フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 神の愛~天の御国へ | トップページ | 聖霊の証印 »

2013年2月24日 (日)

死から命へ

ヨハネ 5章24節 

本日のテーマは今現在、終末の時代に確実に入りつつあり、黙示録に記述してあるいろいろな恐ろしい出来事が迫りつつあることです。その怖いことばかりが気になっている方が気になります。しかしほんとうに神を信じるクリスチャンにとっては、心を躍らせ、待ち焦がれていることなのです。Page001

 聖書の預言、1948イスラエルの建国。反キリスト、偽キリストの舞台として旧ローマ帝国に相当するEUが、終末のこの時代、1つの国としての体裁を整えつつあること。現在、イスラエルが世界中の国から憎まれつつあること。先の東日本大地震や異常気象、飢饉などの転変地異が起こってきています。
 これら終末の世では、リバイバルと大迫害が同時に起こってきます。なぜなら旧来の宗教勢力にとっては、信者が減るという経済的なの損失が大きいからです。また浦上の1番から4番までの崩れなどこれまでの迫害の歴史から、一番の敵は実は自分たちの仲間からの密告なのです。
 しかしローマ時代のキリスト教は、迫害されれればされるほど、殉教者が出れば出るほど大きくなり、ついには巨大なローマを乗っ取ってしまったのです。アジアだけが、特に日本がその実を得ていないのです。神さまがこのままにしておくと思われるでしょうか?いいえ、この日本から世界が驚くリバイバルが始まっていくのです。

 ところで中1の時に、「この神が本当の神」とわかり、キリスト教へずっと焦がれるような関心を持っていた私は、高校生になる直前頃から、教会らしき所へようやく通うようになりました。相当な決心をして、ただ一人通いました。しかしそれは神によってであったと思います。しかしちょうどその頃、「沈黙」という遠藤周作のキリシタンの転びの物語を読んでしまったのです。信じたのに棄教すると即、地獄行きだと思ったのです。「お前は神のために命を捨てることができるのか?」そんな自問が頭を離れることがなく、二十歳に学生運動が挫折するまで恐れ、ためらい続けてしまいました。

 サタンは巧妙です。棄教し悔い改めることをしなかったら確かに裁かれることになるでしょうが、だからといって信じなかったら、はじめから裁かれる運命になるのです。不安や恐れさせるのはサタンの仕業なのです。この群れは「殉教したい」と告白する人が多いすばらしい群れです。しかし殉教は選ばれた人の特権なのです。それぞれに召しがあって、その召しに命を捧げて私たちは従い歩んでいくのです。
 また終末の時代、いろいろと恐ろしいこと、不安な時代がやってきます。不安や恐れ、これを信仰から見て喜びと希望であることを理解していきたいと思います。

 この時代をモーセの出エジプトにたとえることができます。エジプトは、いわば豊かな地ですが、実はイスラエルを奴隷にし苦しめたサタンの地にたとえることができます。しかし神は時が来たとき、頑ななエジプトを大いなる業と奇跡で打ち据え、過ぎ越しの祭りを通し、ご自分の民数百万人を選び出し、脱出させられました。武器も何もないイスラエルの民を追って迫ってくる膨大な軍を、民の力でなくただ神の力で、水で滅ぼされたのです。
 シナイの荒野に入る。人間の知恵と知識とでは、荒野でこの民が生きて行けるわけがありません。奴隷の民で戦うことも知らず、すぐにカナンに直行したって入れるわけがありません。神は40年も荒野で律法をイスラエルに与え、マナとうずらによって養い、服は古くならず、まったく新しい民に造り替えられました。このとんでもない奇跡によってこの民を主は新しい民に造り替えられ、約束を果たされたのです。

 次に創世記と黙示録の記事を読み比べてみましょう。<表省略>
 この対比表を見れば一目瞭然なように、神はすべての物事の終わりまでの、完璧な計画を立てられて天地万物を創造されたのです。その終わりの時代は本当は新天新地の始まりであり、永遠の神の光の中で私たちは毎日、主に顔と顔を会わせ、お声を聞き、喜びと賛美の中で主とお交わりをするのです。いわば肉に過ぎない私たちを、その計り知れない恵みの中に選び出すために世界は造られたのであり、終末の時代に生きる私たちは、その産みの苦しみにも召されているのです。

 考えてみてください。生きていて何の苦しみも悩みもない、豊かで平和で問題のない人生って幸せでしょうか?そうではないことはみなさん、ご存じです。教師がいて、とても乗り越えられないような問題を生徒に与えるのは、適切ではありません。同じように、あまりにも簡単ですぐわかるような問題は、思い出すためだけのものであって、問題ではありません。良き教師とは、あれこれ難儀をして、いろいろなアプローチを苦心して、それでやっと解決できる問題を出します。それは生徒の力を知っており、また努力し続けるられるような援助がに力を注ぐからです。苦心して問題が解けた、それは生徒の力になり喜びです。苦心すればするほど、喜びもまた大きいのです。
 イエス様を見ても分かるように、私たちの神は偉大な教師です。人と天地を造られた神さまほど私たちを知っておられる方はいません。ですからみなさん、安心してください。これからの終末の時代のあらゆる困難や問題は、産みの苦しみ、必ず解ける問題の、解ける前の苦しみなのです。苦しみは喜びの源、大きな苦しみは必ず大きな祝福が与えられるのです。ハレルヤ。喜び躍って、新しい新天新地の産みの苦しみを迎えようではありませんか!

« 神の愛~天の御国へ | トップページ | 聖霊の証印 »

試練」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592434/56874751

この記事へのトラックバック一覧です: 死から命へ:

« 神の愛~天の御国へ | トップページ | 聖霊の証印 »