フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 私たちはなぜカリスマなのか | トップページ | 偽りは身を滅ぼす »

2015年9月20日 (日)

権力によらず、能力よらず、私の霊によって

ゼカリヤ 4章6節

「これは、ゼルバベルへの【主】のことばだ。『権力によらず、能力によらず、わたしの霊によって』と万軍の【主】は仰せられる。

 チャック・スミスというアメリカで用いられた器がいました。牧師になっての十七年間、信徒が減り続け、平日は仕事をして家族を養っていました。ある時義母の葬儀で2週間職場を休むと、戻った職場に机がありません。無断欠席扱いの上、高額の罰金が課せられました。困っていると会社側から役員にならないかという誘いかけがきました。それは朗報のように思えましたが、「牧師を辞めて役員に専念する」という条件がついていたのです。チャックはもう少しの所で、この話に乗るところでした。神様の語りかけがなければ・・・です。

 ちょうどその時、チャックは請求書の山、それは計416ドルだったのですが、それを見ながら経済的な不安で夜も寝れなくなっていました。役員受諾を決める朝になると、旧知の友達から426ドルの献金の知らせがありました。妻と手を取り合って、踊って喜んだのですが、このことで神様からの語りかけを受けます。「彼らがお金を払ってくるとどうして分かる?」 チャックは答えます。「主よ、彼らの言葉は信用できるんです」と。すると主は、次のように語られた。「あなたは必要を満たすというわたしの言葉を握っていたはずだ。だが、あなたが台所で妻とワルツを踊っているのをわたしは見たことがない。あなたが力あふれてわたしを賛美していた姿も見たことがない。しかしあなたは人の言葉をもらった。するとどうだろう、あなたはこのように興奮している。あなたは、一体どちらの言葉の方を信用するのか(収穫の時代P34-38・・・プリスム社)」

 私は何度も読み返し、自分の不信仰を悔い改めました。私たちは目に見える世と肉に属する者ではなく、目には見えないけれども天地万物の創造者、全能を信じるのです。私たちに関しては、神の手に依らないものは何一つなく、それ故神がゆるされたどんな問題や困難であっても、私たちは心から感謝するのです。そうです、実際にすべてを感謝しましょう。

 私たちの教会はこの信仰に立ちます。世の人々が何と言おうと、神の言葉に立った判断をし、実際にその生活を歩むのです。また神の命令を忠実に守ります。神は「互いに愛し合いなさい」と命じられました。仕方なく律法的にするのではなく、新生したクリスチャンとして 「権力によらず、能力によらず、ただ神の霊によって」 仕え合うのです。
 神の愛を流す先として、より弱い人、助けが必要な人に仕えましょう。ただで受けたのだから、ただでお返ししましょう。見せかけだけでなく、一歩会堂に入った途端、ここに神が居られることが分かるような、そんな教会を私は目標にしています。聖霊の賜物はその上に、豊かに注がれていくことでしょう。

« 私たちはなぜカリスマなのか | トップページ | 偽りは身を滅ぼす »

信仰」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592434/62367310

この記事へのトラックバック一覧です: 権力によらず、能力よらず、私の霊によって:

« 私たちはなぜカリスマなのか | トップページ | 偽りは身を滅ぼす »