フォト
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 恐れとゆるしについて | トップページ | 悔い改めなさい »

2019年6月30日 (日)

聖書と信仰

Ⅱペテロ 1章20~21節
ただし、聖書のどんな預言も勝手に解釈するものではないことを、まず心得ておきなさい。                       預言は、決して人間の意志によってもたらされたものではなく、聖霊に動かされた人たちが神から受けて語ったものです。
   【新改訳2017】
私たちの群れは、キャンプやネットを介し、横の連携は非常に進んでいます。ただ縦糸に横糸が織られて布ができるように、縦糸も大切です。私たちの歴史は1984年4月前後からよく語られていますが、さかのぼって私たちの教会が使徒の時代から今に至る、聖書に最も忠実な教会であることを確認しましょう。

キリスト教会の歴史は使徒の時代以降、大きく四つの時代に分かれます。どの時代でも霊的な教会から始まり、聖霊を失ってすたれ、また聖霊の新たな流れが起きる繰り返しです。

まず、初代教会は私たちとまったく同じような聖霊のバプテスマや異言などの聖霊の賜物を用いる教会でした(使徒8:14-17,19:1-7)。ところがローマ帝国の公認となり、国教となって<1>カトリックと正教という千年にわたる東西教会時代、ひどく形骸化が進みました。そのため、聖書の姿に帰ろうと16世紀に<2>プロテスタントが誕生したのです。そのプロテスタントも当初の聖書中心から逸脱し、次第に進化論を受容し聖書を人間的な理解で解釈する教会が増えてきました。そこで「聖書は神の霊感によって書かれ、誤りのない神のことばである」とする<3>福音派が分かれ出て、原典に忠実な新改訳聖書までできました。私たちのP牧師はこの福音派で信仰を持たれたのです。

しかしこの福音派も聖霊の働きに関しては不十分でした。聖霊の賜物などは「すたれた」と主張しますが、その根拠とする1コリント13:8以降の「すたれ」は、「完全なもの」「顔と顔を合わせて見る」とあるキリストの再臨のことを指しているからです。つまり聖霊のバプテスマや、聖霊の賜物は今もあるとしているカリスマ派の教会が初代教会に最も近いのです。
この流れは1906年、ロスのウィリアム・J・シーモア牧師によってはじまったリバイバル運動が起源であり、K・クールマンへ、さらに日本の新井牧師に、最終的にはその副牧師であったP牧師の1984年へとつながって今日があるのです。

教会の歴史を見ますと、教会が成長し、成熟すると聖霊が失われて形骸化し、それがまた新しくされるというサイクルがありました。今私たちはその最終ランナーとして召されています。この重大な責務を今自覚しなければなりません。また神は必ず私たちを通してみ心のリバイバルを起こされることでしょう。ですから私たちはいっそう聞き従いを強め、用いられるよう祈って行かなければならないと示されるのです。

« 恐れとゆるしについて | トップページ | 悔い改めなさい »

聖書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 恐れとゆるしについて | トップページ | 悔い改めなさい »