フォト
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 十字架 | トップページ | 愛の中身 »

2018年7月22日 (日)

聖霊を悲しませない

エペソ 4章30節  【新改訳2017】

 神の聖霊を悲しませてはいけません。あなたがたは、贖いの日のために、聖霊によって証印を押されているのです。

この聖書箇所は昨日の聖書通読箇所です。「聖霊を悲しませてはいけません」とありますが、読まれての感想がございますか。
「ああ、中村牧師がよく言っていた御言葉、ここだったのか!」と気づかれた方?はい、その通りです。私が再々触れる大切な御言葉の箇所はここなんです。どうして大切なのか、説明をしましょう。

 端的に言って、「悲しませたくない」とは、親子とか兄弟のような相手との切っても切れない関係で生じる言葉であって、情緒的な言葉でもあります。たとえばニュースで知っただけとか、通りすがりだけの人に対してはあり得ない感情でしょう。

 そうです、「神の聖霊を悲しませてはならない」とは、何ものにも代え難い大切な関わり、交わりがあるので、その方の意思を無駄にし、背いてはいけないという自制が働くのです。たとえば私ですが、私は子ども時代から空想のストーリー作りに耽る癖があります。しかしその主人公は大抵、肉的にすぐれた力を持っていた者であり、そのサクセスストーリーが常なのです。以前、自分でその誤りに気づき、聖霊様からも注意されていたこともあって、そちらの方に行かないよう、止めるよう心がけています。

 朝一番は「聖霊様、おはようございます」と神様へ挨拶し、その祈り、交わりに入ることが重要です。朝一番の時間を、神の前に捧げることは信仰生活のポイントです。しかし夢うつつの中、妄想に耽ってそれを怠っていますと、最中や終わった後、聖霊様がひどく悲しまれておられることがわかるので、私は「神様、あなたをないがしろにしてごめんなさい」とひどく後悔するのです。

肉が望むことは御霊に逆らい、御霊が望むことは肉に逆らうからです。この二つは互いに対立しているので、あなたがたは願っていることができなくなります。」(ガラテヤ5:17)    

とある通りです。ですから「御霊によって歩みなさい」(ガラ5:16)「御霊に満たされなさい」(エペ5:18)

と、肉の自分を断ち切って、愛する神様が喜んでくださるように自分を向けるのです。これは神が大切なのか、それとも愚かにも肉の自分を選んで、十字架の神の愛をないがしろにするのかの選びともなります。

 私は自分がどれほど罪深く、なおかつ、神が私をどれほど愛してくださったかを知っていますので、パウロが「私は神の恵みを無にはしません」(ガラ2:21)と言っている通り、二度と神様を悲しませたくないのです。

« 十字架 | トップページ | 愛の中身 »

聖霊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592434/67006298

この記事へのトラックバック一覧です: 聖霊を悲しませない:

« 十字架 | トップページ | 愛の中身 »