フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 神の国はあなたがたのただ中にあるのです | トップページ | 2014年9月 台湾派遣 »

2014年9月21日 (日)

御子を信じる者

 ヨハネの福音書 3章 36節  
この天地万物はいったい、何によって存在しているのでしょうか?もはや皆さんは、単なる偶然でも進化論でもないことを確信しておられます。そうです、ヨハネ1:3によると「すべてのものは、この方によって造られた。造られたもので、この方によらずにできたものは一つもない」とあり、この方、すなわち神によって一切が造られたのです。

 その神がこの世に、人として来られた時、それはどんな時代かと申しますと、詳細は省きますが、宗教的にはイスラエルの歴史上最も信仰的な、実に良い時代であったと言えます。

 ところが神の子キリストが世に来られても、ごく一部の人しか受け入れなかったのです。特に宗教的な指導者たち(祭司たちや律法学者、パリサイ人)が本来真っ先に気付く立場であったのに、逆に大部分が敵対する存在となりました。彼らは今ある自分たちの経済や権威の方が、民を教え導いたりすることよりも大切だったのです。彼らはバプテスマのヨハネの声に決して耳を傾けませんでした。本来の使命からかけ離れた高慢さと偽善という罪が、神の独り子を抹殺させたのでした。人間の現世への執着と、神の国との隔たりの大きさに嘆息する思いです。

 神は見かけではなく、私たちの心の深い所を見られる神であり、キリストの十字架によって私たちを罪から解放し、その魂、霊の中身をいつも見ておられ、癒し愛され、救ってくださるお方です。  ヨハネ1:10—12では「この方を受け入れた人々には、神の子どもとされる特権をお与えになった」とあります。聖書を見ると、神のしもべには二つのタイプがあるように見受けられます。一つは預言者エレミヤとかバプテスマのヨハネのように、生まれる前から聖別され、特別な使命を持って生まれて来た人です。そしてもう一つは、神を信じて救われた人です。前者には自分の判断はありませんが、後者には神の働きかけがあったとしても、少なくとも信じる決断だけは自分でしたのです。私はこのどちらのタイプかを皆さんが詮索することに、あまり意味を見出だしません。いずれにしても、御子を信じるということに、「神の特別な御手なしに、自分は信じることができなかった」という事実が、私たちを謙虚にさせるからです。

 大切なことは、十字架の神の愛とあわれみが私たちの上にあり、それを失わないということです。これは特別な恵みであり特権なのです。私たちは世にあって、百人に一人もいない、永遠のいのちを与えられた神の子なのです。光の子が闇の子のような顔をし、目を落として歩んではなりません。喜び感謝し、過ぎ去る世のことで思い煩わないようにしましょう。決してこの永遠のいのちと言う特権を手放さないのです。

« 神の国はあなたがたのただ中にあるのです | トップページ | 2014年9月 台湾派遣 »

神のみこころ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592434/60380070

この記事へのトラックバック一覧です: 御子を信じる者:

« 神の国はあなたがたのただ中にあるのです | トップページ | 2014年9月 台湾派遣 »