フォト
2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« サタンの基本戦略 | トップページ | 福音は先ず悔い改めから »

2020年12月27日 (日)

神に愛される

黙示録3章19節  新改訳2017

わたしは愛する者をみな、叱ったり懲らしめたりする。だから熱心になって悔い改めなさい。

 最初に絵本<大切なきみ>の朗読をしました。このお話の中で、人々が互いに比べ合い、その優劣に囚われている姿が、シールの貼り合いで表されていました。確かに私たちは優劣の価値観で互いを判定し、金ぴかの星シールやダメシールを貼りまくり、そのことに疑問を持っていません。教会においてすら、競い合うケースがあるようです。しかしこの絵本のように、造り主である神は、たとえ世の見方と異なって、個々人を最善に造られているのです。ただそれがわからないだけです。その作り主の愛と御心に従って生きることの方が、決定的に重要なことであるのはもちろんです。

 昨日、バイトしている放課後ディで二人の中学生をきつく叱りました。リーダー的な存在のはずの子たちなのですが、英語の学びの時間になっても、自分がしたいことを続け、いくら注意しても意図的に無視したためでした。他人である者が叱れば、その後も大変なケアが待っています。しかし一旦「自分勝手な行動が通る」と学んでしまうと、その後、その成功体験を正すことはかなり大変です。子どものわがままを許容することで、降りかかる煩わしさから自分を守ったかも知れませんが、それはその子たちを愛しているとは言えません。
 まして神さまであれば、子である私たちの勝手な思いや行い、わがままを叱られないことはあり得ません。実際、私は褒められることはほとんどなく、叱られることの方が圧倒的です。しかし、叱られても叱られても、それはむしろ当然であって、かえって神さまの愛を感じます。もし「叱られたことがない」と言われるならば、かえってその方は私生児です。または、神の訓練の段階に入れない乳飲児の状態なのでしょう。

 この絵本を子ども向けだと思わないでください。晩節を汚す人、退職していつまでも上役気分が抜けない人、伴侶を送ったばかりに生きる気力すら湧かない人など、この絵本に該当するクリスチャンのなんと多いことでしょう。私たちは、主によって懲らしめられなければ成長できない存在なのです。それは愛されている子の特権です。最後にヘブルの12章の御言葉を受け取りましょう。
「わが子よ、主の訓練を軽んじてはならない。主に叱られて気落ちしてはならない。主はその愛する者を訓練し、受け入れるすべての子に、むちを加えられるのだから。主が訓練しない子がいるでしょうか。すべての子が受けている訓練を受けていないとしたら、私生児であって本当の子ではありません。」

« サタンの基本戦略 | トップページ | 福音は先ず悔い改めから »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« サタンの基本戦略 | トップページ | 福音は先ず悔い改めから »