フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月30日 (日)

あわれみ深い神

マタイの福音書 9章13節

 みなさんと共に、これまで幾度なく繰り返し学んでいるこの箇所、「わたしはあわれみは好むが、いけにえは好まない(マタイ9:13)」から、神様とはどのようなお方であるのか、さらに学んで行きましょう。そして神からあわれみを受けることの恵みを、そうです、まさに恵みある人生にみなさんと共にお分かち合いしたいのです。
 今日のこの私の目的に対し、次のような方には理解していただくことが難しいことでしょう。つまり「私は由緒ある正統的な教会の、忠実な教会員です」「私は信仰歴が長く、ちゃんと献金もしてきました」と思っておられる方々です。
 逆に「自分は能力的にも、信仰的にもふさわしくない者だ」とか「自分の心は弱く、罪深い。これで本当に天国に行けるのだろうか」と思っておられる方にとってはたいへん心強いおすすめになるのではないかと思います。今日はそんなあなたのためのメッセージです。

 今日は本当に取るに足らない自分、パウロのように、惨めであわれな自分を持つ人に対してです。
 今日のキリスト教の土台を築いたと言っても過言ではない人物として、使徒パウロの名前が真っ先に上がることでしょう。最近、このパウロを非常に褒めている人の話を聞きました。金で買ったのではない、生まれながらのローマ市民権を持ち、当時の最高学府であるガマリエルの元で薫陶を受け•••と、当時としてはものすごいエリートであったと。確かにその通りでありましょう。

 しかしパウロの心の中を推察して言えば、これらのことをきっと、塵芥のように思っていたに相違ないと思われるのです。なぜならパウロの本当の心の中をうかがい知れるのが、三度も主に願った「肉体のとげ」(2コリント7−9)であり、その時主は「私の恵みは、あなたに十分である。というのは、弱さのうちに完全に現れるからである」と言われたのです。「弱さのうちに完全に現れる」という言葉は重いのです。
 次にこのパウロが「私は、本当にみじめな人間です。だれがこの死のからだから、私を救い出してくれるのでしょうか(ローマ7:24)」と告白していることにも注目してください。神はあわれみ深いお方です。その対極にあるのは己を義とする高慢です。神殿でパリサイ人と取税人の二人が祈った時、義とされたのは胸を打ち叩いて悔い取税人でした。希望を世にではなく、神にしか見つけられない者。罪にとらわれ惨めであわれな自分を、十字架の愛で神が身代わりの愛で愛してくださったことを知る者。これらは神からあわれみを受ける者であり、それはなんと幸いなことでありましょうか。

 みなさん、あわれな自分があった故に、神が愛してくださったことを知れば、それが宝物になるのではないでしょうか。あわれまれる者こそ、神の祝福と愛を受ける者です。

2014年11月23日 (日)

苦難の意味

✝ ヨブ記 42章5-6節

 ヨブには七人の息子と三人の娘、羊七千にラクダ三千頭など、非常に多くのしもべを持つ、族長的な存在でした。アブラハムのように神に忠実でもありました。ところが神のご自慢のヨブが、一時的にせよサタンに渡され、苦難のただ中に落とされたのです。全財産すべての子どもまで奪われました。

 ところが、これほど失ってもヨブの信仰は衰えませんでしたが、ヨブの全身を皮膚病で打たれると、サタンの目論見通り、ヨブもさすがに苦しみました。その上、三人の友がやってきて、慰めるどころかヨブを責めるのでした。

 これらの災いはヨブに原因があり、それを悔い改めるよう説得します。しかしヨブは負けずに言い返します。ヨブは自分が正しいと思っていた(32:1)からです。彼ら三人は、「災いは悪いことをしたから罰せられる」という、御心ではなく、一般的な枠から一歩も出ていなかったからです。みなさん、災いについてこれが一般の、そしてクリスチャンである私たちも陥りやすい捉え方です。ヨブは原因が自分にないと己を義とし、神を責めんばかりの状態になります。これもクリスチャンが災いを通された時、ついついやってしまうことです。

 しかしそうではありません。仏教用語ですが因果応報に欠けているもの、ヨブに欠けているもの、それは「感謝」です。「主は与え、主は取られる」から一歩出て、主は災いを通して、なくてならないものを知らせ、戻らせ、かえって「すべてのことを働かせて益としてくださる」ことを、今私たちは知っています。

