フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 新年ガリラヤ湖礼拝 | トップページ | イエスから目を離さない »

2015年11月 8日 (日)

新年度船橋礼拝

ルカ 3章2節・4節

  神のことばが、荒野でザカリヤの子ヨハネに下った。
  主の道を用意し、主の通られる道をまっすぐにせよ。


派遣では、年間聖句と関わって再臨と御霊の体のことが多く語られました。どうしてそうなのかと関連を私なりに説明させていただきます。

 先ず「神のことばがザカリヤの子ヨハネに下った」、その言葉とは昨年の5月20日、セントルイスでの「リバイバルが始まりました」です。これは黙示録にある、患難時代七年間の前半で、患難と共に非常に多くの人々がキリストを信じ救われる出来事(リバイバル)が、いよいよ始まった開幕宣言だと言えます。当然ですがリバイバルは神のゴーサインなくしては、始めてはなりません。しかしそれが出たのです。確かにこの始まりはまだ目に見えてのものではないでしょう。しかし始まったのです。忠実に主の召しに従うなら、私たちは必ずその驚くべき収穫を見ることでしょう。この群れと私たちにはこの使命があって立たされているのです。本戦は一瞬でも、実はその前の念入りなお膳立て、状況のセッティングで実際には決まります。目を覚まして参りましょう。

 「主の道の道備えをし、リバイバルへの道をまっすぐにする」ということは、主が来られた時には曲がりくねった道、凸凹道を直し、主が降りてこられた途端に、天の軍団は高速道路を猛スピードでぶっ飛ばすようにし、あっという間に勝利をとるということです。これからその道ぞなえが具体的に示されていくことでしょう。ますます聞き従いを強めて行く必要があります。

 また目的でもある再臨と御霊の体の復活について、今わかっていることだけでもしっかり整理しておきしょう。キリストは二度来られます。一度目は空中で、地上に居るクリスチャン守るためです。ここで携挙される人も多いことでしょうが、残される人もいるのです。残されると後半の大患難時代を迎えなければなりません。これは天から落とされたサタンが荒れ狂う時代であり、反キリストや偽キリストを通して、クリスチャンを根絶やしにしようとし、実際それが許されます。偶像崇拝を強要され、刻印を身に受けない者は売ることも買うこともできなくなります。つまり悔い改めて神に立ち返ったほとんどのクリスチャンは、いろんな形で殉教し神の栄光を現すことになります。自分が弱いことを告白し祈り続け、自分ではなく、神の力に依って行くなら、これはこれで素晴らしい神の勝利となります。

« 新年ガリラヤ湖礼拝 | トップページ | イエスから目を離さない »

使命」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592434/62685819

この記事へのトラックバック一覧です: 新年度船橋礼拝:

« 新年ガリラヤ湖礼拝 | トップページ | イエスから目を離さない »