フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月

2019年12月29日 (日)

神のお人柄

ヨハネ14章26節    【新改訳2017】
しかし、助け主、すなわち、父がわたしの名によってお遣わしになる聖霊は、あなたがたにすべてのことを教え、わたしがあなたがたに話したすべてのことを思い起こさせてくださいます。

 昔、各地のクリスチャンが集まって親しく話をする機会がありました。その時感じたのは、「神を信じる者が十人いたならば、それぞれ十人十色の信仰と神様観があるんだな」という感想でした。確かに神は人間の理解を超えた存在であって、「群盲象を評す」とその時は思ったものです。

 しかし、三位一体なる神は唯一であり、十人各々の異なる神がおられるわけではありません。多くの人の聖霊のバプテスマ体験を聞くなら、多少の相違はあっても、弱さを知り悔い改め、神に自分を明け渡す不思議な特徴があり、たましいの奥底を揺さぶられるその証しからは、間違いなく同じ神であることがわかるのです。

 さて、あるクリスチャンの神様観は「義なる神で、厳しい裁きをされる怖ーいお方である」であったとします。そのクリスチャンは神に聞き従う忠実な者となりましたが、どうしても神の懐に飛び込むことができないのでした。逆にあるクリスチャンは、神はサタンにすでに勝利されているので、サタンなんか恐れるに足りずと侮っていました。ところがその侮りが自分の力を過信したり、神に対しても聞き従いが弱くなる一面があったのです。

 では神様って、どんなお方なのでしょうか? それには人となって来てくださったイエス様を知ることです。私の神様観はルカ七章の「罪深い女」の話に出る、赦しの愛がピッタリします。罪深い女は、その土地の名士であるパリサイ人シモンとは真反対の対応をイエスにしました。当時、迎え入れた客人に対してする、足洗いの水さえ出さなかったシモンに対し、この女は涙でイエスの足を洗い、自分の髪の毛でぬぐい、その足に口づけをして香油を塗った(38節)のです。女の対応にイエスは【多く赦された者が、多く愛する】と言われたのです。多く赦された自分の罪がわかる、これが私の神観のポイントです。

罪の増し加わるところに、恵みも満ちあふれました   (ローマ 5章20節)とあります。
神はなぜ、放蕩するとわかっていても弟息子に放蕩を許されたのでしょうか? 自分を知らせ、悔い改めさせ、真の父の愛を知らせるためでした。本当の心は、赦されなければならない心から生じるのです。自分の罪深さを知ることは、神の赦しと愛がわかり、神に喜んで自分を捧げるようになります。
 エデンの園の中央に、わざわざ置かれたのも、放蕩を許されたのも、すべては神が私たちの本当の心を得られようとしている証左です。そこまで神は私たちをお求めなのです。この愛に、私たちは真に生かされるのです。

2019年12月22日 (日)

自由意志

創世記 2章9節   【新改訳2017】
神である主は、その土地に、見るからに好ましく、食べるのに良いすべての木を、そして、園の中央にいのちの木を、また善悪の知識の木を生えさせた。

○罪~ 蛇に惑わされたと言っても、別に強制されたわけではありません。人は神の「食べると死ぬ」と言う戒めより、自分の見た目や、何より「神のように賢くなれる」欲を優先したのです。日頃あれほど親しく交わっていた神を信じず、従わず、自分の考えや判断を正しいものとしたのです。サタンと同じ、「神のようになる」という高慢が罪の正体なのです。

○疑問~ 一点だけ気になるのは、神はなぜ、どの木からも取って食べて良いと言われたにも関わらず、わざわざ中央に恐ろしい木を置かれたのでしょうか? 人間の親ならそんな危険なものを置いたりはしません。神は意地悪いお方なのでしょうか?
 そうではなく、放蕩息子のように、愛すればこそ、選択という自由を与えられたのです。さらに神には、イエス・キリストという救いの計画がありました。禁断の木の実は「神を信じ、従う」しるしでした。結局人は罪を犯しましたが、それは罪の只中から、自分たちが救われなければならない存在であることに気づかせるためです。悔い改め、二度と高ぶらせない計画が神にはお有りだったのです。
 十字架によって、アダムの罪は完全に贖われ、聖霊によって、人は真の自由を得て恐れることなく、御前で神と交わる、神との関係はこうして回復されて行くためでした。

