フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月29日 (日)

携挙の3条件とその目的

へブル 12章7 マタイ24章25章

12:7 訓練と思って耐え忍びなさい。神はあなたがたを子として扱っておられるのです。父が懲らしめることをしない子がいるでしょうか。

聖書に明確に述べられている携挙のことをクリスチャンが知らない、あるいはそのための準備ができていないことになれば、その教会と牧会者の責任が後に神に問われることになるでしょう。終末が確実視されている現代では特にそうです。

 携挙についてあらまし確認します。携挙はこれから来る七年の患難時代の真ん中、第七のラッパが吹き鳴らされた時に起こります。その前哨戦であるリバイバルはすでに始まっており、やがて来る患難時代の大リバイバルは反キリストによる中東和平が成ってから始まります。その患難時代のちょうど真ん中近く、六つ目のラッパによる大きな地震が起こった後、次の七つ目のラッパが吹き鳴らされた時、携挙は起こるのです。
 その瞬間私たちは、生きているまま、即座に御霊の体に変えられ、空中に引き上げられ、そこでイエス・キリスト様にお会いすることになります。しかしたとえフィラデルフィア教会においても全員ではありません。また他の教会においても、少ないなりに携挙される方は携挙されます。引き上げられて大患難から守られる者と、残される者とに分けられるのです。大患難時代については、また次の機会にふれたいと思います。

 では、私たちクリスチャンが携挙されるためにはどうしたらよいのでしょうか? 携挙される三つの条件と言うべきものが、マタイ福音書の24、25章にキリストに三つの喩えを通してキリストが語っています。管理人のたとえでは ①「忠実に御心を行う」、十人の乙女では ②「聖霊の油を切らさない」、タラントのたとえでは ③「聖霊の賜物を用いて使命を全うする」というものです。
 これは個人的な解釈ですが、これら携挙されるための三つの条件の土台には、基本として②のような「聖霊様との深い交わりを第一にした生き方」があると思います。聖霊様との深い交わりを通して神様をよく知るなら、③のようなとんでもない誤解をして大失敗をすることもないでしょう。また必ず深く主を愛するようになりますので、そのうち自分の命や人生など取るに足りないことに気づき、まず第一に主である神の御心、ご計画を行い大切にする者と変えられます。さらに主を信頼する忠実なしもべとなるので、主が賜物を豊かに注いでくださることでしょう。聖霊の深い交わりと主を心から愛することは、すべての携挙の条件をカバーして余りある者とされて行くのです。

 みなさん、日々のデボーションを欠かすと、霊的な飢え渇きを覚えられませんでしょうか。教会にはキリストが満ちていますが、日々のデボーションという主との霊的な交わりを大切にし、生活の中でも主を第一にした歩みをするべきです。

 さてこの携挙から万が一、残されたとしたらどうでしょうか。大患難時代、教会はもはや存在しません。信仰を守れば、殉教必須の時代となります。残された人は神から見放されたのでしょうか。いいえ、そうではないと思います。なぜなら神は愛する子、子どもとして扱っている証拠なのです。父から懲らしめを受けないような子どもはいません。ただ携挙後にその懲らしめが来ただけなのです。また私たち神の子どもとされた者に、耐えられないような試練というものは与えられません(1コリ10:13)。ですからまず神を信頼し、脱出の道を備えてくださっていますのでそれを感謝し、祈り求めるべきです。天地は移り変わっても、神のことばは不変です。大患難時代といえども、私たちは神の国へ凱旋するのは確実なのです。

2015年11月22日 (日)

御霊と水と血

Ⅰヨハネ 5章:6~8節
:6 このイエス・キリストは、水と血とによって来られた方です。ただ水によってだけでなく、水と血とに  よって来られたのです。そして、あかしをする方は御霊です。御霊は真理だからです。
:7 あかしするものが三つあります。8 御霊と水と血です。この三つが一つとなるのです。

 へブル書からこのⅠヨハネにかけては御言葉の宝庫です。特に本日の箇所の前後は年間主題になったり、たびたびメッセージで取り上げられる箇所です。しかし間にあるこの「御霊と水と血」はほとんど取り上げられることがありません。少なくとも私は聞いたことがありません。この前後があまりにも素晴らしいからなのでしょうか。しかしこの箇所をパスせずに立ち止まって聞くならば、ここは素晴らしい所です。

