フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 悔い改めの恵み  | トップページ | 信仰とは »

2014年5月25日 (日)

サレムの王メルキゼデク

ヘブル 6章20節 

 いと高き神の大祭司にして今のエルサレムであるサレムの王メルキゼデクとは、旧約聖書における最大のミステリアスな人物と言っていいでしょう。メルキゼデクに関して知りえる内容は、ここ以外には旧約にはなく、突然アブラハムの前に現れ、その後も消息は不明です。 確かなことは、アブラハムがその人生最大の勝利にあたって、メルキゼデクがアブラハムを迎え祝し、アブラハムまた十分の一のささげものをしたということです。

 これは何を意味するか?二つの驚きがあります。一つはイスラエル民族以外に真の神を崇める他民族の人々が居たということ。そしてそれは、後に神殿の置かれる都エルサレムの王であり、唯一の神の祭司であったと言う点です。 

 モーセの時代から始まるレビ系の祭司制確立のはるか前、イスラエルの祖アブラハムが祭司として認めたメルキゼデクは、パンとぶどう酒を持って現れ、アブラハムを祝福しました。このような祭司としてのメルキゼデクの存在は、後の律法による祭司に優るものであることはもちろん、イエス・キリストを彷彿とさせます。

 メルキゼデクはヘブル書によれば「(出自もなく、死ぬこともない)永遠の大祭司」であるとされています。従ってこのメルキゼデクについて諸説ありますが、私はイエス・キリストご自身が一旦地上に来られた姿ではなかったのかと思っているのです。

 しかしメルキゼデクは「父もなく、母もなく、系図もなく」と出自もわからないだけでなく、「その生涯の初めもなく、いのちの終わりもなく、神の子に似た者とされ、いつまでも祭司としてとどまっているのです」とヘブル書7:3にあるからです。「その人がどんなに偉大であるかを、よく考えてごらんなさい(同7:4)。」とある通りです。

 

後のレビ系祭司制度は、はなはだ不十分なものでした。民のための犠牲のささげものをしましたが、自分自身にもささげる必要があり、しかも永遠ではなく代替わりを続けなけれぼなりません。 民の罪を贖うものとしては、これは「天にあるものの写しと影」であり、本物、つまりイエス・キリストが来られた時には従来の祭司制度は廃止されるべきものでした。

 

いま私たちにはイエス・キリストがおられ、自分の罪のためには動物を犠牲にして捧げる必要はありません。キリストご自身の血に優るいけにえの血はありません。それゆえどんな罪でも直接神にとりなしてくださるイエス・キリストを信じ、罪を告白して悔い改めれば、それは完全にゆるされ、ハレルヤ!無かったことにしていただけます。

 それで私たちは恐れること無く、神の御前に進み出ることができるのです。また神は聖霊を送ってくださり、個人的な主として私たち一人一人の内に、永遠の神の国の聖所をつくられます。なんという恵み、喜びでしょうか。

 

大祭司だけが、至聖所に入れる特権を有します。メルキゼデクが永遠の大祭司であるとは、後のイエス・キリスト以外には、ありえないのです。

« 悔い改めの恵み  | トップページ | 信仰とは »

聖書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592434/59747622

この記事へのトラックバック一覧です: サレムの王メルキゼデク:

« 悔い改めの恵み  | トップページ | 信仰とは »