フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 神に愛される人とは | トップページ | 神の訪れの時 »

2016年2月28日 (日)

喜びなさい

ピリピ 4章4節

いつも主にあって喜びなさい。もう一度言います。喜びなさい。

 「喜びなさい」とは私たちへの神さまからのオファーです。これに対し、「できません」という理由を私たちはつけることはできません。たとえ体が動かせなくても、まぶたさえ動かせればできるのです。たとえ他の人にはわからなくても、天には伝わっています。私たちは天のお父様の前で「喜んでいなかった」というどんな弁解や申し開きもできないのです。       ではどうしたら、いつもどんな時でも喜んでいられるようになるのでしょう。先週神学校の「感謝と賛美のメッセージ集」の「Joy in God」ではマーリンさんはこう言っていました。

 「するとわかってきたのです。神さまが私に示そうとされていたのは、どんな原因からの理由であれ、どんな困難であれ、私が喜びと平安から遠ざかってしまっていることを、神様は喜んでおられないということでした。イエス様が私のために死んでくださるために来られた時、それは私のすべての咎、すべての病、すべての嘆きを取り除かれるために来られたからです。 ~中略~ それゆえ聖霊様が私に、喜びや平安を与えてくださるのを、私が許していなかったのです。」


 マーリンさんが気づいたように、「喜び」というのは与えられるものではなく、喜ぶべき事実に気づき、喜びを常に十字架の事実から取り戻す作業なのです。それで私は、三日前に起きたアクシデント、右膝の「内側側副靱帯損傷(ないそくそくふく)」を喜びたいと思います。神さま、これにはすばらしい計画があることを感謝します。このように感謝をしていると、このけがを通して、主が私に教えようとされていることがあることに気づきました。

 靱帯損傷の診断を受け、病院から帰った私は、痛みで一人では歩けない状態でした。それで翌朝早速、松葉杖を借りに病院に行った時のことです。最初に対応をしてくださったベテランの看護師さんが、私に「一生松葉杖をつかなければならない人もいるんですから・・・・」と言われたのです。どうしてそんなことを言われたのか、私は後に気づきました。
 それは、今回のことを通して体を弱くされた人のことを思いやりなさい、という示しでした。単なる思索や推量だけでは心が入らない、上辺だけのもので留まってしまうことが多い。しかし実際に、たとえ短期でも体験をすることには、大きな違いがあります。

 もし私たちが真にイエス・キリストの十字架の恵みに実際あずかっていたのであるなら、喜びや平安を失うことはあり得ません。神が与えてくださるのです。すべては神から与えられたのですから、直らない、たといそれが現状の姿であったとしても、感謝します。それが御心です。このことの背後には神さまの御心があります。「どんな原因からの理由であれ、困難であれ、喜びと平安から遠ざかってはならない」のです。体の大切さをこのけがから教えられました。今私はこの痛んだ体が急速に癒やされてきているのを感じます。御心を受け取り、聞き従えば速やかにいやされるのです。みなさん、神は生きておられます!

 

« 神に愛される人とは | トップページ | 神の訪れの時 »

感謝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592434/63309869

この記事へのトラックバック一覧です: 喜びなさい:

« 神に愛される人とは | トップページ | 神の訪れの時 »