フォト
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月

2017年12月24日 (日)

熱心に祈る

ヤコブ 5章16~17節
ですから、あなたがたは、互いに罪を言い表し、互いのために祈りなさい。いやされるためです。義人の祈りは働くと、大きな力があります。
エリヤは、私たちと同じような人でしたが、雨が降らないように熱心に祈ると、三年六か月の間、地に雨が降りませんでした。


個人的に私には今、二つの大きな祈りの課題があります。その一つはこの会堂に関してです。この会堂は私が求めて回った限り、教会として借りられる唯一の物件でした。また職場を求めるM姉妹の祈りがこの会堂で鮮やかに答えられたのです。
私たちはさらに大きな会堂へと出て行きはしても、現状ではみ心の場所だと信じています。しかし借り続ける資金が少ないという容赦ない現実が迫ってきているのも確かです。
それで祈っておりますと、「問題や困難は心騒がせず、主に委ねて平安でいるように。人間的に心配し続けていては不信仰である」という思いが来て、私は努めてこの問題にこころを奪われないようにしていました。ところが、金曜日の夜の「こころゴスペル」でTrueVineの演奏の合間に、素子さんがこんなことを語ったのです。
幼稚園に息子のシオンの忘れ物を届けに行って、こんなシーンに遭遇したのです。小児麻痺で右脚に一生装具をつけなければいけないシオンに、サッカーをしようとした友だちが「脚が悪いお前はサッカーに入れない」と言い、長男はそれに何にも言えないで、あきらめて引き下がっていったのでした。四歳ぐらいの子が、あんな表情をする、それが忘れられなく、その夜「あきらめているんじゃなくて、願ったらいいよ」と言うと、「もしダメだったら?」「ダメだったらもう一回願えばいいよ。願いが積み上がって天にまで届くぐらい高くなって行くよ」「本当?」と息子の目がキラキラ輝いて来た、という証しでした。この結果はみなさんご存知の通り、医師にも信じられない奇蹟が起こりました。
 
その夜私は祈りました。「主よ、どちらが正しいのでしょうか?」と。すると翌朝、まだ意識が醒めぬ間に語りかけがありました。「あなたは思い間違いをしている。委ねて安んじていることと、祈らないこととは全く違うことなのだ」と。「祈りを徹底するなら、祈りの中で神からの確信というものが与えられて行く。この祈りから来る確信の上で安んじるのであって、祈りもせず委ねる事とは似て非なるものだ」とも。
目が覚めて、この示しを思い出した瞬間、これはみ心で確かだと思いました。私は思い間違いをしていたのです。ですから私は熱心に祈ります。たとえ結果が私たちの願った通りにならなかったとしても、最善の結果を私たちは見るのです。
 
エリヤの祈りによって、神は三年半イスラエルに雨を降らせませんでした。天の父は私たちが何にせよ祈ることを望んでおられます。私たちを愛し、愛する者と共に重荷を負ってくださるだけでなく、必ず最善を用意していてくださるのです。

2017年12月17日 (日)

私をみた者は天の父を見たのです

✝️ヨハネ 14章9節
イエスは彼に言われた。「ピリポ。こんなに長い間あなたがたといっしょにいるのに、あなたはわたしを知らなかったのですか。わたしを見た者は、父を見たのです。どうしてあなたは、『私たちに父を見せてください』と言うのですか。
先週のメッセージで私は神様のご人格と言うか人柄というか、それを「理解が難しい」ことと述べました。しかし難しいからと言って、この大切なことをそのままにしていいことではありません。それで今回もう少し詳しく語らせていただくことにしました。
 
今日の聖書箇所 「わたしを見た者は、天の父を見たのである」 とはイエス様がおっしゃった言葉です。三位一体を信じる私たちにとって、神様を理解するのに、人となられた神、イエス様を知る事が最も理解しやすいことだと思われます。そして私がその観点から選んだのはルカ13章から15章にかけてのイエス様の言行録です。ここは他の福音書にはない、ルカ独自の記事が多いのです。
 
「ああ、エルサレム、エルサレム。預言者たちを殺し、自分に遣わされた人たちを石で打った者。わたしはめんどりがひなを翼の下にかばうように、あなたの子らを幾たび集めよう
したことか。それなのにあなた方は、それを好まなかった。(ルカ13:34)」

めんどりがひなをかばうように、と言われたのは、本当に神様のお人柄、お気持ちがよく出ていると私は思います。時々それでもひながトコトコ、親鳥のそばから離れて行ってしまうのですが、そんな時の神様の気持ちはこれです。この後、神は独り子を十字架に架けて殺したイスラエルとエルサレムはついに滅ぼされてしまうのですが、どれほどつらいお気持ちになられたか、想像ができません。
 
ルカ15章に1匹のいなくなってしまい、羊飼いが残りの99匹を野原に残して、1匹の羊を見つけるまで捜しに出かける話があります。羊飼いたるもの、こんな愚かなことは決してしないことでしょう。1対99、どちらが大切でしょうか。
捜しに出かけるにしても、残りの羊をまさか野原にそのまま置いたりはいたしません。必ず野宿用の石囲いの中に残りを入れ、それから捜しに出かけることでしょう。安全でない野原にそのまま置き去りにしておくなんて、正気の沙汰ではないはずです。そして1匹の迷える羊が見つかると、怒り注意するどころか大変喜ぶのです。
どうも神の国は、この世の常識とはかけ離れているようです。イエスは次のように説明されました。「一人の罪人が悔い改めるなら、悔い改める必要のない99人の正しい人にまさる喜びが天にある」と言うのです。ここで言う「悔い改めの必要のない人」とは、自分を正しいとする人たちのことです。そのような人たちは、他者を裁いているからこそ、己を正しいとするのです。逆に罪人とは、迷った1匹の羊のように、不服従の結果の恐ろしい結末を迎えようとしている今、心から悔い改め、その助けを求めている人だと言えるでしょう。
 
今はひと昔前、教師をしていた時、いつも子ども達に尋ねていたことがありました。「自分はいい子だと思っていますか、それとも悪い子だと思っていますか」の問いに、ほぼ全員の子が悪い子の方に手をあげます。しかし高学年などになると、少しずつその割合が減っていくのです。自分の心の中ではなく、人と比べて自分が是か非か相対視するようになるからでしょう。
神は人の心の中を見られる神なのです。神の関心はまさにその人の心にあり、他者と比べてや社会的な位置などは関係ありません。幼い子をイエス様が言われた。「まことに、あなたがたに告げます。あなたがたも悔い改めて子どもたちのようにならない限り、決して天の御国には、入れません。」とは、まさにこのことです。
 
私たちの本当の敵は私たちの内にある、エゴ、自我です。自分を義とするために人をさばき、その刃で結局自分自身をも傷つけて苦しむのです。それはサタンに取り憑かれている自分でもあります。
さあ今、昔の幼かった子どもに戻って、自分の罪性を認め、救われなければならない者として神の前に悔い改め、白旗を掲げて神の子としていただきましょう。

2017年12月10日 (日)

哀れみを受け恵みをいただいて

ヘブル 4章16節 
ですから、私たちは、あわれみを受け、また恵みをいただいて、おりにかなった助けを受けるために、大胆に恵みの御座に近づこうではありませんか。

私たちの神は全知全能の神です。人類何十億の1に過ぎない私の、どんなこともご存知です。そんなビッグデータって信じられないとか、あり得ないと言う前に、人間の理解をはるかに超える、命と万物の創始者が神であるという信仰によってこれを知るのです。
 今となっては素晴らしい恵みですが、これは私が体験したことです。聖霊を受け新生した後、過去に犯したあらゆる罪を思い出しては悔い改める機会が、幾晩も続いたことがあったのです。私がすでに忘れていたこと、その一つ一つを思い出せられては、その度に私が悔い改めるのです。実は少々辛かったのですが、それが終わった時、ことごとく罪から解放されたような、一点の雲も無い青空のような喜びが全身に湧きました。
  この事はそれまでの霊的な状況を一変させました。それ以後私は悪霊に対し、霊的に怯えたり恐れることがなくなったのです。敵が私に取り付く取っかりが一切無くなったかのようでした。つまり霊的に完全に解放されたのです。
 さて私たちの神は全てを知っておられるのです。ですから二つの対応しかできません。逃げるか、それとも降参して神の前に進み出るかです。逃れようとするならば神を悲しませ、己の罪を増し加えるだけであるのは言うまでもありませんです。ですから観念して神の前に進み出、あらいざらい自分の罪を告白し、あわれみにすがるのが上策です。
 
 私たちの神さまとはどのような方でしょうか。私たちの告白に怒り、ひどいお仕置きをされる方でしょうか。まったく違います。神はその独り子を十字架に架けるほど私たちを愛してくださっているお方です。私たちが罪を告白し、悔い改めれば改めるほど喜び、愛を深めてくださる方です。これは理解が難しいことかもしれませんが、調子に乗って「もっとひどい己の罪を、主よ、さらに思い出させてください」と祈るほどでもあるのです。
 
 神は私たちの罪の告白に対し、ペテロが「何度まで赦すべきでしょうか?」主に聞いた時、「七度まで、などとはわたしは言いません。七度を七十倍するまで」と答えられた方が、どうして赦さないなどと答えられることがあるのでしょうか。

 神は愛です。慈愛とあわれみに満ちた方です。罪深い私をも造られたのが神であるならば、この正直さにあらわれる神への信頼を必ず、酬てくださる神であることを知りましょう。神は私を子として愛してくださるのです。
 さあ、神のあわれみの中に飛び込んで参りましょう。その計り知れない愛の中へ。

2017年12月 3日 (日)

十字架~その愛Ⅱ

ヨハネ  14章6節
イエスは彼に言われた。「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれひとり父のみもとに来ることはありません。
十字架は人間を愛してくださった、神の愛そのものです。しかし今日、多くのクリスチャンが単に罪の赦しだけに留まって、十字架の真の目的に達していないのは明らかです。
十字架の真の目的とはエデンの回復です。エデンとは神との親しい交わりが行われた所であり、一人の人の罪が全人類に及んだように、次には神の子一人によて罪から全人類を解放したのです。またそれは罪の無い状態にして、人に聖い聖霊さまを送るためでもありました。聖霊さまを通し、エデンの園が回復されるためでした。 永遠の命、新生、聖霊のバプテスマは回復の現れです。
 
聖霊降臨日以降、教会はすぐに大きな問題に直面 しました。十字架によって罪の赦しを受けても、園(交わり)が回復されない状態が生じたのです。聖霊の賜物を受けない
人々です。最初の例はピリポが散らされた先、サマリヤで起こり、次にアポロがエペソで教えた時にも起こりました(使徒8:14-17・19:1-7)。注意していただきたいことは、このことを使徒たちは重大な事とし、すぐに使徒を派遣しました。十字架の真の目的を損ねかねないからでした。Photo_3
しかし今日のキリスト世界では、残念ながらサマリヤやエペソで起きたことが全体に広がり、圧倒的多数派を形成しています。御言葉や祈り、預言などによって神が語られることを受け入れなければ、そこに交わりは存在できません。
 
私の体験
聖霊のバプテスマを何年も求め続けていましたが、いきなり受けたのではありません。初めに深い悔い改めがありました。私がワカサギ漁の話とか、野壺の話をしたことを覚えておられるでしょう。悔い改めの底で、神のあわれみが注がれたのです。聖日の朝のことで、神はご自身を現されたのでした。
 
 最初に異変に気づいたのは、礼拝へと車を走らせているとフロントグラスに、解読不可能な配列をした文字らしきものがぴょんぴょん跳ねていたのです。私の注意を惹きつけ終わると、その文字は並び替えてメッセージを伝えてきました。その時私はひどい自己卑下の状態でしたから、「わたしはあなたを愛している」「どれほどあなたを待っていたことでしょう」という内容に、最初は意味がわかりませんでした。思いもかけない一つの内容に、これが神からだと気づくのにも時間はかかりませんでした。体が震え、嗚咽が出ました。
 神が語られる、どんなに待ち望んだことであっても、実際にそれがある、神は現実に生きておられ、関わりを持とうとしてくださっている・・・・この時まだ聖霊のバプテスマを受けてはいませんでしたが、この瞬間から私の信仰は劇的に変わったのです。そして、神が生きているか、実際に存在されているのかどうかわからないような、これまでの信仰の教会にはもう二度と戻れないと言うこともわかったのでした。そうでないことを私は体験し、知ってしまったのです。
 
「神は愛」、それは十字架によって現され、聖霊に依って受け取る真実です。聖書は確かに神の言葉であり、誰でも受け取ることが出来るものですが、聖霊によって受ける時、御言葉は自分に適用できる生きた言葉、力ある言葉になります。そして聖書が説いているとおり、祈りと聖霊の賜物によって、私たちは神と深い交わりの中、自分を神に捧げ、聞き従って世での人生を歩むこと、つまり十字架の真の目的が達成できるのです。
 
皆さんは十字架の恵みを受け、祝福されました。この群れは聖霊の賜物を用いる素晴らしい教会です。教会の恵み、十字架の恵みをさらに受け取るために、受けている人も居ない人もさらに聖霊を祈り求めましょう。聞き従いを強めましょう。これは御心ですから、時が来たら神は必ず成就して下さることを信じましょう。

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »