フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ウェブページ

無料ブログはココログ

« よりすぐれた賜物 | トップページ | 迷った一匹の羊 »

2017年10月15日 (日)

復活・御霊のからだ

Ⅱコリント  3章18節
だれも自分を欺いてはいけません。もしあなたがたの中で、自分は今の世の知者だと思う者がいたら、知者になるためには愚かになりなさい。

「わたしたちはみな」「栄光から栄光へと」「主と同じかたちに姿を変えられ」とこの節はありますが、これを他の言葉で言い換えると「御霊のからだ」「復活のイエス様と同じからだ」ということになります。聖書は私たちの血肉の体が終わったり、または生きながらでも、再臨のキリストとお会いする時にこのようなからだになっていると繰り返し語っています(参照⇒Ⅰコリ15;l20、1コリ15:23、1コリ15:44)。「血肉のからだで蒔かれ、御霊に属するからだによみがえらされる」のです。
 
つまり私たち自身の中に聖霊なる神の宮があるだけでなく、それは朽ちぬ御霊のからだとなって神の国に永遠に住むと聖書は言っているのです。私たちは実際に神が生きて働いておられることを現実に祈りや神のわざ……・いやし、しるし、奇蹟などを通して体験しています。ですからこの神の約束は、間違いない事実であることを知っているのです。
ところでプロテスタントの諸教会には、私たちのような聖霊さまへの態度と異なって、いやしも奇蹟もまったく信じない教会があります。三位一体の神を信じるという点は同じなのですが、残念ながら聖霊の働きがわかりません。わからないゆえに、私たちを「熱狂的」とか「おかしな教会」だと聖書ではなく自分の目で批判しているのです。私自身が二十年以上、そのような教会に居たのでこれは間違いありません。その私がこのような信仰へと導かれたということに、神の計画と大きな使命を感じさせられています。
 
私たちは血肉の体がある間に、何をしなければならないのか知っております。主に聞き従って、み心を行うことです。私たちが再臨の主にお会いした時、タラントのたとえ話が再現されることでしょう。タラントの額はそれぞれ異なっても、<聞き従って与えられた賜物を用いる>ことで主から同じお褒めにあずかるのです。ですから聞き従う教会である私たちの群れに導かれたということ、これは特別な恵みであると私は考えます。
 
どうかみなさん、御霊のからだで住む天のエルサレムを一緒に祈り求めましょう。天のエルサレムで一緒に神様の元で永遠に暮らしていきましょう。黙示録21-22章で天の御国の素晴らしさが描かれています。この教会にはその恵みにあずかる祝福があるのです。

« よりすぐれた賜物 | トップページ | 迷った一匹の羊 »

神の国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592434/65951524

この記事へのトラックバック一覧です: 復活・御霊のからだ:

« よりすぐれた賜物 | トップページ | 迷った一匹の羊 »