フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 許されること・愛すること | トップページ | 神の国はあなたがたのただ中にあるのです »

2014年9月 7日 (日)

ここに愛がある

1ヨハネ 4章10節

 一般に神とは恐ろしいとか、近寄りがたいと思われています。事実聖書には、けっして馴れ馴れしそうに、親しそうには描かれてはいません。雷鳴やラッパ、大風のようであり……
 しかしそれは神の登場時の描写だけであって、私には、燃える柴でモーセに呼びかけられたような、細い小さい声でした。私が個人的に体験している神とは、金太郎飴のように、どこを切っても愛しか見ることができないお方なのです。皆さんの中に、神様を怖いと誤解しておられてはいけませんので、個人的な体験としての、私の知る神様のご紹介させていただきたいと思います。

 エレミヤ1章5節では、神は「あなたを胎内に形造る前から、あなたを知り、あなたが腹から出る前から、あなたを聖別し」とあります。私たち神を信じる者は、母の胎の内に居る前から、つまり霊に創造され、霊の状態であった時に、既に神によって聖別されていたと私は信じます。神は、私たちが神の愛に気づくその時まで、変わらぬ愛で守り、育て、時至らば試練を許し、ご自分を明らかにしてくださったのですから、この方を私たちが父として愛するのは当然です。

 私たちの人生の中に、神の手を見出だしましょう。恩知らずな親不孝者から神に感謝し、神の愛を知り、分かる者となりましょう。そうすれば、私たちは神を愛する存在となることでしょう。

 私は二十歳でバプテスマを受けました。愛を知らない人間でしたので、愛する人と結婚したいと思い込んでおりました。しかし意中の人との結婚が絶望的になった時、修道院に入ろうと決心しました。司祭と話し、四月からという時、六年もまったく音信不通だった意中の人から、突然結婚しても良いと知らせが来ました。それで私は修道院に入ることから守られ、新たな道に進むことになりました。
 ところでもし修道院に入っていたとしたら、私の人生はまったく違ったものになっていたことでしょう。神は時を逃さずに、私の人生に御手をのばされ、導こうと思う者を導かれるのです。神を信じ、その御手の内にあるものは幸いです。ハレルヤ!

 その修道院への身辺整理で、それまでの会社を辞め、教職の道に入ったことも、素晴らしい導きでした。牧師に今召されていると、教師とは牧師訓練の場として、最良の道であったと思うのです。
 みなさん、神を信じ、神のものになってください。その祝福は、この世においても素晴らしいのですが、また永遠のいのちという、世の何ものをもってしても得られないものです。

« 許されること・愛すること | トップページ | 神の国はあなたがたのただ中にあるのです »

愛なる神」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592434/60309282

この記事へのトラックバック一覧です: ここに愛がある:

« 許されること・愛すること | トップページ | 神の国はあなたがたのただ中にあるのです »