 ヨブをはじめ一同はこのことを、それまで黙って聞いていたエリフから一喝されることになります。続いて神は同じことを語られます。こうしてヨブは、自分を義とし、全能者と争ったことを悔い改め、元の倍の祝福を受けることになります。しかしみなさん、結果としてヨブへの報いは財産が二倍になり、前よりももっと良い子どもが与えられたことにだけ目を留めないでください。もっとも大きな祝福は、ヨブの信仰が一段階さらに引き上げられたことです。それは「ヨブがその友人たちのために祈ったとき、主はヨブの繁栄を元どおりにされた」ことからもわかるのです。自分を見舞いに来たはずなのに、かえって罪を指摘し、言いたてた友人をヨブが許しを請うた時、祈った時に祝福されたのです。

 みなさんの人生の中で、どうしてこのように困難が、苦難が多いのかと思っておられる方がいるかもしれません。またヨブは、サタンへの自慢のために落とされたと思われるかもしれません。しかしそうではありません。苦難なくして人は、神の愛を知り、その信仰を引き上げられることがないのです。神の知恵と愛は、計り知ることができません。神は愛する者を試練にあわせ、引き上げられるのです。それは神の愛です。祝福です。感謝し、喜び踊りましょう。

2014年11月16日 (日)

彼らに弁明の余地はない

ローマ 1章20節
 現代は正しい者の正しさが通りません。のけ者にされ、迫害される時代です。しかしこれは、別に現代に限ったことではなく、ノアの時代にも、ヨセフやダビデの時代にも常にあり、そして現在も同じなのです。その代表が我らの主、イエス・キリストの受難であります。

  来月に封切られる映画「God's not dead」を試写会で観ました。実話に基づいた映画化だと言うことでした。映画では「God’s is dead(神は死んだ)」と言う前提から哲学の講義を始めようとする教授が、受講する学生全員にそれを書かせようとします。しかし学生は、神が生きて働いておられることを教授相手に勇敢に論証し、結果として勝利した驚くべき内容でした。

 パウロはアテネという、当時の知識世界の最高峰、アレオパゴスの丘において、次のように言いました。「神の、目に見えない本性、すなわち神の永遠の力と神性は、世界の創造された時からこのかた、被造物によって知られ、はっきりと認められるのであって、彼らに弁解の余地はない(ローマ1:20)」と。

  映画とは異なりますが、私の「God’s not dead」を申し上げましょう。どんなに「神は居ない」とか「神は死んだ」などと叫んでも、それは無理なのです。その第一の証拠はクリスチャンの存在です。逆に言えば、神を信じない者らの希望のなさ、罪に罪を重ねる行いであります。彼らは腐り果て、その中で苦しんでいます。しかしクリスチャンは、罪がわかり、自分が神の国にふさわしくないことを知っております。ですから自分の力でなく、神の子の十字架を信じ、その贖いによって罪赦され、天へ行ける信仰を持っているのです。十字架だけが、聖なる神の国に入れる唯一の道なのです。

  次に宇宙の存在であり、その運行の秩序であります。神が造られた命あるもの、そのすべての被造物によってです。パウロがこれを「被造物によって(万物を創造された唯一の神がおられることは)知られ、明らか」であると言ったのです。私はは学生運動に挫折した時、これによって神を信じました。

 次に、聖書の、数々の預言とその成就、また数千年の時を越えて守られて来た存在そのものがあります。聖書をありのままに読めば、恵み豊かな人格的な唯一の神が永遠から現在に、そして未来永劫に渡っておられることがわかります。そして聖書自体も、数千年の時を経ても全くと言っていいほど本文が変わってはいないどころか、その預言、イスラエルの建国など、今まさに成就しつつあるのを見るのです。

 私たちは揺るがされないで、神は死んだ、とか居ないとかいう言葉をどれほど聞かされようとも、固く信仰を保って行くのです。そしてこの世でパウロのように、どれほどの困難、辛苦をなめようと、たとえこの世では報われないとしても、最後には天の御国という栄冠を得るのです。

2014年11月 9日 (日)

