フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月

2020年2月23日 (日)

人を愛し尊重してくださる神

アモス 3章7節   【新改訳2017】
まことに、神である主は、ご自分の計画を、そのしもべである預言者たちに示さずには、何事もなさらない。

 聖書の学び(His Story)でアブラハムに対し、神が「わたしは、自分がしようとしていることを、アブラハムに隠しておくべきだろうか」と考えられたのですが、今でもまったく同じことを神はされ続けています。たとえば私ですが、人生の重大な事に関して選ばされたり、この後の人生についてもだいたいの展開は聞いているからです。ですからこのアモス書にある「ご自分の計画をそのしもべにである預言者たちに示さずには、何事もなさらない」に私はアーメンと全き同意をいたします。

 なぜ神はこのように人に過ぎない存在に、あらかじめ語られるのでしょうか。それは、たとえ結果は同じになるにしても、後で聞くのと先に聞くのとでは大きな違いがあるからです。事の起こる前に聞いているならば、心の動揺はなく、神の偉大さ、信仰を堅くするだけではありません、「私は尊重され神に愛されている」心が湧くのであって、あいしてくださる神はそのことをご存じだからなのです。

 ぼくしである私にとって、教会形成の上で譲れないものがあるとしたらこの点です。全てとは行かないでしょうが、教会にとって大切な案件において、私は可能な限り教会員に諮って合意を得てからにしたいのです。なぜなら上位下達は権力の支配を現し、天的ではないのです。神は人を友とし子として尊重してくださる神であって、愛がその本質です。権力をもって人を支配する存在とは真逆の方です。私たちの教会には神の愛が満ちているだけでなく、牧師が主イエスへの愛を持って「わたしの小羊を飼いなさい」の戒めを受けているからです。

 最後に、神はなぜここまで人を愛され尊重してくださるのか、それを少し学びたいと思います。ご承知のように、人は血肉の体を持つ有限なる存在ですが、神は天使たちに、人に仕えるよう命じられました。ただし天使が仕える人とは、イエス・キリストを真に信じた人々です。その人達には聖霊が内住しています。一方、天使は霊的な存在なので、物質的な体を持っていません。ですから聞き従うだけの存在です。しかし人は血肉の戦いに、十字架によって勝利を取り、サタンの縄目から解放された存在なのです。それ故、時が来たら超物質的な体の上に霊を持つ、御霊の体をもって神に最も近い存在として下さいます。

 以上の事から神の形に似せて造られた人とは、神に近い存在であり、命令に従うだけの存在ではなく、多様な個性と進んでみこころを行おうとする意欲に満ちた、神と交われる存在として創造されたことがわかります。従うだけの存在ではなく、神から愛され、交わる存在として創造されたのが、私たち人なのです。

2020年2月16日 (日)

霊的存在について

1ヨハネ 4章4節   【新改訳2017】
子どもたち。あなたがたは神から出た者であり、彼らに勝ちました。あなたがたのうちにおられる方は、この世にいる者よりも偉大だからです。

 霊的存在には神・天使・人と三つありますが、天使については堕天使という存在もあります。堕天使にはサタンとか悪魔とか呼ばれている元大天使と、その配下であった数多くの悪霊たち(元天使)がいます。サタンは神に造られた被造物の一つで有限な存在です。ですから、神のように多くの事を一度に処理できません。サタン的な多くの事柄は手下の悪霊どもの仕業になります。

 天使たちは神に忠実であって、御心を行おうとする人にも仕える霊(ヘブル1:14)ですが、サタンたちは逆に何とかして神の計画を妨害し、大勢の人の霊を自分たちの行く所に道連れにしたいのです。ですから彼らにとっては、特にクリスチャンを惑わし引きづり落とすことが彼らの最大の目標です。クリスチャンに迫害や困難が多いのは事実で、「神に従い、悪魔に対抗」して戦う(1コリ4:7)ことがクリスチャンに課せられているのです。十字架がサタンの勝利から一変して神の大勝利になったように、私たちは神によって、神の栄光を現していきます。このことは本日の聖書箇所である1ヨハネ4:4に明らかです。

 さて〈悪霊に憑かれること〉と、〈悪霊の攻撃を受けること〉はまったく異なる事です。クリスチャンが悪霊に憑かれることは基本的にほとんどありません。クリスチャンには聖霊が内住していますので、悪霊との同居は出来ないからです。ヤコブ 3章11~12節に
"泉が、甘い水と苦い水を同じ穴から湧き出させるでしょうか。"とある通りです。

 ですからもしクリスチャンが悪霊に憑かれたとするならば、次のようなケースでしょう。 一つは精神の病いになったケースです。これは過去の深い傷などから引き起こされるもので、最終的には悔い改め、信仰の強さ、神の勝利の栄光を現す事になります。
 もう一つは最初から信じていなかったケースです。敵が播いた毒麦は当初は判別が困難ですが、実りの時期にわかり、収穫の時期に神が選別し裁かれるのです。

 悪霊の特徴はなんといっても人を惑わす(だます)ことに執念を持っていることです。イブの時代から同じです。人の向上意欲を悪霊は巧みに利用し、地位、名誉、物の所有、権力などの果てしない欲望の追求に駆り立てるのです。要するに誇れる事はサタン的です。
 古今多くの戦争はこの類が原因となったように、自分を守ろうとすることでも、サタンは過剰な反応をさせて働きます。また悪霊は自分の正体がバレてはだますことなどできませんから、彼らは見事な詐欺師集団です。これと戦うためには、聖書と祈り、聖霊の実際的な助けによらなければなりません。

2020年2月 9日 (日)

十字架を負う

✝ルカ 14章28・33節   【新改訳2017】
あなたがたのうちに、塔を建てようとするとき、まず座って、完成させるのに十分な金があるかどうか、費用を計算しない人がいるでしょうか。
そういうわけで、自分の財産すべてを捨てなければ、あなたがたはだれも、わたしの弟子になることはできません。

 ルカ14章28-33節は、塔を建てるのにあらかじめ費用を計算しないで基礎だけで終わる愚を説いています。またどんな王でも、国の命がかかっている他の王と戦いの前に、勝敗を決する彼我の兵力を計算せずにはいられません。そのような「計算し見通す」ことを言いながら、引き続いて「そういうわけで」と「自分の財産すべてを捨てなければ(中略)弟子になることはできない」となるのか、理解がすんなりとできるところではありません。

 大事なことは聖書の前後と文脈を捉えることです。するとこの前節(25−27)では、ご自身に付き従っている大勢の群衆への警告がされています。なぜなら、イエスに従っている人々は全く別のメシア像を描き、現世の栄光と利を求めている人々だったからです。彼らの多くが望んでいたのは、驚くべきイエスの神の力をもってローマから自分たちを解放してくれるメシアでした。そのような栄光のメシアでなく、自分は受難のメシアであること、それはこの世のすべてを、命さえも捧げて従う道でした。そこを勘違いしないようにと警告されたのでした。

 つまり、それに引き続くこの箇所は、「キリストの受難と共にする弟子たる決心あり覚悟がありますか?」という問いかけになり、その上で、その決心をするならば、「自分の財産すべてを捨てなさい、そうでなければ無理です」と語られていることになります。

 しかしこれに引き続いての塩の話(34−35)は、当然この延長です。塩をクリスチャンと捉えるのが一般的かもしれませんが、私はクリスチャンの中でも「召し」を受けた人・・・つまり、牧師とかそのような指導的な立場の方のことであると私は理解します。全てのクリスチャンがここで語られているような、弟子的な信仰を持っているわけではありません。しかし神から召しを受けた献身者は別です。そのような献身者がその召しを失ったら、どうなるか、役に立たず、ただ投げ捨てられる存在になるだけなのです。そうならないように、召しは神によって十分に準備され、整えられて与えられることを私は知っています。神の導きは時にかなって最善なのです。人間的な思いを断ち切って、完全に全てを委ねて従い切りましょう。

2020年2月 2日 (日)

信仰

ヘブル 11章1・6節   新改訳2017
さて、信仰は、望んでいることを保証し、目に見えないものを確信させるものです。
信仰がなければ、神に喜ばれることはできません。神に近づく者は、神がおられることと、神がご自分を求める者には報いてくださる方であることを、信じなければならないのです。

「信仰は望んでいることを保証し、目に見えないものを確信させるもの」だとここで言っています。しかし信仰の「何を望んで」いるのでしょうか。肉的な自分の望みとか、教会で自分が用いられることを望むことではないでしょう。そうではなく、主イエス様がお手本をになってくださったように、私たちは「父のみこころを行なう」ことを望むのです。

 次に「目に見えないもの」とは何でしょうか。これは約束のものであって、この世で見えるものではありません。16節に「あなたがたが神のみこころを行って約束のものを手に入れるために必要なのは忍耐です」とあるように、神のみこころを行なって、最終的に得られるのはずの約束のものとは、天にあるのです。信仰の父と呼ばれたアブラハムは、地上では寄留者であることを告白し、得られたのは約束の子イサクと妻を葬るためのマクペラの洞窟しかありませんでした。

「信仰がなければ、神に喜ばれることはできません。」私たちは心から賛美したい、礼拝したいと祈りました。しかしそれは実現不可能な事だと思われました。しかし祈りは通じ、神が為されることはふしぎです。
 私たちが迷うことのないように、可能性のあるただ一件だけの物件が示されました。不思議のまず第一は、目標額を超える献金が集まりました。後になって過不足ないちょうどの金額だとわかりました。第二に、これも不思議ですが、管理人として住んでくださる一つの家族が手を挙げてくださったのです。それもご本人の意に反し、示されて手が上がったのです。第三に、大家さんが私たちのすべての要望、礼拝と賛美、管理人の住むことなどを受け入れてくださったことです。第四に地域の人との関わりや近くの教会など、御心の示しが夢やかねてからの牧師の使命感を通して与えられていることです。

 6節には「神に近づく者は〜中略〜神がご自分を求める者には報いてくださる方であることを信じなければならない」とあります。この度の会堂への移動は、私たちが「望んでいること」への具体的
な神の答えです。このように、私たちは神に対し御心を祈り求めれば、神は必ず答えてくださること、その信仰を個々人においても堅く立てなければなりません。アーメンでしょうか。

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »