フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« クリスチャンは大抵はクズの集まり | トップページ | 信仰 »

2020年1月26日 (日)

みこころを確かめる

民数記 12章6節   【新改訳2017】
 主は言われた。「聞け、わたしのことばを。もし、あなたがたの間に預言者がいるなら、【主】であるわたしは、幻の中でその人にわたし自身を知らせ、夢の中でその人と語る。

 私たちの教会は、礼拝する場所に今、窮地に立たされていました。いつも礼拝していた施設が半分ぐらいの割合で使えなくなったのです。その上、借りていた教会事務所の更新も迫っていました。私たちは感謝する中、これには何らかの御心があると促しを感じ、聖会が終わった直後の1月12日、いつもの不動産屋さんに行って相談をしました。御心の礼拝場所、心から賛美できる地を求めて。

「心から神を賛美し、礼拝したい」そんな願いを言うと「そんな場所はあり得ない」と初めは取り合ってもらえなかったのですが、ある担当者が「一軒家で楽器可なら可能かもしれない」と助け船を出し探してくれました。そしてその物件がたった一つだけありました。

 問題は入居するための初期費用が、私たちの予算を大きく超えていた事でした。次に単に楽器可だけでなく、教会として借りる事、管理人として教会員家族が住む事など、こんな条件をOKしてくれるのだろうか、当初とても不可能と思えるばかりでした。

 そんな中、滅多に夢など見ない私が、数日経って不思議な夢を見ました。さらにそんな夢をどうした事か、早天の祈りの中で皆に語ってしまいました。その夢とは【ある薄暗がりの部屋に入ると、白っぽい猫が私のすぐ横にいました。「ええっ、猫がいる」と思ったのですが、さらに奥の方には、私の猫がいることに気づきましまた。それで「お前たち、仲良くしていたんだね」と私は言ったんだ……】そんな夢でした。

 この夢は1月16日(木)のことで、うっかりすぐの早天で話したのです。この話を聞いていた妻が突然「ええっ、白い猫!」と声を出して驚きました。直前のケパドルブログで、白っぽい地域猫の話題を取り上げたと言うのです。夢が解き明かされました。私が見た白い猫とは地域の人々のことで、その人々が私達と交わるようになるという示しだったようです。つまり今度の会堂は、そのように地元住民との交わりのために用いられる、と。

 これ以外にも管理人として住んでくださる教会員、初期費用が信徒全員の献金によって完全に満たされた事、関東予選会の賛美曲、貸し主がこちらの側の要望のすべてを受け入れてくれた事など、沢山の確認事項が与えられました。この度の移転は、私たちの祈りに応え、心から賛美できる礼拝を実現させようとする神の導きなのです。ハレルヤ!

« クリスチャンは大抵はクズの集まり | トップページ | 信仰 »

神のみこころ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« クリスチャンは大抵はクズの集まり | トップページ | 信仰 »