フォト
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 弱さを誇る | トップページ | みこころを行う »

2018年2月25日 (日)

あなたが決めておられるように

詩篇 119篇149節
あなたの恵みによってわたしの声を聞いて下さい。主よ。あなたの決めておられるように、私を生かしてください。
 
「あなたが決めておられる」、このみ言葉は歌集「風のひびき」第三集に載った曲です。作った人に尋ねて、想像したように詩篇119篇のこの「あなたが決めておられる」ということばが曲作りの動機だったことを確認しました。この意味は、「私は自分の思う通りに生きたくありません。そうではなく、神様、あなたの計画に従って私を生かせてください」というもの。これは本当の神様を知らない人にとっては、実に奇異に思えることです。自分の人生を放棄し、他者任せにしたいなどと願う、そんなことはまともな人間のすることではないと思うのが当然です。
 
ここからが本番なのです。人間とは神によって造られた被造物です。造るからにはそれぞれに意図があって造られます。例えば陶器では同じ原料である土から、皿や茶碗、湯飲み、花瓶などに形作られます。みんな同じ一つのものであれば、意味がなくなります。しかし人は「隣の芝生はあおい」と言うように、Gods_plan_3 うらやむものです。それぞれに意図をもって造られた存在なのに、それには満足せず自分の目に良かれと思うものを求めます。しかしお皿がどんなにがんばってもコップのように水を蓄えることはできません。その結果、多くの人は不満の大合唱となっているのです。
 
神を信じた時、それまで出来損ないだと思っていた自分でしたが、そんな自分の為に十字架にまで架かってくださった神の深い愛がわかることで、人を羨み不満に思う心が消えて行きます。「私は神様が最善の意図をもって造ってくださった私」で、それが最善であることがわかったのです。神の愛ではじめて、自分を愛することができるようになるのです。ですから自分が生きたいようにしていたことを悔い改めた上で、自分と和解し、「あなたが決めておられるように、私を生かしてください」と、神に自分を捧げて生きる決心を神に捧げている歌です。と同時にそれが、自分にとって最善の人生であるという信仰の告白を捧げているとも言えるのです。

« 弱さを誇る | トップページ | みこころを行う »

神のみこころ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592434/66465159

この記事へのトラックバック一覧です: あなたが決めておられるように:

« 弱さを誇る | トップページ | みこころを行う »