フォト
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2019年10月 | トップページ

2019年11月

2019年11月24日 (日)

神の国はあなたのただ中にある

ルカ 17章20-21節   【新改訳2017】
パリサイ人たちが、神の国はいつ来るのかと尋ねたとき、イエスは彼らに答えられた。「神の国は、目に見える形で来るものではありません。
『見よ、ここだ』とか、『あそこだ』とか言えるようなものではありません。見なさい。神の国はあなたがたのただ中にあるのです。」

 この「神の国はあなた方のただ中にある」と言う言葉は私がごく若い時から大好きなところでした。ただ頭では理解できていても、実際には意味不明な難解なところでもありました。皆さんでも、<ただ中>ってどこだと思われますか?
 水のバプテスマを受けると、聖霊が内住されることはわかります。しかしながら「神の国は、この中のどこのにあるんだ?」と自問自答が残るんですね。頭の中?いやハート??の中?とか。何となく漠然とした理解、把握のままではないでしょうか。

 ところで今回、そんな風に具体的なところばかりを考えているうちは、絶対にわからない(笑)ことが示されたのです。というか、それで納得したのです。神の国とは聖霊様の居られるところです。私の此所(ここ)、とか、あそこに、ではないのです。では、聖霊様は内住していらっしゃるはずですが、私のどこにいらっしゃるのでしょうか?

 たいせつなことは、聖霊さまはわたしのもの、所有しているものではありません。この罪深い者が罪に気づき、悔い改め、この私を十字架で愛してくださり、罪を赦してくださって聖別された上で、聖霊さまが私の中に入って来て下さります。そしてその方に私は私自身を献げ、私の首座にすわっていただく時はじめて、神の国が私のただ中に現出します。

 つまり私は神の国は、私たちが祈りを通し、神を求める心の中に、その応答として聖霊様との交わるうちにできている、と理解できます。それで神の国を私たちが求めても、なかなか得られないのは、おそらく「本気で求めていない」ためです。

 神さまは神さまの御人格をお持ちです。わたしたちがたとえどんなに幼かろうと、真剣に神を求め、心から呼ばわるなら、神は必ず答えてくださります。しかしその逆に、祈ったとしても、それはただ「自分の望んでいること」だけの答えしか期待していないような祈りとか、ただ習慣と惰性で祈っているならば、それは答えられないのです。心の王座を明け渡していなければ、そのような結果になります

 ですから神の国はどこにあるのか? それは信じる者の心の中にあるのではなく、正しくは現れるものです。自分のもののように理解してはいけません。ですから問題は私たち側にあります。試練や困難を通し、私たちが心からの自分を明け渡し、献げるように導いておられるのは、この恵みの場に招きたいがためなのです。そして私達が心の奥底から求めるなら、神の国は私たちのただ中に、確かに見出されていくでしょう。

2019年11月17日 (日)

永遠のいのち

ヨハネ 12章24-25節  【新改訳2017】
まことに、まことに、あなたがたに言います。一粒の麦は、地に落ちて死ななければ、一粒のままです。しかし、死ぬなら、豊かな実を結びます。
 自分のいのちを愛する者はそれを失い、この世で自分のいのちを憎む者は、それを保って永遠のいのちに至ります。

これはある老人施設での利用者たちの会話だそうです。「いろんなことが不自由になった。家では家族に迷惑をかける厄介者だ」「早く死んでしまいたいのに、自殺も出来ないし」。
かつては社会の一線でバリバリ働いておられた方たちでしょうが、この会話が実情です。

私たち人間が、血肉の体だけでなく、霊的な存在でもあること、目に見える結肉の存在が実は霊的な、つまり永遠の世界の前段階に過ぎないことを、もしこの方たちがご存知でしたら、こんな会話には決してならなかったはずです。

実際、世での希望を失いますと、人は普通、光を失い、生けるしかばね状態になります。私も五十代のはじめにそれを体験しました。家族を失い、出世を諦め、介護していた母まで施設に入ってしまうと、「壊れていく」自分がありました。人間は心で生きている、人と人との支え、関わりで生きている、それは失ってみないとわからないものでした。次に来るのは虚しさ、自己破壊の願望です。

しかしほむべきかな、私たちクリスチャンには永遠のいのちへの希望があります。たとえ世での希望や伴侶や親族を失っても、ますます希望が強まり、光り輝くのです。ダニエル書(ダニ12:1-2)を見てみましょう。人はよみがえって、永遠に天国かゲヘナのどちらかの国に行くことを、旧約の人であるダニエルははっきり知っていたのです。

本題に入りましょう。イエス様に、ある富める若人が「先生、何をしたら、永遠のいのちを受け継ぐことが…」と質問したのは当然です。義になる行いだけでは、隣人愛を行う力が無いからです。十字架による愛がなければ、人は自分を救うことも、他者を愛する力も得られないからです。

さて、永遠のいのちはどのようにして得られるのでしょうか?もちろん、主イエス様の十字架を信じることです。しかしそれと同時に、本当に信じていなければなりません。髪の毛の数さえ数えられている神を、人がごまかすことは全く不可能です。本当に信じることとは、代価を払って買い取ってくださった神の愛に、自分の全てを差し出すことです。「一粒の麦、もし死なずば多くの身を結ぶべし」とはこのことです。死ななければ、本当に信じたことにはならないのではないでしょうか?

皆さん、それも自分の力ではできないことです。ですからクリスチャンとは絶えず、そのことを神に祈り求め続ける存在なのです。つまり祈る人、それが私たちの永遠のいのちそのものだと言っても過言ではないはずです。

2019年11月10日 (日)

新年度年間聖句

    ✝Ⅱ歴代誌 20章15・17節  【第3版】
彼は言った。「ユダのすべての人々とエルサレムの住民およびヨシャパテ王よ。よく聞きなさい。【主】はあなたがたにこう仰せられます。『あなたがたはこのおびただしい大軍のゆえに恐れてはならない。気落ちしてはならない。この戦いはあなたがたの戦いではなく、神の戦いであるから。
 この戦いではあなたがたが戦うのではない。しっかり立って動かずにいよ。あなたがたとともにいる【主】の救いを見よ。ユダおよびエルサレムよ。恐れてはならない。気落ちしてはならない。あす、彼らに向かって出陣せよ。【主】はあなたがたとともにいる。』」

 今年度も縦糸と横糸を織るようにして、私たちの教会なりの年間聖句講解を試みたいと思います。まず縦糸の歴史ですが、二つに分裂した王国の内、北イスラエルは初代王からずっとバアルの神々に翻弄されました。しかし南のユダは神によって何とかダビデのケ血筋と信仰が曲がりなりにも守られて行きます。

 本日の聖書箇所ユダのヨシャファテ王はレハブアム-アビヤ-アサと続く四代目です。古代からの交通の要衝であったこの地は、周辺国やエジプトなどから絶えず侵略される運命にあった地でした。信仰深かった父アサ王の時代にもクシュの百万の大軍が攻めて来たのですが、この時神の力に依ってアサ王は圧倒的な勝利を得ました。ヨシャファテはそれを目の当たりにしていたはずです。ヨシャファテの代になって、イスラエルのアハブ王がアラムとの戦いを始めようとした時、預言者ミカの真の預言が成就するのも体験しています。その後ユダをとり囲んでいた図の周辺三ヵ国が、結託してユダに大軍で攻め来たという、国家存亡の大ピンチが今回です。しかしこれらの国はイスラエルとはアブラハムの甥ロトの末裔であったり、ヤコブの兄の子孫ですから、カナン占領の折には戦いを避けた、いわば身内の国々だったのです(2歴20:10)。

 聖句の中心は王が「心に決めて【主】の助けを求め、ユダの全土に断食を呼びかけた」こと、そして王の求めに応じ「ユダのすべて町から人々が来て、【主】を求めた」ことにあります。問題を人間的な力で力や交渉で解決しようとするのではなく、ただ信仰に求めたこと、その国家単位での信仰が義とされたという点が非常に大切な点です。

