フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« みこころの祈り2 | トップページ | 驚くべき逆説 »

2019年9月15日 (日)

聖霊のバプテスマ

使徒の働き 19章6節    新改訳2017
パウロが彼らの上に手を置くと、聖霊が彼らに臨み、彼らは異言を語ったり、預言したりした。

 バプテスマには水のバプテスマと聖霊のバプテスマがある。初代教会では、ペンテコステ以降、聖霊のバプテスマを受けていることは当然視されていた。今日に至って二つの異邦人の例(※使徒8:5-17,18:24-19:6)のように、水のバプテスマしか知られていないのは、それだけ現代が不信仰な時代であることを物語っている。

  聖霊のバプテスマは価値観が180度変わるものであるから、どんな人にとっても二つのバプテスマは人生最大の出来事である。そのように自身が変わっていなければ、それは聖霊のバプテスマとは言えない。疑い深い者から確信を抱く者へ、神に属する者へと。それは愛と光の中、魂が揺さぶられる感動と、神は生きておられた歓喜に満たされる時である。

 聖霊のバプテスマを受けた人には、異言や預言、癒やしなどの聖霊の賜物が現れるが、それらは神の栄光の現れであって、決して本人のものではない。もし、聖霊のバプテスマを求めている人の中に、自分がそれによって引き上げらる期待が混じっていたならば、どんなに祈り求めたとしても、引き続き訓練を受けざるを得ないだろう。その人の信仰は、信じてピリポに従っていたサマリヤの魔術師シモンと、それほど変わらないからだ。

 次に聖霊のバプテスマはあくまで神の主権で注がれるもので、権威ある指導者や高名な牧師に期待して的外れに近い。受けたとしても、執り成しは否定できないが、基本たまたま神の時であっただけであろう。神からのものを「あなたは受けています」と人が言えるはずもない。

  ではどうしたら受けられ、注がれるのか? そんなことが人間の私に答えられるはずがない。ただ、その証によって知見するのみだ。ある方は信仰書を読んでいて、ある方は自分の罪に打ちひしがれ、生きる希望を失ったその時に、と様々である。共通しているように見えるのは、自分に望みを失い空しくなったり、己の罪がわかって心から悔い改めていた時だろうか。その人の中で、神が主とされるべき時と言うべきだろうか。

 聖霊のバプテスマは私はエデンの回復だと思わされている。またこれを受けないと、真の献身は困難である。罪以前の神との日々の親しき交わりがその中身なのだ。実の子のように、「アパ父よ」と呼びかける自分にも驚くようになるだろう。三位一体についても理解が増す。バプテスマのヨハネが言った通り、神と交わり、神から来るのでなければ、私たちは何も出来ないのである。

✝ヨハネ3章27節 新改訳©2017
ヨハネは答えた。「人は、天から与えられるのでなければ、何も受けることができません」 

« みこころの祈り2 | トップページ | 驚くべき逆説 »

聖霊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« みこころの祈り2 | トップページ | 驚くべき逆説 »