フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 信仰の大盾 | トップページ | 私の弱さは私の喜び »

2016年1月31日 (日)

イチジクの木のたとえ

マルコ11章12~14節
11:12 翌日、彼らがベタニヤを出たとき、イエスは空腹を覚えられた。
11:13 葉の茂ったいちじくの木が遠くに見えたので、それに何かありはしないかと見に行かれたが、そこに来ると、葉のほかは何もないのに気づかれた。いちじくのなる季節ではなかったからである。
11:14 イエスは、その木に向かって言われた。「今後、いつまでも、だれもおまえの実を食べることのないように。」弟子たちはこれを聞いていた。


 福音書のイエス様の記事の中で、「イエス様って、むちゃくちゃなこと言い、やっててるなぁ。やっぱり完全な人ではなかったんだあ。」そう思われても仕方なところがあります。それが今日の聖書箇所です。これは、特に私たちのように、聖書は「原典においてですが、神のことば」であると信じる信仰にとって一大事であります。なにしろイエス様という方は、人間の格好をしておられているのですが、罪一つ犯されたことも、犯されることもない神様なのですから。
 しかしです、エルサレムに向かう途中、お腹が空いたので葉の茂ったいちじくの木が見えたので、そこに実が何かありはしないかと見に行かれました。しかし季節外れで、そこに実があるはずがありません。何の落ち度もない木に、おそらくですが、イエス様は頭にきて「枯れてしまえ」と呪われたのです。これはとんでもない神様ではないでしょうか。

 さらに訳がわからないのは、翌日枯れたこのいちじくの木をペテロが見て「先生。ご覧なさい。あなたののろわれたいちじくの木が枯れました」と言うと、「神を信じなさい」と「受けたと信じる信仰」を語ってくださっています。これはつながりが全くわかりません。訳がわからないことであります。
 神学者でもあった密林の聖者シュバイツアーは、この箇所を「数日後に迫った十字架刑、その死の恐怖で正常な判断ができなかった」のだとし、イエス様が神であることを否定しています。まあ、常識的な評価というものはこんなものでしょう。
 私はシュバイツァーのようには思えませんでしたが、しかしまた、どうしてかわかりません。有限なる人間が、無限なる神のされることを、全部理解できるはずもありません。判断を保留にし、いつかこれを神様が開いてください・・・・・そう祈りながら最近まで来ました。

 なぜか。イエスを神の子と信じるならば、死の恐れとか空腹なあまり、何の落ち度もない木を呪って枯らすなどとは、あり得ないことだと思うからです。「聖書は誤りない神のことばである」これは群れの告白であるとともに、私の個人的な体験としての確信です。大切なのは有限なる人間をわきまえ、人間の常識で神のことばを判断してはならないと思うからです。分からない事は教えていただけるよう祈り、それは御心であり必ず答えられるというのが、私たちの信仰なのです。三十数年前の私も、そこまで信仰が強かったわけではありませんが、保留にしていたのです。

 最近「聖書の世界が見える」という本の植物篇を読んで目から鱗でした。それに依りますと・・・・・・
 イスラエルではいちじくに関して二つの名前がありました。冬の終わり、春の初めにS_2真っ先に少し心もとない実をつける「バーグ」と呼ばれる初なりのいちじく」と、ふつうのいちじく「ティエナ」です。バーグ、これに秘密を解き明かす内容がありました。
ティエナと呼ばれる通常のいちじくは、5月から10月の終わりぐらいまで年に4、5回も実をつけるのだそうです。これに対し、バーグは春先の過ぎ越しの祭りの時期に絵のような小さな葉と実をつけ、約二ヶ月近くしてティエナの季節に、つまりいちじくのなる季節となります。バーグは小さく、甘さにも劣るので商品価値はありません。したがってバーグは誰でも取って食べて良いものでした。半年近くの長い冬の間、果物の甘さに飢えていたイスラエルの人々にとって、バーグは待ち遠しかった果物だったのです。

 こうなると、イエス様が近づかれたのは、バーグを取りにであったことがわかりますし、いちじく(=ティエナ)のなる季節ではなかった(マルコ11:13)のも当然です。しかし小さな葉が繁っていてもそこにバーグはありませんでした。バーSグを実らせない木というものは、ティエナも実りません。こういう実をつけない木は、場所をふさぐだけなのです。
 ルカ13:6-7 ぶどう園に植えられたいちじくの木が3年たっても実をつけないので農園主が「場所ふさぎだ、切り倒せ」と園の番人に言いますが、だからイエス様が枯らされたからと言って、それはかえって手間をとらせず、喜ばれた結果となったことでしょう。バーグが実らない木なら、問題はありません。

 イエス様のされたことは、当時習慣に従ってみればすべて納得の行くものです。シュバイツァーや他の人が単に知らなかった、というだけでなく、いかに人間的な解釈を施したか、神のことばとして聖書を受け取っていなかったかということを、明らかに示すものです。私たちは間違いを犯す者ですが、分からない事があったとしても、自分の判断を優先させ、まるで自分の判断が聖書の上にあって、解釈してしまうのか。さもなくば誤りなき神のことばとしての聖書として、信仰的に対応するかどうか、そこを神様は見ておられることを感じるのです。
 いちじくの木を枯らされたことは、超自然的なS1神の奇跡でした。それだけに終わるものではなく、このいちじくの木が、3年半にも及んだぶどう園の主人(神)の努力に酬いず、実を実らせることがなかった・・・・・イスラエルのことを暗示しているのです。つまりこれは、イスラエルの審き預言であり、その成就なのです。ですから「さばきの時が近いから、神を信じ、天国へ救われなさい」と福音を語っておられるのでした。アーメンです。

« 信仰の大盾 | トップページ | 私の弱さは私の喜び »

聖書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592434/63182674

この記事へのトラックバック一覧です: イチジクの木のたとえ:

« 信仰の大盾 | トップページ | 私の弱さは私の喜び »