まず「水と血」ですが、大きく四つの諸説がありますが、最も妥当なものを取り上げます。まず水とは、ヨハネからバプテスマ受けられた水のことを意味します。公生涯の始まりはここからでした。その公生涯は十字架上で終結したのです。つまり血とは、十字架で流されたイエスの血潮のことです。またこれは罪の贖い、救いの御業の成就を意味し、ナザレ人イエスがキリスト(メシア)として、つまり救い主としての公生涯が完了したことを意味するのです。

 この水と血という神の子としての見方に、当時もっとも早くそして大きな脅威であったのが、主知主義と呼ばれるグノーシス主義でした。これは歴史上絶えることなく、現代に至るまで続いております。簡単に言うと、キリストの人性は肯定するのですが、神、もしくは神の子であった神性を否定するのです。つまり三位一体の神に対するサタンの攻撃です。もっとも古い使徒信条においてすら、神や聖霊についてより神の子としてのイエスに、その多くの部分が割かれていることからもおわかりでしょう。キリストの昇天から百年も経たないうちに、このグノーシス主義が教会に入り込み、それは人間的な理解で福音を受け取るからなのですが、多くの信者がこのような反キリストの霊にさらわれて行きました。彼らの主張は、バプテスマのヨハネから十字架の死に至るまでは神の特別な力(聖霊の働き)が始まり、十字架の死と共にそれは去ったというものです。むごい罪人の死としてのキリストを受け入れることができなかったのです。これは自分の「罪」が自覚できないので、悔い改めることができない魂に共通した理解であり、滅びに至るサタンであることを示しています。

 ではイエス様が神の子か、それともただの人の子であったのか、それを実証するのはイエスを神の子と信じるクリスチャンです。クリスチャンには必ず聖霊が内住しますので、信じる者を通して聖霊が、イエスは神の子であったと証しするのです。新生したクリスチャンが、罪から解放され、神の愛の実践者として現れるからなのです。これが6節の「あかしをする方は御霊です。御霊は真理だからです」の意味であります。
 素晴らしいこの御言葉に、心から神に感謝したいと思います。

2015年11月15日 (日)

イエスから目を離さない

へブル 12章1-2節
信仰の創始者であり、完成者であるイエスから目を離さないでいなさい。

 このへブル書はちょうどイスラエル派遣中での聖書日課でした。へブル書やヤコブ書はユダヤ人向けというだけでなく、すばらしい御言葉の宝庫です。本日はこの書を通して、特に神さまとはどのようなお方なのか、それを学んでいきましょう。
 まず、「わたしは、もはや決して彼らの罪と不法を思い出すことはしない(10:17)」「わたしは決してあなたを離れず、またあなたを捨てない(13:5)」という御言葉です。これらの言葉で主は私たちに約束されています。十字目を絶えずイエスに向け続け架でひとたび赦された罪は、完全に赦され続けているのだということを。クリスチャンの中には、自分のあまりの罪深さにおびえ、救いの確信を失う方もおられますが、これを不信仰と申します。十字架の力は絶大であり、神は二度と思い出すことはないと約束してくださっているのです。罪は精算され、もはや白紙であり、死はその力を失っているのです。
 大切なのは救われてからの罪を残らず悔い改めることであり、感謝と謙虚さを失わないことです。また目を絶えずイエスに向け、賛美の器であったサタンがもっともいやがる、賛美のいけにえを絶えず捧げ続けることです。

 天地万物を神が創造されたのは、人を造りその舞台とするためでした。その人たるものは、肉の体と霊の体を併せ持つ存在として造られました。これは神が肉を超えて霊に生きる意志、あるいはたましいを、切に求めておられるからだと私は理解しています。神はご自身の都、天のエルサレムで、人のそのような霊・たましいと共に永遠にお住みになりたいのです。
 ではどうしたら私たちは神のその期待に応えられるでしょうか? 「イエスから目を離さない」ことです。ペテロは目を離したがためにガリラヤ湖上を歩いていたのに、たちまち沈んでしまい、漁師なのにイエス様に助けていただかなければなりませんでした。十字架という救いの業を完成してくださり、人はこの十字架を見続けている限り、世の荒波に襲われることはありません。困難に遭うのは、目を反らすからなのです。「決してあなたを離れず、またあなたを捨てない」と言われた方は、「きのうも今日も、いつまでも同じ(ヘブル13:18)」であり、変わることはないのです。
 それ故私たちは神に祈り求め、神の力によって「イエスから目を離さず」に居続けましょう。そして神が私たちをして「少しも疑わずに、信じて願いましょう(ヤコブ1:6)」。自分の力にではなく、神の力によってです。

2015年11月 8日 (日)

