フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 高慢と謙遜 | トップページ | 神は愛です »

2013年9月29日 (日)

神の言葉で戦う

ルカ4章9-13節 
 最初にこの「荒野の誘惑の舞台はどこか」ということですが、伝承的にはエリコや死海を眼下に見下せる、エリコからのロープウェイが着く駅の左横辺りで洞窟がある所とされています。そこには正教会の修道院があることでも知られていますが、非常に高い所です。
 この荒野の誘惑は、イエス様がヨハネからバプテスマを受けられた直後のことで、あらかじめこれはセットしてあったことのようです。バプテスマの時「天が開け、聖霊が鳩のように下って」来られました。つまりこの時、イエス様は神の子として、ご自分が神と共に天におられた受肉以前の知識を完全に回復されたことでしょう。また神、神の子として制限なしに奇蹟を行える力も再び回復されたということでもあります。そのイエス様が40日40夜の断食を終えられたタイミングで、サタンからの試みに会われたのです。これは重要なことであり、再臨の前に、千年王国の前に、などマクロでも個人個人のミクロの面でも、重要な祝福の前に必ず試練や困難は付きものなのです。私たちはそれにパスできるよう祈って行かねばなりません。

 この荒野での試練の時サタンは、何とかしてイエス様の使命を妨害しようと決心していました。サタンの現れ方に興味はありませんか?フランスの画家が伝承の誘惑の洞窟で暮らし、サタンの登場の様子を想像して絵にしています。サタンはまるでイエスの同僚のように、苦行僧のなりをして描かれています。一見同じ志のような人物から、「手っ取り早くあなたの使命を終わらせてあげましょう」と提案のような形でイエス様は試練を受けられたようです。もちろんイエス様は、彼がサタンであることを早期に見抜かれていたことでしょう。ところで「下に身を投げてみなさい」というサタンの誘惑の順序がマタイとルカとでは違うのです。マタイでは二番目に、ルカでは三番目になります。元はどちらだったのだろうか?そう思っていますと、今回私は、ルカの方に軍配を上げる方がよいと思うようになりました。

 その理由ですが、「パンを石に」で神の力の証明を、「全世界をあなたに」でイエス様の使命を誤った方法で果たせるよう促したのですが、聖書のみ言葉を信頼するか否かの問い、これは決定的な試みではないかと思えるからです。全宇宙も、人も神の言葉でできました。またクリスチャンにとってエペソ書にあるように、唯一の武器である剣とは神の言葉です。何とサタンは聖書をよく知っていました。み言葉すら私たちに対して用いることができるのです。神の言葉である剣に対して、剣と剣の白刃の決闘場面とも言えましょう。

 これまでのサタンの試みに対し、イエス様はすべて神の言葉で対抗されました。そして神の言葉には勝利がありました。ならばサタンも最後には、神の言葉で対抗してきたと考える方が自然です。サタンは確かに聖書を知っておりますが、勝敗の分かれ目は言葉の実質を承知している本人の言葉なのか、意味内容もわからずに偽善的に用いている方便なのかということです。まるで言葉遊びのようなサタンの引っかけに対し、「あなたの神である主を試みてはならない」と聖書全体のみ言葉からイエス様は一喝され、それで勝負が定まりました。サタンは一時期ですが、離れ去って行くしかありませんでした。

 イエス様が戦いに際し用いられたのは、私たちが到底用いることのできないような特別なものではありませんでした。みなさんの今、そのお手元にある聖書の言葉を用いて戦われ、勝利を収められたのです。つまりだれでもサタンに対し、対抗できるようそのお手本を示してくださったのです。私たちはサタンに負けないよう、み言葉を読み親しみ、唯一の武器としてサタンとの戦いに用いて勝利を得ようではありませんか。

« 高慢と謙遜 | トップページ | 神は愛です »

聖書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592434/58328129

この記事へのトラックバック一覧です: 神の言葉で戦う:

« 高慢と謙遜 | トップページ | 神は愛です »