フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ウェブページ

無料ブログはココログ

« HateからLoveへ | トップページ | しるしと不思議と力あるわざ »

2014年3月30日 (日)

試練は祝福の源

 マタイ 10章34節  

 クリスチャンとして歩んでいて疑問に感じたことに、なぜ熱心というか、篤実というか、神の前に忠実な模範的な方々に、どうしてこうも試練が大きいのかということでした。ある人は一人娘の結婚式の三日後、婿がはじめて仕事に出かけたその朝、トラック同士の正面衝突の事故で召されました。別なある人の長男は、小さな子が生まれたばかりの日、自宅前、自分の車から降り立った直後、ドアと追い越し車に挟まれて召されました。ある神学生の妻は、生まれたばかりの初子を残し、神学生宿舎から飛び降りて召されました。感謝の器マーリンさんも息子さんが天に召されました。

 どうしてこうもみ心の人に、取り返しのつかないような試練が多いのでしょうか?そしてまた私にもそのような試練がふりかかってきた時、その渦中では「神よ、この私がいったい何をしたというのですか!」という自分の叫びが止むことはなかったのです。

 皆さんにお聞きします。あなたは神からの祝福を何と思っていらっしゃるでしょうか?ヤベツは確かに地境を拡げていただく祝福を受けました。しかし私は彼はその祝福を永遠の天に持って行くことはできなかったと思っています。神が与えてくださる真の祝福とは何でしょうか?自分がこの世において成功し、出世し、良い妻と子どもたちに恵まれ、安楽を得ることでしょうか?
 もちろんそれを否定するわけではありません。 クリスチャンでありながら試練もなく、世で成功し、地位と富と力を得ているとしたら、その人は本当に神に愛されているのか、少し疑っても良いでしょう。実子ならば、父からの懲らしめを受けるはずだからです。

 鉄の原料である鉄鉱石は、普通に見ればただの石にしか見えません。しかしこれをコークスと一緒に溶鉱炉の高い火で炙りますと、中の鉄分だけが溶け出して溶鉱炉の底に溜まります。こうして溶岩のように鉄を取り出せるのです。これと同じように本来神の作品である私たちの内側に、分かちがたく肉と罪が混ざっており、それは試練という溶鉱炉の火で溶かされなければ、分別できないものです。肉のまま、つまり鉄鉱石のままでは役に立たないのですから、火の苦しみではあっても、試練なしには私たちは神のものになれないのです。そしてこれはすばらしい天での祝福なのです。神が私たちを真実愛してくださっている証印なのです。

 ですから心から、本当に喜んでください。マリヤに天使が伝えた言葉(ルカ1:28)「おめでとう、恵まれた方。主があなたとともにおられます」は、今試練の中にあるあなたのものであります。マリヤもはじめ戸惑ったのですが、あなたも今戸惑っておられるかも知れません。マリヤにとってもそれは、不義密通として石打ちの刑にあっても仕方のない祝福でした。試練にあっている方よ、恐れることはありません、必ず守られ、子とされる喜びが待っているのです。ハレルヤ。

« HateからLoveへ | トップページ | しるしと不思議と力あるわざ »

試練」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592434/59435040

この記事へのトラックバック一覧です: 試練は祝福の源:

« HateからLoveへ | トップページ | しるしと不思議と力あるわざ »