フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 人となられた神 | トップページ | 感謝は困難に打ち勝つ »

2014年4月27日 (日)

神の奥義・・・キリスト、栄光の望み

コロサイ 1章25−27節

「神の国の奥義」とは何でしょう。奥義という言葉は日本語では最も奥深い大切な事柄、英語ではMysteryと言っています。ミステリー小説のミステリ−で「隠された」という点は同じです。何が隠されているのでしょう。神の真理が隠されているのです。クリスチャンでありながら「神の国の奥義、Mysteryを知らない」でいるのは、よほど関心が無いのでしょうか。この世のすべてに優る宝ものなのですが、実に勿体ない話です。

 この「奥義」とは具体的には携挙の際に与えられる「み霊の体」です。1コリント15:51−52に、奥義を告げるとして「ラッパが鳴ると(一瞬のうちに)、死者は朽ちない者によみがえり、私たちは変えられる」とあります。これは黙示録10:7における第七のラッパの音と同じものです。
 み霊の体は、携挙の際、天井や屋根を通り抜けるためなどと理解されていますが、実は雲の上で主とお会いするための神から賜る栄光の体です。なぜなら「血肉のからだは神の国を相続できない(同15:8)」からです。神の国を相続する私たちは、み霊の体に変えられる必要があるのです。

 この奥義をより正しく言うならば、私たちが神の民となり、神ご自身と共に永遠にいることです。それは神の国における新しい聖なる都エルサレムが、夫のために着飾られた花嫁のように整えられて、神の御許を出て、天から下って来ます(黙21:1−3)が、まさにそこに住まうことを意味します。これこそ神が秘められていた(Mysterious)神の計画=奥義です。神の栄光がこのエルサレムの光となり、み霊のからだを与えられた者は光の子としてエルサレムに住まうのです。

 では具体的には私たちが携挙されうるような、新生したクリスチャンになれるのでしょうか?この類いのことは徹頭徹尾、神の主権に属するものです。が、時に閃光のように直接神を体験した事例を通し、私たちは新生の一端を知ることができるのです。
 岡村ケン牧師は、140キロの自殺的スピードの中、「Go to the Church!」の大きな声を聞きました。車を止め、直前に通り過ぎた教会の祈祷室に入りました。やがて祈祷室から出てきた彼は、入った時の彼とは全くの別人、神への献身者となりました。パウロもダマスコへの途上で光に打たれ、「あなたが迫害しているイエスである」と神の声を聞いた時、全くの別人、サウロからパウロになりました。これらに共通しているのは、神に敵するものであったのに、神に触れられ、驚き、悔い改めて180°方向を転換し献身者となりました。
 これらは分かり易い例ですが、劇的かどうかというより、大切なのは神を体験し、新しい人として生まれ変わって主のしもべとして生きるようになったという実であり、実質です。「聖霊の証印」とも聖書では言われています。その人生こそ、神の栄光であり、奥義なのです  ケパ

« 人となられた神 | トップページ | 感謝は困難に打ち勝つ »

神の国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592434/59584154

この記事へのトラックバック一覧です: 神の奥義・・・キリスト、栄光の望み:

« 人となられた神 | トップページ | 感謝は困難に打ち勝つ »