フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ウェブページ

無料ブログはココログ

« クリスチャンの訓練 | トップページ | 新年ガリラヤ湖礼拝 »

2015年10月25日 (日)

人の願いと神の計画

  詩篇 119篇156節
今朝、夫婦でデボーション(賛美や祈り、聖書を読むこと)していた時のこと、新しい賛美集「風のひびき3」の56番の、「我が宝」を賛美していると「あなたが決めておられるように、私を生かしてくださいー」の言葉にしびれた。というか、この信仰、この霊性にかーっと火が燃え上がるような思いがした。
 この「主よ。あなたが決めておられるように、私を生かしてください。」は詩編119番の156節の御言葉で、講解すると、神は神の計画を持ってそれぞれ人を造られ、この世に送り出された。どんな被造物にも、形造られたのは意図があり、その意図通りに使われなければ用を為さない。人も神の特別な被造物だから、造られた通りに用いられるのが最善なのだ。私はある事柄を思い出していた。
 それはまだ私が三十歳ぐらいの時である。クリスチャン同士の結婚だったが、三年経っても子どもが与えられなかった。前妻は当初から子どもが欲しくて欲しくて、しんどい思いをして婦人科にも通ってもいたのだが。
 そんなある時、高名な牧師で名高い老牧師のメッセージに、「子どもは神の祝福である」という一節があった。前妻はそれに反応し「では私は祝福されていないのだ」と受け取った。後で私に泣きついて言うので、私はつい、その後牧師に「子どもができない夫婦は、どう受け取れば良いのでしょう?」と個人的に尋ねた。あれほど高潔な牧師だったはずの老牧師は、いかにも立腹し「ムッ」とされ、返答をせずに立ち去った。これは私の心に軽い傷をつけた出来事であったのだ。
 聖書から見れば、不妊は神の御心と解釈する。サラやラケル、ハンナ、エリサベツの例でも明らかで、閉じられるのに理由があった。だから胎に関しては、神の主権の領域である。与えられないのも神の計画なのだ。
 もし今の私があの質問に遭ったならと考える。即座に「子どもが生まれるのは祝福です。しかし生まれないことにも神の御心であり、それが最善であることが今はわからないだけで、後になれば必ずおわかりになります。またもし御心ならば、この後与えられる結果になるかも知れません。与えられないことも含めて、御心だけが為されるよう、そしてそれが最善であることをお二人で神にお祈りください。」と答えるだろう。
 結婚にも、会社で不遇にも、障害や病についても、すべてのことについて人間が良かれと願っていることについて、同じことが言えるのではないだろうか?
 神の最善の目的と計画があるが、それを当のその人にとって自分の願いとは合致しないと言うか、ほとんど正反対のことが多い。神に従い、神を選び取る者は必ず祝福される。だから冒頭の賛美「あなたが決めておられるように、私を生かしてください」に私は、霊と魂を震わさせられるだ。

« クリスチャンの訓練 | トップページ | 新年ガリラヤ湖礼拝 »

神のみこころ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592434/62566127

この記事へのトラックバック一覧です: 人の願いと神の計画:

« クリスチャンの訓練 | トップページ | 新年ガリラヤ湖礼拝 »