○アダム~ このことをパウロは、最初のアダムと最後のアダムとして説明しています。最初のアダムは土で造られ土に帰りましたが、最後のアダムは天からのもので、乙女マリヤから生まれました。つまり最初のアダムは、最後のマダムであるキリストの雛形でした(ロマ5章中ほど)。天からのキリストによって、私たちは永遠の天の相続者となり、信じる者の霊は天に帰り、新たなからだを得るのです。
 キリストによって永遠のいのちを得たのであれば、たとえ何があってもこの恵みを失うわけにはいきません。「最後のアダムはいのちを与える御霊となりました」(1コリ15:45)

○交わり~ 真の交わりとは権威と秩序の下、一つの目的のために、互いの個性と感性から意見を出し合うことを言います。自由意思と個性を持った兄弟姉妹同士でなければ、そんな交わりにはなりません。私たちは神の子どもです。子どもならば恐れずに父のみ前で、自分の考えを言うでしょう。神は妬まれるほどに、そのような霊をお求めなのです。

 

 

2019年12月15日 (日)

信仰義認

ガラテヤ 2章19-20節    【新改訳2017】

しかし私は、神に生きるために、律法によって律法に死にました。私はキリストとともに十字架につけられました。
もはや私が生きているのではなく、キリストが私のうちに生きておられるのです。今私が肉において生きているいのちは、私を愛し、私のためにご自分を与えてくださった、神の御子に対する信仰によるのです。

 ユダヤ人は律法の完成形であるイエスのことが、どうしてもわからない?
すでに割礼を受け、神の民であることを疑わないユダヤ人がメシアニックにはなっても、クリスチャンにはなりきれない最大の理由は、ただ信仰のみにて義とされるパウロの教えが、彼らにとってユダヤ人であることを否定するに等しいからだった。この信仰義認を明らかにしたのは、ラビたちの中でも最優秀であったガマリエル門下で、その最も優れ、実践者でもあったパウロその人だった。ダマスコ途上でイエスと出会い、その後アラビアで神と何年も一人神と向き合ったパウロは、おそらく律法の真の目的などの啓示を直接神から授けられたものと推察されるのです。
 こうしてキリスト教の土台、信仰義認はパウロを通して確立され、ユダヤ人から見れば律法の立役者になるはずの人物が、律法の最大の破壊者に転向したと思えたことでしょう。けれどもパウロにとって最も手強い敵は、教会という内側にいるイエスを信じたユダヤ人でした。何故でしょうか?

 ガラテヤ書を見る限り、パウロが多くの労苦と共にガラテヤの諸教会を建て上げたのに、まるでその跡を追うように、ユダヤ人クリスチャンが諸教会を回って惑わして行ったようです。おそらくアンテオケやエルサレム教会などでパウロの報告聞いた人々だったと思われます。彼らは信仰義認を理解せず、救われるためには割礼を受け、ユダヤ人にならなくては救われないと言うユダヤ主義者たちでした。なぜならユダヤ人にとって、異邦人は汚れており、天国に行ける存在ではなかったからです。彼らにしてみれば、救いを完全にするための親切でしたことでしょうが、とんでもない惑わしをしたことになります。

 このユダヤ人クリスチャンのユダヤ主義はエルサレム会議で解決できたはずでしたが、実に根深く、その後も使徒ペテロなども影響されてしまうほどでした。ユダヤ主義のこの根深い源泉は、教会発祥の母体、神殿のあるエルサレム教会でした。エルサレムに住む限り、信仰義認の教えに同調するなら、たちまち異端として追い出されたことでしょう。

 エルサレム教会は紀元70年にエルサレムと共に滅びましたが、こうしたことからもわかる様に、信仰義認はユダヤ人から異邦人に受け入れられ、全世界に向けて福音宣教がスタートすることになりました。最後に一言、信仰義認とは神の恵み、哀れみに尽きる教理です。ですから信仰義認を信じる者は限りなく、謙遜に置かれます。天国への特権体質とはまったく異なるものです。

2019年12月 8日 (日)

御霊のからだ

Ⅱコリント 5章2節   【新改訳2017】
それなのに、あなたがたは思い上がっています。むしろ、悲しんで、そのような行いをしている者を、自分たちの中から取り除くべきではなかったのですか。

体の健康について、私は異常なほどの熱気というか執着を感じた機会がありました。メタボ予備軍になって、市の健康教室に参加した時のことです。その熱気に驚きながら、その時私は「ああ、血肉の体だけが唯一の希望なんだなあ」と悲しく思わさせられました。

