フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月25日 (日)

どうして私をお見捨てに

マルコ 15章3-4節
 多くの人は、サバクタニ(見捨てる)の一語に反応されますが、これは神のご性質からいって、大変不可解なことばです。読み解く鍵はこの直前の「エリ(わが神)」にあります。イエス様は神のひとり子です。この時までは「アバ、父よ」「(我が)父よ」と親しく子として語れていました。しかし、このように「わが神」とは決して言われませんでした。これはまるで他人に対してのようです。そうです、みなさんこの時、イエス様は神の子としてではなく、全人類の身代わりになっておられ、その罪の裁きをお受けになっておられたのです。そのイエス様を神は「そのまま、罪を背負って使命を完了しなさい」と見捨てられたのです。  
 これはちょうど、この二千年前に、神がアブラハムにその子イサクを神殿の丘となるモリヤの地で捧げるようにお命じになったことを連想するのです。アブラハムが神に聞き従って行き、まさに自分のすべてと言っていいほどの独り子を手にかけようとしました。その時、神によって羊が代わりに用意されていました。これと同様にイエス・キリストはまさに全人類の罪のための、神が備えられた犠牲の小羊でありました。イエス様はそのことをよくご存知でありました。みなさんがもし死刑になるとしても、自分の罪のためになら、それは当然のことでありましょう。しかし真実でなく濡れ衣であれば、死ぬに死に切れない思いがすることでしょう。ところがイエス様は何一つ罪を犯されたことがなく、むしろ良いことばかりをされたお方でした。十字架刑はこの方にまったくふさわしくなく、真逆の結果でした。何の理由をも見出せないならば、受ける死の刑罰の苦しみが、どんなに大きかったことでしょうか。それでイエス様はで「きるならば杯を取り除いてください」と祈り、御心ならばと従われたのです。

 十字架上でのイエス様の七つの言葉の内、大きな声で叫ばれたのはここだけです。それは、全人類を救う贖いのわざであることを宣言された意味であり、そのわざが「完了」しつつあることを知らせるものです。この時キリストは贖いの死を成し遂げられましたが、間違ってはいけません、キリストは葬られましたが三日後によみがえり、今は天の父なる神の右に座しておられるのです。つまり神の子としての一切を失っていないのです。それどころか、人間の罪とその苦しみを知っていてくださるキリストが、神の右の座にいて私たちをとりなしてくださっているのです。なんと心強いことでしょうか。

2015年1月18日 (日)

恵みとあわれみとの冠をかぶらせ

詩篇103篇2-5節
 昨日の横浜聖会でP牧師は「神の恵みを受けるのに、ふさわしくない者であると自覚すること、これが信仰の重要な起点である」と強調されました。

 それではあわれみとはどういうことでしょうか?性善説の方たちには納得していただけないでしょうが、私たち人間はアダムとイブが罪を犯して以来、一人残らず、みな罪人なのです。自分で自分を救うことができないあわれな状態なのです。キリストはこの人間お救いのために地上に来られたのです。神を信じない人に共通するのは、自分の罪の自覚が足りないことです。なぜでしょうか?
 これ最大の原因は、自分を人と比べて、義とするからです。私は元教師なので、担任した生徒たちに毎年聞いていたことがあります。それは「自分というものを、善と悪のどちらに見たてているのか?」ということでした。その結果、小学生の低学年では全員が悪いでした。ところが年齢が上がると、つまり社会性が向上すればするほど、自分を人と比べて評価するようになり、一人、また一人と「悪くない」とする子が出てきます。大学生では多数派にまで増えるようですね。
 やがて神の前で全ての人が審判を受ける時がきます。その時問われるのは、その人の義(ただ)しさです。人と比べてどうのこうのと弁明することは、まったく意味が無いのです。

 結局、人間の罪はあまりにも深く、どんなに善行を積んだとしても、キリストの十字架による贖いなしには義とされ、救われることは不可能です。聖書がそう断じて(ローマ3:10)います。それなら十字架はいったい誰のものなのか、どうしたら信じられるのかということですが、もはや自助努力が不可能だと認識し、自分が義とされるためには、路傍で寄付を募る貧しい人のように、神のあわれみをただ求め続ける、そのような人こそ神のあわれみを受ける、恵まれた人なのです。「心の貧しい者は幸いです(マタイ5:3)」という御言葉はこのことを言い表しています。あわれみを乞う人は、もはや自分に希望を抱いてはおりません。プライドもありません。高慢とは縁遠いのです。ただ目をまっすぐに神にだけ向けています。それしかできないからですし、唯一の希望だからです。自分の罪が、どれほど深いものであるかを知る者は、幸いです。神からあわれみを受けるからです。己の罪の自覚、この一点に全てはかかっております。もし深く絶望するなら、あなたは祝福されるのです。
主は、あなたのすべての咎を赦し、あなたのすべての病をいやし、あなたのいのちを穴から贖い、あなたに、恵みとあわれみとの冠をかぶせ、あなたの一生を良いもので満たされる。

2015年1月11日 (日)

神に聞き従う

創世記 12章1-2節
 本日の聖書箇所で、神はアブラムに特別な祝福を約束された。ただ一つの条件が付いていた。それは親族を離れ故郷を捨てて、神の示す地に行くならであった。当時の状況を考えるなら、無謀とも思える旅立ちであったが、アブラムは従った。

 神に用いられる者の共通すること、それはモーセやアブラハム、サムエルのように、まず聞くことから召命が始まった。私たち人間の本来の姿は、創造時のエデンの園の状態と等しく、神と親しく交わり聞く存在であった。十字架は罪を犯して断たれた神との交わりを回復させるものであり、これによって私たちは元のように神との親しい関係、聞き従うことが可能になったのである。だから私たちは以下のことに確信を持っていよう。神は常に私たちとの交わりを求めておられるのであり、語りかけようとしておられることを。

 このことを主人としもべの関係に見てみよう。天のエルサレムに帰るまでの私たちは、父なる神に聞き従うしもべのような存在である。しもべならば、主人の意向や言いつけを聞くことなしに、そのしごとはできない。だから、主人のことばを一度も聞いたことがないしもべという者はいない。イエス・キリストを主と告白しながら、主の声を聞いたことがないという人は、実は大変不自然な状態であり、またもしその必要を感じないと言うのなら、その人は父の実の子ではない。子ならば、霊の父なる神が声をかけられないはずはないからだ。

 ではいかにして私たちは神の声を聞くことができるのか。まず神の言葉である聖書がある。聖書が私たちに特別に語りかけて来るような、そんな特別な時がある。それを「レーマ」と言う。一般的な理解の箇所が、その時に限って、ちょうど祈りの答えであるかのようにして迫って来るのだ。このレーマを受けるためにも、聖書に日々親しんでおく必要がある。

 次に預言や夢や幻、天使を通して、また各自の思いの中に示しとして語られる。これらは聖書によって吟味し、真に神から来たものかどうかを見分けなければならない。個人的な体験から言うと、神の語りかけというものは自分の肉的な考えや思いとはまったく異なるものであって、雷に打たれるような時もあれば、慰めと勇気を与えて奮い立たせてくださるような時もある。

 またもし、神から来たかどうか判断が難しいものがあれば、それは保留にし、影響されないようにされたい。神は私たちの状態と能力を最もご存じであり、私たちが理解できないことを語られるはずがない。危ういのは吟味を怠るか、さもなくば語りかけを切望するあまり、忍耐できずに「語られない」と諦めることである。

 神は常に語ってくださるのだが、時がある。「聞き従い」ができるその時を、神は見ておられる。聞こえない理由は神にではなく、その人にあることを忘れてはならない。

2015年1月 4日 (日)

互いに愛し合いなさい

ヨハネ 13章34節
 ヨハネの福音書だけでなく、主だった新約聖書の著者はすべて、このキリストの命令「互いに愛し合いなさい」に同意し言及しています。これはすでに律法にあったのですが、このとき、新約の唯一の新しい戒めとして与えられました。それだけにこの御言葉は、尋常ではない重みがあります。ところがその割に•••私の私見ですが、この命令を実際に真摯に守ろうとするクリスチャンや教会というものを見たことがありません。どのように具体化してかは大きな問題ですが、この教会はこの御言葉を真剣に従い、行おうとするのです。
 戒め…御言葉では「わたしがあなた方をあいしたように」と、「愛」の中身について但し書きをされています。キリストの愛とは、弟子を選び忍耐をもって育て、罪人を赦し、数々の奇跡と癒しを行い、十字架にかかったことでした。キリストの愛はアガペーの愛でした。同じことをせよと私たちに言っておられるのではありませんし、できるはずもありません。では、私たちはどのようにしてキリストのように、互いに愛し合えばよいのでしょうか?

 通常、愛は感情だと考えられています。しかし1コリ13 : 4-7にある通り、私たちに求められている愛とは「選択」であり、行動です。ご自分の独り子を犠牲にして惜しまないほどの神の愛が私たちの愛の源泉であり力です。神の子イエスは、その具体的な最高の実践例でした。そしてご自分の代わりとして、「聖霊」を私たち一人一人に送ってくださったのです。
 それで、ここがポイントなのですが、私たち一人一人に住まわれる聖霊なしには、私たちたちには愛する力がないのです。クリスチャンになる前に、もし自分に愛が有ると思われた瞬間があるなら、それはフィリア(友愛)とかストルゲ(家族愛)、エロスという人間的な愛です。私たちの内にある聖霊は、私たちをさらにキリストに似た者にすることがおできになります。神の愛はいつも選択と行動を伴い、神の愛の力を私たちに教えてくれるのです。

 だからもしクリスチャンに誰か嫌いな人、敵と思える人がいたり、またはどうしても好きになれない人がいたとするならば、それは霊的に非常にまずい状態です。私たちは感情で相手に愛を感じていようといまいと、その人たちが幸せかどうかに関心を寄せて生きることを選択し願うのです。そしてさらに、他者を愛することを選び取るなら、神がその人の内に愛を湧かせ、その行いができるようにし、愛せるように助けてくださるのです。不可能はありません。これが私の結論です。愛は神から出、神の力と栄光は、信じるお一人お一人を通して現されるのです。すべての栄光を神にお返し致しましょう。

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »