フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 罪におおわれた人は幸いです | トップページ | 神を愛する理由 »

2016年10月 2日 (日)

感謝

ローマ 8章28節
神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された人々のためには、神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、私たちは知っています。
   感謝する、これは旧約から新約に至るまで、実に頻出する言葉であり、信仰の具体的な現れそのものです。神を信じていながら、どんなことにも例外なく、悪いこと、悲しいことでも、感謝することができないのであれば、その方は今日のみ言葉「すべてを益に変える」神への全幅の信頼を神に置いていないのであって、信仰が非常に弱いのです。肉的なクリスチャンに留まっているのでしょう。
 
例えば皆さんの中に「神様の声が聞きたい」と熱望される方がいらっしゃるかも知れませんが、その方に申し上げます、今聞けないことを心から感謝しておられるでしょうう?もし感謝しておられないなら、それこそまだ、なのです。なぜでしょうか?
ではもし神の声があった、聞けたといたしましょう。その方は先ずもって「聞き従い」が求められます。神からと確認の上ですが、「家を出よ、彼の地へ行け」でしたら出て行かなければなりません。ヨナのように、たとえその地が、自分が忌避してきた地であったとしても、です。また多くの預言者は、時の権力者に殺されました。たとえ死が待っていたとしても、聞き従い、預けられた言葉は語らなければなりません。もちろん今聞く者がすべて死ぬわけではありませんが、少なくとも自分に死ななければならないのは、神の声を聞く者の現実です。
あなたは今その覚悟と献身ができていて、それで神の声を聞きたいと願っておられるのでしょうか。ただ羨ましくて願っているのでしょうか。ですから何にせよ今、聞けないということは、その準備の段階にあるのであって、感謝して神の訓練、信仰を増し加えられるよう祈って参りましょう。神は全知であり、私たちひとりひとりの心の中をすべてご存知なのです。
ですから、今も、これからも、神が最善を為してくださることを心から感謝しようではありませんか。
 
感謝することは神さまから私たちへの命令です。それはエペソ5:20、コロサイ3:15-16、42などにあります。同時に祈りにも感謝が土台であることがわかります。今日この感謝を調べていて、ピリピ4章6節に
 何も思い煩わないで、あらゆる場合に、感謝をもってささげる祈りと願いによって、あなたがたの願い事を神に知っていただきなさい
とのみ言葉が非常に私の心に入って来ました。祈りは「あらゆる場合に、感謝を持ってささげる」ものなのです。まず感謝して、それから祈る、みなさん、祈りにおける感謝を心からできるよう徹底いたしましょう。感謝を通して神は私たちの願い事、その強さ、思いを、とくと知ってくださるのですから。

« 罪におおわれた人は幸いです | トップページ | 神を愛する理由 »

感謝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592434/64305411

この記事へのトラックバック一覧です: 感謝:

« 罪におおわれた人は幸いです | トップページ | 神を愛する理由 »