 聖書によりますと、人は二つのいのちを持ったハイブリッド的な存在です。血肉の命と霊のいのちの二つです。血肉の体は限りあるものですが、霊は永遠の存在です。血肉の命がある間の選択で、永遠のいのち、霊の行き先が決まります。つまり血肉で生きてるということは、同時にこの選択の時間を歩んでいることになります。

 そもそも人は万物の創造の締めくくりに、神によって「神の形に創造された(創世1:2627)」存在です。エデンの園に住まわせられた時、人に全ての命の支配と、園の中央に一つの戒めを与えられました。これは神に聞き従うかどうかの、自由なる意思決定を委ねられたということです。同じ被造物であっても、天使には血肉の体も、自由意志も基本的には与えられていませんので、人が神を信じるなら、天使よりも高い存在なのです(ルカ4:10.ヘブル2:9-16)。

 地上での血肉の命を終えて天に行けば、「裸の状態でいることは」(2コリ5:3)はありません。ただ、この御言葉には少しの注意が必要です。つまり、携挙の際には、「まず、キリストにある死者がよみがえり」(1テサ4章16節)とありますので、殉教者のような特別に召された人以外には、その時までどのような過ごし方をしているのか不明です。いずれにしても携挙では、全員が御霊のからだを与えられることは確実です。

 ところで問題はそれまでの地上での生き方です。「肉体を住まいとしている間は、私たちは主から離れている」(2コリ5:6)のですから。逆に言えば私たちクリスチャンには主と一つになる希望があり、私たちのために神が用意してくださる天の住まいがあるのです(2コリ5:2)。今地上で困難に呻いていても、一時のことなのです。心からの願いは「 肉体を離れて、主のみもとに住むほうがよいと思っている」のです。

 この滅んでしまう血肉の体にしがみついている多くの日本人へ、あまりにも恵まれている者として、証し人しての使命を痛感します。

 

2019年12月 1日 (日)

愛を追い求めなさい

 ✝1コリ14:1  [新改訳2018]
愛を追い求めなさい。また、御霊の賜物、特に預言することを熱心に求めなさい

私たちの群れではこの聖句の後半《預言を熱心にもとめなさい》を土台として、主に関連する聖書箇所(中心はコリント第一)を元に預言を学び、セミナーや実践練習を積み重ねて来た。しかし最近は前半の《愛を追い求めなさい》にも光を当て、単に並列されて書き表されているだけでない、重要な預言の土台というものに再び光を当てている。 

図で表せば「愛」と「預言」の関係は右のようになる。つまり先ず愛が求められ、そのお器とか土台があっての後、預言することを熱心に求めるという順序というか、土台があっての預言ありきではないのかと言う点である。

<愛がなければ、騒がしいどらやうるさいシンバルと同じ><よりすぐれた賜物である愛がと20191201もなっていないのであれば、無に等しく>とあるように、このことは聖書にしっかりと押さえられていることなのではないだろうか。万が一この神の愛を受けずして、聖霊の賜物ばかりを求めるとしたら、サマリアで賜物を使徒たちから買おうとしたシモンの轍を踏むことになりはしないだろうか。

御霊の賜物はどうして与えられるのか、ということを考えるなら、それは「教会を成長させるため」である。それゆえに聖霊の賜物は教会のものであるし、その管理を受ける。教会の使命とは愛そのものの神の御からだであり、その信仰の継承と福音宣教が使命である。ここでも<愛>が中心である。賜物は教会のためにであって、自分のためには一切無いのである。

一般に「通り良き管」「神の器」とかいう言葉があるが、聖化に関しても私の思いでは、それはあったとしても管に付着する錆び、容器に染みつくシミみたいなものであって、それは決して管とか器が変えられてのものとは言い難い種類のものではないか、と。失礼ながら、時に剥がれ落ち、化けの皮が取れるような存在のものではないだとうか。私たちの本性は罪人であって、絶えず神に赦しを請い願い続け、聖霊さまに通っていただかなくては用を果たしているとは言えないはずだ。あえて言うなら管にも太り管と細い管とがあるだろうが、5タラントも2タラントも同じお褒めにあずかったように、それすらも御前で決して誇ることは出来ないものだと私は思える。徹底して悔い改め、謙遜、謙虚にこの血肉のいのちを全うして生きましょう。神の愛の組織である。

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »