フォト
2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 神の国はあなたのただ中にある | トップページ | 御霊のからだ »

2019年12月 1日 (日)

愛を追い求めなさい

 ✝1コリ14:1  [新改訳2018]
愛を追い求めなさい。また、御霊の賜物、特に預言することを熱心に求めなさい

私たちの群れではこの聖句の後半《預言を熱心にもとめなさい》を土台として、主に関連する聖書箇所(中心はコリント第一)を元に預言を学び、セミナーや実践練習を積み重ねて来た。しかし最近は前半の《愛を追い求めなさい》にも光を当て、単に並列されて書き表されているだけでない、重要な預言の土台というものに再び光を当てている。 

図で表せば「愛」と「預言」の関係は右のようになる。つまり先ず愛が求められ、そのお器とか土台があっての後、預言することを熱心に求めるという順序というか、土台があっての預言ありきではないのかと言う点である。

<愛がなければ、騒がしいどらやうるさいシンバルと同じ><よりすぐれた賜物である愛がと20191201もなっていないのであれば、無に等しく>とあるように、このことは聖書にしっかりと押さえられていることなのではないだろうか。万が一この神の愛を受けずして、聖霊の賜物ばかりを求めるとしたら、サマリアで賜物を使徒たちから買おうとしたシモンの轍を踏むことになりはしないだろうか。

御霊の賜物はどうして与えられるのか、ということを考えるなら、それは「教会を成長させるため」である。それゆえに聖霊の賜物は教会のものであるし、その管理を受ける。教会の使命とは愛そのものの神の御からだであり、その信仰の継承と福音宣教が使命である。ここでも<愛>が中心である。賜物は教会のためにであって、自分のためには一切無いのである。

一般に「通り良き管」「神の器」とかいう言葉があるが、聖化に関しても私の思いでは、それはあったとしても管に付着する錆び、容器に染みつくシミみたいなものであって、それは決して管とか器が変えられてのものとは言い難い種類のものではないか、と。失礼ながら、時に剥がれ落ち、化けの皮が取れるような存在のものではないだとうか。私たちの本性は罪人であって、絶えず神に赦しを請い願い続け、聖霊さまに通っていただかなくては用を果たしているとは言えないはずだ。あえて言うなら管にも太り管と細い管とがあるだろうが、5タラントも2タラントも同じお褒めにあずかったように、それすらも御前で決して誇ることは出来ないものだと私は思える。徹底して悔い改め、謙遜、謙虚にこの血肉のいのちを全うして生きましょう。神の愛の組織である。

« 神の国はあなたのただ中にある | トップページ | 御霊のからだ »

神の愛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 神の国はあなたのただ中にある | トップページ | 御霊のからだ »