フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ウェブページ

無料ブログはココログ

« どうしたら私たちは携挙されるのでしょうか? | トップページ | 山上の垂訓 »

2013年7月28日 (日)

わたしたちの教会の使命

Ⅰコリント 14章12節

 フィラデルフィアの教会とは黙示録の七つの教会の一つです。しかし他の教会と異なっている点がありました。
「・・・・ことばを守ったから、わたしも、地上に住む者たちを試みるために、全世界に来ようとしている試練の時には、あなたを守ろう(黙3:10)」
ここでの「全世界に来ようとしている試練の時」とは、この後の七年の患難時代に他なりませんし、「守ろう」とは「携挙」されることなのです。つまりフィラデルフィアの教会だけが唯一携挙される教会なのです。それはなぜかと言うと、「神のことばを守って忍耐し、神の名を否まなかった」からなのです。
 神の言葉とは聖書です。また聖書の枠内にある「預言」でもあります。特に聖書を神の言葉として100%信じる信仰がなければ、死をも恐れずに神の名を称えることはできないことでありましょう。これがフィラデルフィアの教会なのです。この群れだけがそうであると言う訳ではありませんが、確かにこの群れは聖書を原典において神の言葉とする信仰に立っている教会でなのです。

 さて船橋キリスト教会はわが国民同胞を、大勢神の国へ携挙させる特別な使命が与えられています。ところがこの国にはそれを阻む巨大な壁があります。長所とされてきた事物を知的に考えようとし、目に見えないことを容易に信ぜず、あらゆることに主体的に考え判断しようとする、普通は長所である聡明さが問題なのです。これは霊的な見地で言えば、みな「自分教」に冒されているのであり、自分が神という百花繚乱、八百万の多神教徒と言えるのではないでしょうか。一例をあげれば、もし進化論を否定し、聖書的な創造論を真顔で説明すれば、この国では精神病院に送られかねないのです。

 このような人々を打ち砕くのは、死人のよみがえりのような「奇跡」や目に見えての「癒やし」などの力系の賜物でしょう。その上に人々は「預言」に驚嘆し、神が実際に居られることに気づくことでしょう。この国のリバイバルは、日本人の高慢な知性を粉々に打ち砕く神の力によって、大きく開かれていくとわたしはかたく信じているのです。
 わたしたちの教会は聖書を神の言葉と信じる信仰の土台の上に、聖霊のすべての賜物を熱心に求める教会であり、その上にリバイバルに必要な神の力、今現在でも「預言」や「癒やし」などの不思議と奇跡に満ちている教会なのです。ですから聖書の「御霊の賜物、特に預言することを熱心に求めなさい(1コリ14:1)」を文字通り実践し続けているのです。愛する兄弟姉妹の皆さん、退いてはいけません。かたく信仰に立って、さらに時が来るまで熱心にし続けて行きましょう。

« どうしたら私たちは携挙されるのでしょうか? | トップページ | 山上の垂訓 »

教会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592434/57929597

この記事へのトラックバック一覧です: わたしたちの教会の使命:

« どうしたら私たちは携挙されるのでしょうか? | トップページ | 山上の垂訓 »