 次に第二点として今日私が特に示されているのは、この三カ国がユダを攻めること自体、欲に目がくらんで同族の恩を仇で返すような、神の道に背くことであることであって、これをもってヨシャファテ王が「彼らをさばいてくださらないのですか」(20:12)という祈りとなったのは当然でした。義なる神はこれに答えられ、ヤハジエルを通して「これは主の戦いである」「主の救いを見よ」とされたのは、裏切ったとはいえ親族争いに直接手を出させないようユダを守られ、義を持って裁かれたのが見落とせない第二の点です。

 第三の点として吟味があります。父アサ王時代クシュとの戦い、ミカが預言したアラムとの戦い…これらを通し、ヨシャファテ王は瞬間的にハジエルの言葉が神からだとわかったのです。もし吟味を間違って現実的な選択をしたら…それはまったくお話にならない悲惨な結果になっていたでしょう。神を信じていても、実際に神と交わっていないなら、このような吟味は出来ません。この三つが今年度年間主題理解のポイントです。

2019年11月 3日 (日)

召命

使徒26:16-18   【新改訳2017】
16 起き上がって自分の足で立ちなさい。わたしがあなたに現れたのは、あなたがわたしを見たことや、わたしがあなたに示そうとしていることについて、あなたを奉仕者、また証人に任命するためである。
17 わたしは、あなたをこの民と異邦人の中から救い出し、彼らのところに遣わす。
18 それは彼らの目を開いて、闇から光に、サタンの支配から神に立ち返らせ、こうしてわたしを信じる信仰によって、彼らが罪の赦しを得て、聖なるものとされた人々とともに相続にあずかるためである。』

本日の聖書箇所はパウロが神からの召命を受けた箇所です。召命とは使徒26章17節に神から「わたしは、なたをこの民と異邦人のなかから救い出し、彼等の所に遣わす」とあるように、神がダマスコ途上でパウロを救い出し(deliver=解放し)たのは、迫害の先頭に立っていた者こそ、もっともその誤りを是正でき、頑な民に対する適任者として、パウロを遣わす (send=送り出す)というためでした。

このような例はたくさんります。かつて学生運動の先頭に立っていたリーダーの学生が、なんと政治的には真反対の新聞社に入社したことがありました。私は三十年近く、聖書中心主義を標榜しながら、聖霊の働きと奇蹟を否定する、いわゆる福音派の教会のただ中にいました。世的な方法の術を用いながら、どうして教会がこれほど力が無く、信仰が無いのか、いつも憂い続けていたのす。しかし周到な神の計画によって、私は忌避していたカリスマの教会の牧師になりました。それはちょどパウロがどのような迫害を受けようと、ユダヤ人の救いを心から願い続けたように、私もまた福音派の問題をことさら指摘するのは、彼等が真の神と出会えるよう心から願っているためなのです。

さて召命とは使徒9章17節にもありますように、「聖霊に満たされる」ことが土台になります。第一、パウロのような大きな出来事でも無い限り、神の声は聖霊のバプテスマなど聖霊様との交わりが開通していなければ聞こえないことでしょう。また、神は用いられる人個人についても、用意周到に準備されます。モーセはパロの家で育てられました。パウロは当代随一のラビ、ガマリエル門下で律法の専門家となっていました。それとどうようなことが召される人、お一人お一人にあるはずです。ですから召命を受けたその瞬間に、その通らされた道から、自分の人生はこのための人生であったことが大方、悟るはずなのです。
また聖霊の賜物についても、私には次のように示されています。神は、召命に伴って必要な力、預言者には預言の賜物を、伝道者には奇蹟の賜物をなど、それぞれに必要な神の賜物を与えてくださるのです。したがって聖霊の賜物は各人がほしいと思うようなものを願って与えられるものでなく、神の計画、使命を遂行していくために与えられる性質のものなのです。勘違いをしてはいけないと思うのです。

最後に「神の賜物と召命は、取り消されることがない(ローマ11:29)」のですから、与えられた確実な使命は、この世での命が尽きるまで、離さず全うできるようにしましょう。

« 2019年10月 | トップページ