フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 神の言葉で戦う | トップページ | 神の愛 Part2~神の言葉を行う »

2013年10月 6日 (日)

神は愛です

1ヨハネ4章16節
   先週のメッセージで、私たちはキリストにならい、神の言葉でサタンに対抗しようと申し上げました。その戦いのためには、聖書をサタンのようにでなく、イエス様のように用いるため、神の言葉として学び、己の肉とする必要があります。
 先週のメッセ−ジの後になってのことですが、以前、異端の人々の聖書理解やキリスト教カルトの指導者のメッセージを聞いた時のことを思い出しました。彼らの聖書理解は、聖書の言葉の表面だけを継ぎ合わせたもので、まったくつじつまが合わないものでした。それはそうでしょう、彼らは自分の都合に合わせて、聖書の言葉の上っ面だけをあちこちから引用しているのですから。荒野の誘惑でサタンが「あなたが神の子なら、飛び降りてみなさい」とキリストに言っていますが、まさに同じパターンです。
 私たちがそうであってはなりません。サタンになくて私たちにあるもの。それは神が私たちを愛していてくださっていることであり、それを知っているだけでなく体験できることです。聖霊のバプテスマも、その飢え乾きから、与えられたものです。さらに熱心に聖書を学び、神の言葉によって神様の本質、愛を知っていくならば、その人の信仰は偏りのない強固な土台となっていくのです。
 聖書は尊く聖にして全能なる神が、なんと土に還る被造物に過ぎない私たちを、どれほど愛していてくださっているかという、偉大な愛の告白の物語です。これほどまでに私たちを愛してくださっている方、神の御心を、聖書によって確かに知り、御心だけを行なって行きたい願いが私たちの力であり、サタンに打ち勝つものです。

 ですからみなさん、どうかお願いします。神の言葉を体験してください。サタンのように、自分のために、何か自分の益になるかも知れないと聖書に接しては絶対に不可能です。イエス様の最大の命令は先ず「愛し合いなさい」でした。勘違いしてはいけません。自分の愛でできません。神の愛にまず満たされて、愛が自分からあふれ出て、それで愛し合えるようになるのです。愛の源泉は聖書です。霊的な体験を求め、振り回されている者にならないで、聖書の神の愛を先ず体験して、正しく霊を吟味できるようになってからにしてください。また聖書を読んでも神の愛がわからない人は、金持ちのように(ルカ16:31)救われがたいのです。
 よい忠実なしもべは、自分のしたいことを考えません。何とかして主人の意向を知り、主人の思いを成就しようと主人にだけ、絶えず目を注ぐ者です。そのように「しもべはここにおります。主よ、お語りください」と悔い改めと献身の祈りを先ず捧げて、主の御心を聖書からお聞きになっていただきたいと思うのです。聖霊のバプテスマを受け、聖霊様に導いていただいて読んでいただきたい。そうすれば著者である聖霊様が解き明かしてくださるので、まるで大パノラマのように、文字が立ち上がって聖書の情景を映し出すことでしょう。聖書があなたの心を震えさせ、立ち上がらせることでしょう。神の言葉によって天地万物は造られましたが、同じように私たち一人一人の心も、聖書を通し神は愛で満たしてくださいます。それは、神を知る恵みと喜びの体験ですし、御心にそっての新しい心を創造してくださる力あるものです。神は愛です。神の言葉は、私たちにとって生きる力でありいのちそのものです。

« 神の言葉で戦う | トップページ | 神の愛 Part2~神の言葉を行う »

神の愛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592434/58359919

この記事へのトラックバック一覧です: 神は愛です:

« 神の言葉で戦う | トップページ | 神の愛 Part2~神の言葉を行う »