羊と山羊

 ローマ人への手紙  1章20節

 この度、ガリラヤ湖からエリコへ、そしてエルサレムに上る途中、羊と山羊の群れを見る機会がありました。特にエリコで山羊の群れに遭遇した時は、みなさん山羊の行く手の道いっぱいに広がって撮影し、山羊たちの進路妨害をしてしまいました。困った山羊の群れは、最後尾の少年のヒューという合図で、我々の横、すこし崖があったのですが、そこを斜めに降り始めました。山羊の群れは一斉に崖を駆け降りたのですが、降り方は様々でした。勇敢にまっすぐ直下した山羊、できるだけ迂回して安全に降りようとした山羊など。

 この後、バスの車窓から、今度は羊の群れを見ることもできました。羊は山羊とは異なって一列縦隊で、決して列を乱すようなことはありません。そしてそれぞれの判断で行動するということはないようです。山羊の群れでは山羊飼いの少年は最後尾でした。しかし羊では必ず先頭に羊飼いがおり、その羊飼いが止まれば群れは止まり、動けば動くのです。羊は飼い主に忠実であり、山羊は自分で判断で行動するのです。昔からこの地方では、羊も山羊も一緒の群れで飼うことが多いとのことでした。
 31節には「人の子が、その栄光を帯びて、すべての御使いたちを伴って来るとき」とありますが、これは再臨のキリストのことです。32節によりますと、すべての人たちはキリストの前に集められ、キリストは「羊飼いが羊と山羊とを分けるように、彼らをより分け、羊を自分の右に、山羊を左に置き」とあります。

 この再臨の時まで、みな一緒にキリストに従って来ていたように見えたとしても、ここで各々その種類に従って左と右とに分けられるのです。左と右とでは天と地ほどの違いがあります。左は「天の御国を継ぎ」、右は滅びのゲヘナに落とされてしまうからです。その違いとは羊と山羊の違い、つまり神に忠実であったか否かなのです。

 さらにこの忠実さについて、イエス様が説明しておられます。忠実な者とは、最も小さい者の一人にしたことであると。つまり酬いを求めず、良きサマリヤ人のように、親身になって愛を施した者のことであると。その人は当然のことをしただけなので、それで自分が義とされるとは思ってはいなかったのでしす。

 逆に神の目から見れば、たとえ素晴らしい業績をあげ、どんなに目ざましい働きをしたとしても、天にふさわしくない者もいるのです。謙遜を忘れて高ぶり、神に栄光を帰せず、己を義としているからです。ここで天に入れると思っていた人が入れず、入れないと思っていて入れるという、逆転が生じるのです。

 みなさん、ポイントは忠実さです。私たちは羊のごとく神に忠実な者であらねばなりません。自分の人生は自分のものだと、ついぞ思ってはなりません。十字架で身代わりになってくださった神のものです。常に神に聞き従って自分は歩んできたのか、あるいは自分の考えやしたいことに従って歩んでいたのか、吟味し続けなければならないのです。
  神の声に聞き従う羊に徹し、必ず神の御国を受け継ごうではありませんか。

2014年11月 2日 (日)

新年礼拝

出エジプト 34章10節

 主は仰せられた。「今ここで、わたしは契約を結ぼう。 わたしは、あなたの民すべての前で、地のどこにおいても、また、どの国々のうちにおいても、かつてなされたことのない奇しいことを行おう。あなたとともにいるこの民はみな、【主】のわざを見るであろう。わたしがあなたとともに行うことは恐るべきものである。

 ここは神がイスラエルの民と互いに契約を結んでいるところです。そしてこれは頑ななイスラエルの民が神に対し「聞き従う」という前提のもとに、神が語られ約束された祝福です。みなさんの中にも、神から語られた約束をいただいている人が居るPhotoと思います。

 しかし同じ従うということでも、アブラハムでもダビデのように、神の声に聞いて従っているかどうかが大きな違いとなっています。また彼らのような祝福を受けるには、聞き従いが前提となっていることが前提なのです。

 私たちの群れには神の大きな聞き従いの祝福が出ています。一例を上げるならコンピュータです。これからの時代はコンピュータなのですが、私自身コンピュータはだめなのですが、聞き従った結果、HP、映像など現在私たちはその最先端を走っていると言えるでしょう。浦上天主堂の壇上に立つというのも同じです。これらは神が語られ、約束されていたことであり、聞き従い続けた結果、時が来たときに成就したのです。

 この群れにもこれからさらに大きな、考えられないような出来事が起こっていくということが語られており、それは聞き従った結果成就していきます。神に期待して行きましょう。

(写真は10月31日に続いて11月1日にガリラヤ湖畔に現れた虹・・・ロンビーチホテルにて)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »