フォト
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ウェブページ

無料ブログはココログ

« しもべは聞いております | トップページ | 神の国は何処に »

2018年3月25日 (日)

招かれた罪人

ルカ 5篇32節
わたしは正しい人を招くためではなく、罪人を招いて、悔い改めさせるために来たのです。


恵みは罪を知ること
良き君主は支配者でありながら民の声を丁寧に聞き、その訴えに耳を傾けます。しかしこれは、大変面倒で負担を強いられる困難なことです。しばしば私たちは、自分の体の暴君となって、自分の体の訴えを面倒くさがったり、丁寧に取り扱おうとはしません。例えば歯が痛いと訴えているのに、歯科医院は当然ですが、痛いからと遠ざけて、ますますひどくするようなものです。しかも一応の処置が済んでしまったら、その原因について反省せず、結局歯を失う人がなんと多いことでしょう。すべては体の声、訴えに耳を貸さないところから始まっているのです。

心の訴えも同じです。心がつらいとか、もう限界とか言っていることを聞こうとせず、無理な到達点を暴君のように強いているのではありませんか。これは己を高くしようとする高慢さのためです。サタンは自分も神のようになろうとして堕落しました。神によって造られたありのままの自分、本当の自分を受け入れないために起こるのが、心の病になることが多いのです。そんなに高望みをしなくても、私たちの永遠のいのちと国籍は天にあって、この世は単に仮住まいで寄留者に過ぎないのです。この世の価値観や欲望から解放されましょう。これは過ぎ去るものです。

本当の自分とは、愚かで実に罪深い存在です。高慢さがそれを受け入れては、向上できないと偽ります。切磋琢磨して己を磨かないと、自堕落で低いままだよと人をそそのかすのです。特に罪を認めてなったクリスチャンが、それでも真の自分を拒否して愛さないのは、そのように造られた天のお父様を拒むことと等しいことです。イエス様ご自身がこのように仰っておられます。
わたしは正しい人を招くためではなく、罪人を招いて悔い改めさせるために来たのです。

神はありのまま、罪深く弱い存在の私たち、病の人、力の無い子どもや女性、能力がなく貧しい人、このままで良いのです。この私たちを神は招いていてくださっているのです。罪がわからなければどうして悔い改めることができるでしょうか。それを十字架の愛で赦してくださる神に希望を見出せる私たちこそ、神に愛されその祝福を受ける存在なのです。自分に敵するのでなく、造ってくださった神に感謝し、かえって自分を愛することができることほど喜びはありません。

« しもべは聞いております | トップページ | 神の国は何処に »

神のみこころ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592434/66568983

この記事へのトラックバック一覧です: 招かれた罪人:

« しもべは聞いております | トップページ | 神の国は何処に »