フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 聖霊の働き(五職と信徒の連携) | トップページ | 神の愛と信仰 »

2013年5月26日 (日)

ヨブに見る神の祝福

 ヨブ記42章12

 ヨブは義人であったのに、大変な試練を受けた人として有名ですが、誤解もあるようです。
Job
 まず誤解を招くところですが、サタンによってヨブは財産はもちろん、十人の子どもを失いました。子どもを失う・・・・これに多くの方が拒否反応をされます。もし自分の愛する子がそうなったら・・・・・その事実すら受け入れ難い上、生涯の心の傷となる方もいうことでしょう。たとえその後に新しく、同じ十人の子を与えられたとしても、親の気持ちというものは部品の入れ替えのようなわけにはいかないでしょう。確かに思い入れのあった子どもたちを失う、それを二番煎じでは取り返しがつかないという気もしないではありません。もっともなことですが、しかし聖書には理解する幾つかのキーワードが聖書にあります。

 ヨブは先の十人の子に対しては、機会あるごとに必ず全焼のいけにえを捧げていました。これは子どもたちが、「あるいは罪を犯し、心の中で神をのろったかもしれない(1:5)」と、どうしても罪の疑いを取り除けない、そんな子どもたちだったからです。
 しかし後の新しく与えられた子どもたちに関しては、その記述が一切ないことから、おそらくは罪を犯す心配のない、信仰的に善良で忠実な子どもたちであったことが分かります。さらに先では全く記述のなかった三人の娘に関しても名前を挙げた上で、「ヨブの娘たちほど美しい女はこの国のどこにもいなかった(42:15)」と賞賛すらしてあるのです。飲み食いの宴会を常としていた先の子どもたちに比べ、後の子どもたちは異なり、宴会より先ず神を中心にした生活を営んでいたのでしょう。

  こうして見れば同じヨブの子どもでも、先の子どもたちにはおそらくは裁かれても仕方のない罪を犯していた可能性が高く、その後に与えられた子どもたちは全く異なる祝福された子どもたちであるとうかがい知れるのです。

 さらに「二番煎じ」という決めつけもどうでしょうか。私は先の妻を病で失い、結婚を二回しましたが、後の結婚を二番煎じだとはまったく思っておりません。一番目の結婚があったからこそ、二番目のすばらしさ、神のあわれみと慈しみが骨身に浸みてようく分かるのです。ヨブも同様ではないでしょうか。

 ヨブは試練によってその心は一新されました。「それで私は自分をさげすみ、ちりと灰の中で悔いています(42:6)」。もともとヨブは義人でしたが、さらに神と親しく交わる者、神を知る者が得る真の謙遜な者とされているのです。おおよそあらゆる祝福の中で、しかもキリスト以前の時代の人として、これ以上の祝福はありません。ヨブこそ、試練によってもっとも祝福された人物なのです。ヨブ記はそのことを教えてくれる記録なのです。

« 聖霊の働き(五職と信徒の連携) | トップページ | 神の愛と信仰 »

試練」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592434/57503431

この記事へのトラックバック一覧です: ヨブに見る神の祝福:

« 聖霊の働き(五職と信徒の連携) | トップページ | 神の愛と信仰 »