フォト
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 主は心を見る | トップページ | 神との交わり »

2018年9月 2日 (日)

感謝

エペソ5章20節     新改訳2017

いつでも、すべてのことについて、私たちの主イエス・キリストの名によって、父である神に感謝しなさい。

「感謝する」
信仰との関係 神様は私たちを愛し、私たちと交わりたいがために、十字架と復活、そして信じる者に聖霊を与えてくださいました。聖霊は私たち人に送られますが、それは神なる聖霊様を通して、私たちが交わるためなのです。ですからCaki
交わりが神様の究極的な目的なのです。

表裏一体 ではその交わりは信じる信仰から始まります。分かり易くするために、いささか乱暴ですが、ケーキに喩えてみましょう。ケーキはスポンジと呼ばれる台と、その上に生クリーム、最上層にイチゴなどのデコレーションが乗ってケーキになります。差し詰めスポンジ部が信仰、生クリーム部が感謝、デコレーションは賛美でしょうか。信仰と感謝は表裏一体のものですし、賛美はそれを高らかに歌いあげるものです。

ただ感謝する このように見ていった場合、信仰が一切無報酬で、人間の努力も清さも必要とされなかったように、感謝もこれをしたら何か恵みを得られるだろうというような下心があってはならないのです。ただし、信仰は「ただ信じる」ということが唯一の条件でした。感謝も、自分自身に希望を失う絶望的なことになれば、それこそ神にのみ希望を持て生きる決心のチャンスです。
 「人間的な判断はせず、神様が許されたことのゆえにすべてを感謝する」、この絶対的な肯定が感謝のポイントです。例外は一切ありません。この上に立つ賛美は、ですから感謝の麗しいシンボル、デコレーションだと言えるでしょう。

神を確信する 神の愛は無償の愛~道徳の教科書「お母さんの請求書」(※子どもがお使いなどをお金に換算し母に代金を請求し、それを読んだお母さんが子どもに代金とお母さんの請求書を渡した話)を朗読。人間の親ですら我が子を愛します。まして神は、さらにすぐれた愛を私たち信じる子にくださっています。自分の感覚からではなく、聖書に書いてある神のことばと約束を信じましょう。そして約束を大いに声高らかに感謝しましょう。

« 主は心を見る | トップページ | 神との交わり »

信仰」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592434/67143755

この記事へのトラックバック一覧です: 感謝:

« 主は心を見る | トップページ | 神との交わり »