フォト
2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 信仰義認 | トップページ | 神のお人柄 »

2019年12月22日 (日)

自由意志

創世記 2章9節   【新改訳2017】
神である主は、その土地に、見るからに好ましく、食べるのに良いすべての木を、そして、園の中央にいのちの木を、また善悪の知識の木を生えさせた。

○罪~ 蛇に惑わされたと言っても、別に強制されたわけではありません。人は神の「食べると死ぬ」と言う戒めより、自分の見た目や、何より「神のように賢くなれる」欲を優先したのです。日頃あれほど親しく交わっていた神を信じず、従わず、自分の考えや判断を正しいものとしたのです。サタンと同じ、「神のようになる」という高慢が罪の正体なのです。

○疑問~ 一点だけ気になるのは、神はなぜ、どの木からも取って食べて良いと言われたにも関わらず、わざわざ中央に恐ろしい木を置かれたのでしょうか? 人間の親ならそんな危険なものを置いたりはしません。神は意地悪いお方なのでしょうか?
 そうではなく、放蕩息子のように、愛すればこそ、選択という自由を与えられたのです。さらに神には、イエス・キリストという救いの計画がありました。禁断の木の実は「神を信じ、従う」しるしでした。結局人は罪を犯しましたが、それは罪の只中から、自分たちが救われなければならない存在であることに気づかせるためです。悔い改め、二度と高ぶらせない計画が神にはお有りだったのです。
 十字架によって、アダムの罪は完全に贖われ、聖霊によって、人は真の自由を得て恐れることなく、御前で神と交わる、神との関係はこうして回復されて行くためでした。

○アダム~ このことをパウロは、最初のアダムと最後のアダムとして説明しています。最初のアダムは土で造られ土に帰りましたが、最後のアダムは天からのもので、乙女マリヤから生まれました。つまり最初のアダムは、最後のマダムであるキリストの雛形でした(ロマ5章中ほど)。天からのキリストによって、私たちは永遠の天の相続者となり、信じる者の霊は天に帰り、新たなからだを得るのです。
 キリストによって永遠のいのちを得たのであれば、たとえ何があってもこの恵みを失うわけにはいきません。「最後のアダムはいのちを与える御霊となりました」(1コリ15:45)

○交わり~ 真の交わりとは権威と秩序の下、一つの目的のために、互いの個性と感性から意見を出し合うことを言います。自由意思と個性を持った兄弟姉妹同士でなければ、そんな交わりにはなりません。私たちは神の子どもです。子どもならば恐れずに父のみ前で、自分の考えを言うでしょう。神は妬まれるほどに、そのような霊をお求めなのです。

 

 

« 信仰義認 | トップページ | 神のお人柄 »

神の愛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 信仰義認 | トップページ | 神のお人柄 »