フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« エルサレムの平和のために祈れ | トップページ | 癒やし »

2018年10月14日 (日)

試練

黙示録 3章10節     【新改訳2017】
あなたは忍耐についてのわたしのことばを守ったので、地上に住む者たちを試みるために全世界に来ようとしている試練の時には、わたしもあなたを守る。

 聖書日課に黙示録の終わりが近づいていますが、何となく腑に落ちない点というのがあります。それはキリストの再臨時、反キリストや偽キリストはゲヘナに落とされるのに、その首領のサタンは千年王国の終わりまで閉じ込められ、最後の最後にまたサタンを解き放って人々を惑わせることです。「神さま、あんまりじゃございませんか」とまでは思いませんが、「どうしてでしょうか?」と思うわけです。

それで、つれづれ祈り導かれながら諭されてたことに、神の陣営は聖であるということです。聖なる存在は、神に背く働き、つまり人々を惑わしたりすることができないのです。それでサタンを残し用いるのです。千年王国の時代はちょうど今とあべこべで、キリストが王の王となり、キリストに従って復活したクリスチャンが地上の支配者となる千年間です。そうなると、よほど反抗的な人以外の、地上のほとんどの人がクリスチャンになることでしょう。しかし本当に心から信じているかどうかは、今と逆の時代だからこそどうしても今以上に、試練という試しが無ければならないのだと示されたのです。

ではどういうことになるでしょうか。どんな時代であっても、試練は必ずあるということです。なぜなら、血肉の体を持つ私たちの今の使命は、証人としてです。このことはルカ24:48 使徒1:8、1:22、32などに明記されています。その証人が試練の時に、自分の血肉の命を惜しみ、御名を否んで獣の像を拝んだのでは証人としての使命の放棄であり、かえって人をつまずかせることになります。そのような者は皆ゲヘナへ落とされる黙示録19:20、20:4と聖書でははっきり書かれています。

使徒1:8 「しかし、聖霊があなたがたの上に臨むとき、あなたがたは力を受けます。そして、エルサレム、ユダヤとサマリアの全土、さらに地の果てまで、わたしの証人となります」
黙示録3:8 のフィラデルフィア教会でのわたしのことばを守り、わたしの名を否まなかった」ことに対してです。

結論として私たちは弱い存在ですから、高木仙右衛門のように、弱さを自覚し、証人としての使命を全うできるよう神に祈り求め続けましょう。神だけが希望であり、頼りです。「主よ、私は弱い者です。ですから主よ、その時、あなたの名を否まない力を主が与えてください」と。そしてこの祈りは必ず聞き届けられると私は信じます。

« エルサレムの平和のために祈れ | トップページ | 癒やし »

試練」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592434/67299431

この記事へのトラックバック一覧です: 試練:

« エルサレムの平和のために祈れ | トップページ | 癒やし »