フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 戦いの武器 | トップページ | まったき愛 »

2016年5月29日 (日)

キリスト者の自由

ガラテヤ 5章1節
 キリストは、自由を得させるために、私たちを解放してくださいました。ですから、あなたがたは、しっかり立って、またと奴隷のくびきを負わせられないようにしなさい。

 今日の聖書箇所を、()書きの注釈を付けるなら、・・・キリストは(罪からの)自由を得させる(与える)ために、私たちを(十字架にかかるという、血の代価を払ってまで、私たちを罪から)解放してくださいました・・・と言うことになります。
 
 私は長い間福音派の教会におり、この箇所のメッセージは何度も聞きました。福音派の人たちにとってもここはよい聖句のようでして、「自由」についていろいろウンチクを語られるのですが、理想過ぎて別世界の話に聞こえました。なんだか自由にされて、何でもこれから好きなことができるんだ、そんな今から考えると後半にパウロが戒めている肉的な気持ちにもされたのです。

とんでもないことです。ここは次に語られている「聖霊によって歩みなさい」がポイントなのです。しかし聖霊を理解していない教派ばかりでしたので、心に届かないのは当然でした。
 「自由を与える与えられるために召された」とパウロが言った背景として、神はサタンのように<強制し、支配>することがお出来になれないということがあります。神の本質は愛なので、人もまた愛をもって神であるご自分に従い、御心を行うことをお望みです。自由な状態でなおかつ、神への服従、献身を喜ばれるのです。自由とはそのようにして使われものなのです。
 
 しかしこの自由は、全宇宙とすべての命を創造された神ご自身の十字架というあまりにも尊い犠牲によって買い取られ、与えられたものです。その上で選択できる状態が自由でした。この自由を再びサタンに易々と明け渡してよいものでしょうか。
 
 神様は人を縛りご自分に隷属させることがおできならないので、神に代わって使徒パウロが私たちに16節の「御霊によって歩みなさい」と強く薦めているのです。この御言葉は単に聖霊の内住というだけではない、聖霊のバプテスマや新生を受け、神の霊に満たされた経験のあるクリスチャン(ガラテヤ人やそのようなクリスチャン)に対して語られています。聖霊のバプテスマが未だの人にとっては、先ずそれを受けることが先決です。本来、聖霊の実を実らせるべき選ばれた人々に対して、「怠りなく常に聖霊に満たされ続けなさい」と説いているのです。
 
 今日のキリスト教会や、うっかりすると私たちの群れの中においてでさえも、肉のクリスチャンが存在し、ねたみや分派心が存在し、愛のない行いを見ることがあります。ガラテヤの諸教会もパウロの輝かしい異邦人伝道の初穂でした。しかしサタンも必死に挽回をはかっており、その幾分かは成功しているようです。霊の世界においては中立地帯という場所はありません。あると思われていたら、そこは肉であり、サタンの領域です。サタンや悪霊側に対し、神様と神様に従う陣営しか存在しないのです。みなさんはどちらの側に立っておられるのでしょうか。

« 戦いの武器 | トップページ | まったき愛 »

愛なる神」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592434/63730061

この記事へのトラックバック一覧です: キリスト者の自由:

« 戦いの武器 | トップページ | まったき愛 »