フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 信仰 | トップページ | 感謝と聞き従いと信仰 »

2015年3月29日 (日)

最後まで堪え忍ぶ者目指して

 黙示録21章3~5節
 本日のデボーション箇所は黙示録22章で、これで260日にわたった新約通読を一通り終えることになります。ただし聖書の中で一番難解であるのも黙示録です。ふだん質問されたことのない方からも問い合わせがありました。そこで今日、消化不良のままで終わらせないため、最後にクリスチャンの心構えとしての黙示録(終末)時代の迎え方というものをまとめてみましょう。イスラエルの再興が実現し、ローマ帝国の版図に近いEUが、一つの通貨と大統領を持って成長してきた現代こそ、終末の時代が来ることは確実なのです。Photo_4

 中東のアラブ圏でイスラム原理主義が跋扈し、テロで世界を震撼させていますが、ヨーロッパではロシアがウクライナ問題で牙をむいております。私が注目するのは最新のイエメン情勢です。フーシー派というシーア派が武力で国を支配しようとしている中、スンニ派の政府側はスンニ派の全アラブ諸国が同盟を組んで武力攻撃を開始しました。ISIS(イスラム国)では必ずしも宗派間対立とは言えなかったのですが、この度のイエメンでは明確な形で露呈してきています。サウジが主導し、比較的穏健なトルコやパキスタン、エジプトまで軍を出そうとする、これは明確な全スンニ派軍の結集です。無論シーアの盟主イランも黙ってはいないことでしょう。これはマタイ24章の「民族は民族に、国は国に敵対して立ち上がり」が、まさにイスラエルの周辺で成就していくことになります。
 
 さてこのような時代を図に従って見ていきますと、中東和平から始まる患難時代、多くの人々(人類の1/4が)戦争やパンデミックの疫病、飢饉によって死んでいきます。さらに六つ目の封印解除で、大地震とともに太陽が黒くなり、月が赤くなります。これはヨエルの預言の成就であり、聖霊の著しい働きによって全世界に大リバイバルが起こるのです。特に日本とイスラエルにおいて、福音の驚くべきことが起こっていくと私は思っています。その結果迫害も激しくなって来るでしょうが、後の大患難時代に比べればそれほどではありません。

 次の七つのラッパの時代、さらに恐ろしいことが起こってきます。特に、ロシアとその同盟国がイスラエルを攻めてきますが、二回目の大地震によって彼らは敗北します。七つ目のラッパの音とともに、キリストの空中再臨があり、携挙があります。ひどい苦難にあっている私たちは、この携挙にこそ神の守り、希望を見出すのです。昨日マタイ24章の31にも「大きなラッパの響きとともに」とあり、キリストの地上再臨のこととばかり思っていたこの箇所に、携挙を含めての二重性があることに気づきました。ラッパの音こそ1テサロニケ4章16などに共通している携挙の印なのです。

 また万が一携挙に洩れたとしても、落胆を殉教の希望に変え、その力を神に熱心に求めましょう。人にはできなくても、神にはできるのです。これこそ信仰であると先週では学んだではありませんか。現実の不信仰な自分を見るのではなく、神に希望を置き、不可能なことであっても神にとってそれは可能である、これこそ信仰であり、それゆえ大患難時代とは真逆な次の千年王国では、キリストと共に、王としていただけるは確実です。みなさん、神の都エルサレムは一辺が2220kmもあり、面積ではオーストラリアとインドの中間にあたります。しかし砂漠や高原ではない、都市でこれだけなのです。その都の中央には命の水の川が流れており、「もはや死もなく、悲しみ、叫び、苦しみもない」所です。太陽も月もなく、神の御座からの光で夜はありません。私たちは御霊の体に変えられているので、睡眠や食事の必要はないのです。神の御座近くに住まうことができる、父なる神と親しく交われるなんという喜び、感謝の尽きない日々なのでしょうか。これが永遠にあるのです。何としても、何としても私たちは血肉の体をもって今を使命に務め、神の国に行かねばなりません。そのために常に「目をさまして」信仰に立てるように、忠実なしもべであるように、その時を見逃さぬよう、熱心に祈りましょう。

« 信仰 | トップページ | 感謝と聞き従いと信仰 »

聖書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 信仰 | トップページ | 感謝と聞き従いと信仰 »