フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 奇蹟をもたらすレーマ | トップページ | リバイバル »

2016年12月 4日 (日)

神のわざ

 ヨハネ 9章3節
 イエスは答えられた。「この人が罪を犯したのでもなく、両親でもありません。神のわざが現れるためです。」
 
教師という職業柄、障害児と関わる機会が多くありました。家庭訪問である程度信頼していただきますと、たいていのお母さんはわが子の障害について「私が悪かったのでしょうか」と胸の内を明かしてくださいます。社会の偏見や差別を100%身に負われて、苦しんでいらっしゃるのでした。未だに「税金の無駄遣い」と揶揄する人がいるようですが、もしそれが自分の子だったら、と相手の身になって考えられないようです。これはお金の問題ではありません。
 親として障害の原因をお医者さんに聞いても、発生率などをあげられて、「たまたまあなた方が引き受けられました」と説明されても、日々の現実にそれで納得できるようなものではないでしょう。世界の宗教の中で私の調べた範囲では、障害に対峙して教えているのはただ一つ、キリスト教だけです。そしてそれが本日の聖書箇所です。
 
またイエスは道の途中で、生まれつきの盲人を見られた。弟子たちは彼についてイエスに質問して言った。「先生。彼が盲目に生まれついたのは、だれが罪を犯したからですか。この人ですか。その両親ですか。」
イエスは答えられた。「この人が罪を犯したのでもなく、両親でもありません。神のわざがこの人に現れるためです。」  ヨハネの福音書 9章3節
 
 これは障害や病を通しての、神の計画と働きがあるのであって、神の栄光が現されるということなのです。実際9章では生まれつきの盲人が癒やされましたが、それは当時の宗教的権力者であったパリサイ人たちに対して、大いなる証しのために用いられました。彼を知る近所の人や両親までも、恐れて黙する中、何と大胆に元盲人は証しをしたことでしょう。しつこくパリサイ人に尋問されても、

「これは、驚きました。あなたがたは、あの方がどこから来られたのかご存じないと言う。しかし、あの方はわたしの目をおあけになったのです。神は罪人の言うことはお聞きになりません。しかし、誰でも神を敬い、そのみこころを行うなら、神はその人の言うことを聞いてくださると、私たちは知っています。盲目に生まれついた者の目をあけた者があるなどとは、昔から聞いたこともありません。もしあの方が神から出ておられのでなかったとしたら、何もできないはずです。」  ヨハネ9章30~33節

と答えたのでした。これは非常に重要な証しの見本だと思います。私たちが伝道する時、あれこれ教えを伝えるのでなく、信じた結果、どれほど自分が変えられてきたか、そのことだけをこの元盲人が語ったように語れば良いのです。何も考えておく必要はありません。飾らずに、ただ事実だけを淡々と語ればよいのです。
元盲人はこう語ったので都から追放されましたが、これは彼の信仰を守るためには、腐った信仰であふれている都よりも良い導きであったと思われます。障害者、精神の病を持つ人、世的には能力が無い者を通して、神の計画があり、進んでいきます。すべての栄光を神に帰すことができるからです。ですから皆さん、弱さは私たちの心を神に向け、神の栄誉をうばわない私たちの宝物なのです。 ハレルヤ!

« 奇蹟をもたらすレーマ | トップページ | リバイバル »

いやし・奇蹟」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592434/64604561

この記事へのトラックバック一覧です: 神のわざ:

« 奇蹟をもたらすレーマ | トップページ | リバイバル »