人の欠けも余りもなく、全員そろって行けるという神の業が起こりました。62名というぴったしの数字、最短の時間でフライト出来るという奇蹟的な逆転が起こったのです。
 これからもこの群れに神の業が私たちに起こっていきます。すると今まで批判中傷の状態から、賞賛されるという状態となっていくことでしょう。悪口言われて滅んだ人はいませんが、誉められて滅んだ人は多いのです。すべての栄光を主に帰す、これが非常に重要なポイントになっていくのです。

トップページ | 2012年12月 »