フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 受けたと信じる信仰 (まとめ編) | トップページ | 神の愛 »

2016年8月 7日 (日)

悪魔に立ち向かえ

 ペテロ 5章7~9節
5:7 あなたがたの思い煩いを、いっさい神にゆだねなさい。神があなたがたのことを心配してくださるからです。
5:8 身を慎み、目をさましていなさい。あなたがたの敵である悪魔が、ほえたける獅子のように、食い尽くすべきものを捜し求めながら、歩き回っています。
5:9 堅く信仰に立って、この悪魔に立ち向かいなさい。ご承知のように、世にあるあなたがたの兄弟である人々は同じ苦しみを通って来たのです。
 孫子の兵法に、「敵を知り 己を知らば 百戦危うからず(彼を知り己を知れば百戦殆うからず)」という言葉があります。
そういう点から私たちクリスチャンの敵であるサタンについて、知るということは戦いに非常に重要です。サタンが狙う獲物の内でも、クリスチャンは最高に価値あるもので、それ故クリスチャンは絶えず狙われていると自覚すべきです。サタンの第一原則は、正体がバレないよう知られないようにし、宿り主を支配することです。第二にサタンは私たちの一番の弱点を察知し、魚釣りのように実にタイミングよく突いて攻めて来ます。第三にサタンの本性は偽りです。だましの名人とでも言うべきです。
 
 
今日の聖書箇所にあるように、神のみ心から離れて「思い煩い」をしたり、恐れや不安に陥ると、サタンの獲物になる条件を満たし、サタンの集中攻撃を浴びるはめになります。そのことを「だれでも持っている者は、与えられて豊かになり、持たない者は、持っているものまでも取り上げられる」(マタイ 13:12、25:29)とみ言葉が説明しているのです。その状態をはやく脱出しないと、持っているものまで無くなってしまうのです。
 
 
ではどうすれば良いか。この時神さまは「堅く信仰に立って、サタンに立ち向かう(1エペソ 5:9)」のです。ただし、自分の力で戦わないようにしてください。神にご自分の罪をあらいざらいすべて告白し、熱心に祈しを求め、赦されて、神の力「イエス・キリストの御名によって」と神の力で戦うようにしてください。私たちはサタンよりは弱い存在ですが、背後に神が共にいてくだされば、必ず勝利するのです。神は十字架ですでに勝利を取られているのです。
この戦いにおいて大事なのは、まず今の状態をありのまま正しく認識し、サタンに気づくこと。次に下記のような「み言葉」を掲げ、「祈り」で戦う決心をすることです。映画「祈りの力」をただ観て終わりにしてはいけません。ご自分に適用し、戦って勝利を取ってください。
 
○映画「祈りの力」の聖書箇所から:第二歴代  2:14、マタイ 6:14 、Ⅱテサロニケ 3:3、Ⅰヨハネ 1:9など
○私の推薦するあらゆることに適用できるみ言葉: 「神にとって不可能なことは一つもありません」(ルカ 1:37)

« 受けたと信じる信仰 (まとめ編) | トップページ | 神の愛 »

聖書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592434/64070189

この記事へのトラックバック一覧です: 悪魔に立ち向かえ:

« 受けたと信じる信仰 (まとめ編) | トップページ | 神の愛 »