新年度船橋礼拝

ルカ 3章2節・4節

  神のことばが、荒野でザカリヤの子ヨハネに下った。
  主の道を用意し、主の通られる道をまっすぐにせよ。


派遣では、年間聖句と関わって再臨と御霊の体のことが多く語られました。どうしてそうなのかと関連を私なりに説明させていただきます。

 先ず「神のことばがザカリヤの子ヨハネに下った」、その言葉とは昨年の5月20日、セントルイスでの「リバイバルが始まりました」です。これは黙示録にある、患難時代七年間の前半で、患難と共に非常に多くの人々がキリストを信じ救われる出来事(リバイバル)が、いよいよ始まった開幕宣言だと言えます。当然ですがリバイバルは神のゴーサインなくしては、始めてはなりません。しかしそれが出たのです。確かにこの始まりはまだ目に見えてのものではないでしょう。しかし始まったのです。忠実に主の召しに従うなら、私たちは必ずその驚くべき収穫を見ることでしょう。この群れと私たちにはこの使命があって立たされているのです。本戦は一瞬でも、実はその前の念入りなお膳立て、状況のセッティングで実際には決まります。目を覚まして参りましょう。

 「主の道の道備えをし、リバイバルへの道をまっすぐにする」ということは、主が来られた時には曲がりくねった道、凸凹道を直し、主が降りてこられた途端に、天の軍団は高速道路を猛スピードでぶっ飛ばすようにし、あっという間に勝利をとるということです。これからその道ぞなえが具体的に示されていくことでしょう。ますます聞き従いを強めて行く必要があります。

 また目的でもある再臨と御霊の体の復活について、今わかっていることだけでもしっかり整理しておきしょう。キリストは二度来られます。一度目は空中で、地上に居るクリスチャン守るためです。ここで携挙される人も多いことでしょうが、残される人もいるのです。残されると後半の大患難時代を迎えなければなりません。これは天から落とされたサタンが荒れ狂う時代であり、反キリストや偽キリストを通して、クリスチャンを根絶やしにしようとし、実際それが許されます。偶像崇拝を強要され、刻印を身に受けない者は売ることも買うこともできなくなります。つまり悔い改めて神に立ち返ったほとんどのクリスチャンは、いろんな形で殉教し神の栄光を現すことになります。自分が弱いことを告白し祈り続け、自分ではなく、神の力に依って行くなら、これはこれで素晴らしい神の勝利となります。

2015年11月 1日 (日)

新年ガリラヤ湖礼拝

            東京アンテオケ教会 パウロ秋元牧師
ルカ  3章:2・:4節                     

   神のことばが、荒野でザカリヤの子ヨハネに下った。
  主の道を用意し、主の通られる道をまっすぐにせよ。

 皆さん、天下分け目の戦いと言えば、関ヶ原の戦いですが、たった一日それも実際には数時間で決まったようでいて、実は石田三成派を完全につぶすためにかなり前から周到に始まっていたものでした。先ず上杉征伐に時間をかけて東に行き、留守に乗じて三成が決起して立つのを待っていたのです。同じように、「主の戦い」というものは、再臨の日の一瞬で決まるようでいて、実は相当長い時間をかけて進められているのです。再臨の決定的な審きの前に、神の救いの計画、魂の大リバイバルが周到に計画され、進められているのです。それはこの5月20日に「リバイバルが始まりました」という神の言葉が私たちに下ったことで明らかです。ヨハネは神の言葉があってはじめて、その使命が始まりました。「主の道を用意し、主の通られる道をまっすぐにせよ」は私たちにも同じなのです。

神の言葉があって、神の国は始まりました。ヨハネだけでなく、アブラハムもダビデも、神の言葉があって始まったのです。これまで私たちにも海外宣教、孤児院などすべて、不可能な状況の中に神の言葉が下り、スタートしたものです。目に見える判断ではなく、神の言葉の確かさを私たちはこれまで見ています。
 もっともこれらは類を見ない働きで大きく成長しているにも関わらず、褒められもせず、かえって批判中傷を浴び続けて来ました。そのような人々は「預言」「カリスマ宣言」などで詳しく説明した私たちの聖書的な立場をろくに理解も読みもしようとはせず、ただ自分の主観と思い込みで無責任な攻撃しているだけなのです。しかしこれが実は私たちに益となっています。それはおそらくですが、私たちは「ヨイショ」とか「持ち上げ」に弱く、褒められると神の栄光をとってしまう危うさがあるのだと思います。ですからこれは、かえって守られている、とさえ思われるのです。

 私たちにリバイバルのゴーサイン、神の言葉が下りました。それでここから「主の道を用意し、まっすぐにする」ことで、これから神の栄光を見ていくようになるのです。

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »