フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月30日 (日)

私に何をしてほしいのか

マルコ10:51
  そこでイエスは、さらにこう言われた。「わたしに何をしてほしいのか。」すると、盲人は言った。「先生。目が見えるようになることです。」
 神は聖にして義、全知全能の存在です。その神は信じる人々に内住されるお方でもあります。その場合、悪霊とまったく異なって、決して自分の意思を私たちに押しつけられる方ではありません。できるだけ私たちの意思を尊重されるのです。この点を多くのクリスチャンが誤解して、多くの恵みを逃しています。
 例えば家族に「帰りにパンを買ってきて」と頼まれたとします。お店に入った途端、困ることでしょう。パン屋には食パン、菓子パンといろいろあります。菓子パンだってあんパン、メロンパンと具体的にわかっていなければ買えません。もし違うものを買って帰れば、「違う」とブーイングを浴びることになるのです。
 
 神様も同じです。今や世界一の大教会、韓国はヨイド教会のチョー・ヨンギ牧師が朝鮮戦争後、貧しい人々に天幕伝道し、自身も赤貧の中で牧会生活をしていた頃のことです。牧会に必要な机やイス、伝道して回るための自転車の必要を覚え、祈りの中で
無いものを有るもののようにお呼びになる力の御前で、そうなのです」 (ローマ4:17)
の御言葉に目が開かれ、たとえ今はなくとも、フィリピン産のマホガニーの立派な机、日本製の回転イスでコロの付いた重役椅子、頑丈なアメリカ製の自転車と、事細かく有るもののように神様に注文し、すでに与えてくださったと確信しました。
 
ところがこれをメッセージで語ってしまったので、一時ですが、虚言牧師の風評にさらされました。しかし驚くべきことに、当時としては奇蹟ですが、願った物がすべて与えられたのです。この経験がチョー牧師の信仰をさらに一変させ、描いた幻の成就として今日に至っているのです。
 
 みなさん、私たちは誰の子ですか?天地万物をお造りになった創造主の嗣子ではありませんか。神に不可能はありません。具体的に求めて祈るということはとりもなおさず、父を信頼し、神の力と愛を信じていることであって、狂人ではなく、むしろ神に喜ばれる信仰です。心から求めて祈るなら、御心ですから、それは最善のかたちで与えられます。ある場合には、自分の願った通りではないかも知れません。しかしそれは当初願った以上の最善でした。神を信じ熱く祈りましょう。但し、時だけは限定しないように注意してください。

2016年10月23日 (日)

永久に死を滅ぼされる

 イザヤ書25章8節
永久に死を滅ぼされる。神である主はすべての顔から涙をぬぐい、ご自分の民へのそしりを全地の上から除かれる。が語られたのだ。

 今大河ドラマ「真田丸」は大阪冬の陣に向けて佳境に入っていますが、真田の六文銭は三途の川の渡し舟賃だとされています。一文がおよそ20円ぐらいとすると、120円です。
三途の川には地獄道、畜生道、餓鬼道の川洲があり、それに上がると大変な苦しい目に遭うそうです。六文銭があれば、船頭がちゃんと冥土まで届けてくれるので、真田の武士は死んでも大丈夫だという意味でしょう。
ところが冥土というのは暗黒の黄泉の国でして、全然良いところではありません。日本人は長寿にこだわります。生にこだわり、できるだけ死を考えないようにしていますが、死んだら冥土ですから、こらを恐れるのは当然なことです。
 
 これは聖書的にも大変正しい理解です。ただイエス・キリストの十字架の道しか、救いはないのですから。この哀れな同胞のために、私たちはリバイバルを熱心に祈らなければなりません。しかし、先に救われた私たちクリスチャンが死を恐れていたのでは、証にも話にもならないではありませんか。
 
 クリスチャンには二つの段階があります。第一の段階として、神を信じ十字架によって救われてはいますが、自分の問題や困難のために神を必要としている段階の人達です。
次に第二の段階があります。試練や困難を通され、自分の醜さに注がれた神の愛を真に知った人たちです。この人たちは、もはや自分が中心ではありません。取るに足りない我がことより、神の愛に応え、その御心を行うことが大切なのです。この段階は献身者の段階であり、血肉の体でありながら、天の御国を仰ぎ、御霊の体になることを待ち望んでいる人たちです。「死は勝利にのまれてしまった」が成就しているとも言えます。
 
この第二の段階には自分の力でなれるものではありません。試練や訓練によって知った神の愛に、押し出された人たちなのです。第一の段階だと思っている人についてですが、祈り求めていくなら、耐えられる試練の後、神はその方をちょうど良い時に引き上げてくださるでしょう。神を信じてください。神はそれがおできになる方です。 アーメンでしょうか?

2016年10月16日 (日)

確かな者は、動かない

 伝道の書 3章14節
 私は知った。神のなさることはみな永遠に変わらないことを。それに何かをつけ加えることも、それから何かを取り去ることもできない。神がこのことをされたのだ。人は神を恐れなければならない。
昔活躍していた人をTVで久しぶりに観ると、改めて年月を感じます。季節があり、一年や二年ではなく、自然や建物も、待ちの景色も時代と共に変わって行きます。先週ポストカプセルと言うものが来て、30年前に書いた手紙が届きました。貼られた切手も50円でして、時代を感じます。30年と言えば一世代分です。ドルカスにとって、船橋で牧会活動をしているとは、まったく想像すらできなかったことです。
 
「諸行無常」とか「有為転変」という言葉があります。仏教ではこうしてすべてが流転していくので、執着を離れて何ごとにも達観とか諦観の境地になることが素晴らしいと言っています。しかしそれではその人になぜ命が与えられ、生きたことに何の価値があったのか、さっぱり分からないではありませんか。虚無に価値を置くことはできません。
 
では変わらないものとは何でしょうか。それは神の存在です。聖書は何千年も前から変わらない真理を明らかにしてくださっています。この書によれば、人はすべて神が意図しての被造物であり、価値があり、神の作品なのです。陶器師が自分の作品を世に出すのに、作りかけや失敗作を出しませんよね。私たちは神がその独り子さえ惜しまずに愛してくださった、神の作品なのです。人それぞれに神の計画があり、それを果たす使命があります。今私たちの霊は滅ぶ体を着ていますが、この世から天の故郷に帰った時、天で新しい体を与えられ、永遠の報いが与えられます。移り変わり、滅んでいくこの世に目を留め置くのではなく、永遠の神を仰ぎ、見続けて行きましょう。
 
何年か前、パトモス派遣でトルコからパトモスへ小船で渡ったことがあります。ギリシャはアテネ近くのピレウス港から渡る時は、かなりの距離がありますが、大きなフェリーに乗りますから揺れはありません。パトモス島というのは、ほとんどトルコのそばにあるのですが、短い距離でもエーゲ海の波は高く、トルコの港を出るとすぐに小さな船はひどく揺れました。2,30度の振幅があったでしょうか、それが左右に揺れるのでとても立ってはいられません。見る見る間に酔う人目を回しはじめ、船底にバタンキューでした。で、私もその危険を感じまして、これではいけない、とドルカスと一緒に甲板に上がりました。甲板に出ると確かに目の前の船は揺れていますが、遠くの島々や太陽、水平線は揺れません。揺れないそれを見ていると、何と私たちは酔うことがなかったのです。
 
世の中がどんなに移り変わっても、神を信じる私たちは、ただ神を仰ぎ見続けましょう。そうすれば空しい世に流され、神を見失うことはありません。そして共に栄光と永遠の神の国で再会しましょう。

2016年10月 9日 (日)

神を愛する理由

マルコ10章38節
 しかし、イエスは彼らに言われた。「あなたがたは自分が何を求めているのか、わかっていないのです。あなたがたは、わたしの飲もうとする杯を飲み、わたしの受けようとするバプテスマを受けることができますか。」
 この箇所はこの世の地位のように、ゼベダイの子であるヤコブとヨハネが、神の国での最高の地位をイエス様に求めたところです。「一人をイエスの右に、もう一人を左に」。これを聞いて他の弟子たちが憤慨しないはずがありません。とは言ってもこの兄弟、告白通り兄は殉教し、弟は流刑という生涯を送りました。本日私が着目したいのは、兄弟の願いに対し、イエス様が「あなた方は自分が何を求めているのか、わかっていないのです」と言われことです。
 
 これには二つの意味があると思われます。一つはイエスの座の隣にという、その高さに見合う地上での過酷な試練を覚悟してのことか?ということ。兄弟の決心は確かに合格点でしたが、「御心に従うことが最善」の段階には至っていなかったのです。
もう一つには、地上の価値観で、つまり「上座が偉い」と天を推し量った誤りです。天ではこの世と反対に、仕えられる者より仕える者の方が高い地位を有するのだと主は諭されています。私たちの願いは目先のものであり、御心と異なるものなのです。
 
 祈りについて考えますと、幼児のような初期段階として、何でも求める段階があり、成長すると、神を知り、愛し、信頼するという段階に至ります。さらに御心を行いたいと祈り求める主に召されての献身者の段階があります。主の同労者として迫害や困難にも聞き従って、栄光の主を証しします。
どの段階においても祈りが決定的に重要ですが、皆様にお伝えしたいことは、ヤコブとヨハネのように、私たちも神に祈り求めますが、「何を求めているのか、わかっていない」祈りの状況にとどまっている可能性が高いことです。私たちが願っているあらゆることは、すでに主はご存知なのです。
 
空の鳥を見なさい。種蒔きもせず、刈り入れもせず、倉に納めることもしません。けれども、あなたがたの天の父がこれを養っていてくださるのです。あなたがたは、鳥よりも、もっとすぐれたものではありませんか。(マタイ6:26)
このように、世のことで思い煩っているのが私たちであるとしたら、ではいったい私たちは何を神に求めて祈るべきなのでしょうか?主は明確に示されます。
 
「心を尽くし、思いを尽くし、知性を尽くし、力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ。」
(マタイ12:30)
 私たちは、父なる神を「全力を尽くして愛せるように」祈れるなら、それは御心です。子が親に反抗し、忘恩の言葉をいかに吐いたとしても、親の愛は微動だにしません。そのことに気がついた子が為すべきことは、悔い改め、親孝行、つまり親に仕えることです。この世での、私たちの祈りで最も大切なことは、心を尽くし、思いを尽くし、知性と力を尽くして神を愛せるよう祈ることです。

2016年10月 2日 (日)

感謝

ローマ 8章28節
神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された人々のためには、神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、私たちは知っています。
   感謝する、これは旧約から新約に至るまで、実に頻出する言葉であり、信仰の具体的な現れそのものです。神を信じていながら、どんなことにも例外なく、悪いこと、悲しいことでも、感謝することができないのであれば、その方は今日のみ言葉「すべてを益に変える」神への全幅の信頼を神に置いていないのであって、信仰が非常に弱いのです。肉的なクリスチャンに留まっているのでしょう。
 
例えば皆さんの中に「神様の声が聞きたい」と熱望される方がいらっしゃるかも知れませんが、その方に申し上げます、今聞けないことを心から感謝しておられるでしょうう?もし感謝しておられないなら、それこそまだ、なのです。なぜでしょうか?
ではもし神の声があった、聞けたといたしましょう。その方は先ずもって「聞き従い」が求められます。神からと確認の上ですが、「家を出よ、彼の地へ行け」でしたら出て行かなければなりません。ヨナのように、たとえその地が、自分が忌避してきた地であったとしても、です。また多くの預言者は、時の権力者に殺されました。たとえ死が待っていたとしても、聞き従い、預けられた言葉は語らなければなりません。もちろん今聞く者がすべて死ぬわけではありませんが、少なくとも自分に死ななければならないのは、神の声を聞く者の現実です。
あなたは今その覚悟と献身ができていて、それで神の声を聞きたいと願っておられるのでしょうか。ただ羨ましくて願っているのでしょうか。ですから何にせよ今、聞けないということは、その準備の段階にあるのであって、感謝して神の訓練、信仰を増し加えられるよう祈って参りましょう。神は全知であり、私たちひとりひとりの心の中をすべてご存知なのです。
ですから、今も、これからも、神が最善を為してくださることを心から感謝しようではありませんか。
 
感謝することは神さまから私たちへの命令です。それはエペソ5:20、コロサイ3:15-16、42などにあります。同時に祈りにも感謝が土台であることがわかります。今日この感謝を調べていて、ピリピ4章6節に
 何も思い煩わないで、あらゆる場合に、感謝をもってささげる祈りと願いによって、あなたがたの願い事を神に知っていただきなさい
とのみ言葉が非常に私の心に入って来ました。祈りは「あらゆる場合に、感謝を持ってささげる」ものなのです。まず感謝して、それから祈る、みなさん、祈りにおける感謝を心からできるよう徹底いたしましょう。感謝を通して神は私たちの願い事、その強さ、思いを、とくと知ってくださるのですから。

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »