フォト
2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »

2021年2月

2021年2月28日 (日)

この世のものでない私たち

ヨハネ 17章14・16節  2017新改訳

わたしは彼らにあなたのみことばを与えました。世は彼らを憎みました。わたしがこの世のものでないように、彼らもこの世のものではないからです。
わたしがこの世のものでないように、彼らもこの世のものではありません。

 イエス様は世を去って行かれました。どうして去って行かれたのでしょうか? それは「十字架で罪を赦すため」と言うのが大方の見方です。しかし「赦すため」と言うのはある意味、途中の道程に過ぎないのです。地上に降りられた神イエス様は、人間としてでないとできなかったさまざまな事柄・・・・奇蹟や癒やしによってご自分が神であることを証しされ、弟子たちを訓練され、また後に福音書によって後代まで伝えること・・・・を果たされた後、聖霊降臨(ペンテコステ)の為に去って行かれました。なぜなら十字架による罪の赦しは完全であり、これを信じる者には、聖霊なる神が住まわれる条件が整ったからです。
 ですからイエス・キリストをご自分の救い主と信じるなら、聖霊は内住されることでしょう。しかしそれだけでは真に神を主として聞き従うことは、困難なのです。なぜか。水だけのクリスチャンは、まだ自分自身を主としているので、主を自分の主とし、聞き従うことが出来ないのです。かと言って「自分に死ぬ」、これは自分の力では不可能なのです。

 こうして水のバプテスマだけではクリスチャンとしては完全でなく、既に信じていた人たちにも約束のものとして、聖霊の満たし(聖霊のバプテスマ)が必須でした。ペンテコステの日からこれは信仰の前提として、初代教会から幾度も注意深く対応されていたことです。ピリポがサマリヤで大きく用いられましたが、その報告を受けるとエルサレム教会からペテロとヨハネが派遣され、聖霊のバプテスマの祈りと按手(※使徒8章14-18)がされました。サマリヤ人に「聖霊はまだ、彼らのうちのだれにもくだっていなかった」からです。またパウロがエペソに下った時、アポロから信じた弟子たちに聖霊が下っていなかったので、パウロが按手して聖霊のバプテスマを受けさせた(「使徒19章1-7)ました。

 私は水のバプテスマと同時に聖霊のバプテスマが注がれる可能性は排除しませんが、基本、水のバプテスマと聖霊のバプテスマは同じものではないと思っています。私たちは神のことを「主よ」と呼びますが、真に自分の主とし聞き従うことは、聖霊のバプテスマ無しには困難です。「主よ」と呼び求めながら、自分が主であって、神は自分の願いを実現させるためのしもべに過ぎないのが、水のバプテスマの実態です。
 両者に明確な違いがあります。真に信じる者は<この世の者でない>神の国の者となっています。ですから、血肉の死は解放であり、故国、天への凱旋です。殉教はその明確な神のわざです。たとえそうならなくても、神の国の一員として、神の力を身に受け、肉の人でなく聞き従ってみこころを行う者に変えられていることが分かります。「聖霊の宮」を内包する証人として生きています。

2021年2月21日 (日)

神様はこのようなお方

ヨハネ 6章35節   2017新改訳

イエスは言われた。「わたしがいのちのパンです。わたしのもとに来る者は決して飢えることがなく、わたしを信じる者はどんなときにも、決して渇くことがありません。

一般に、神様と言うと崇高で近寄り難く感じられ、よくわからない存在だと思われています。ところがキリスト教の場合、神が人の形になり、メシアとして、地上に現れてくださったのです。生誕と復活、この二つが最大の奇蹟ですが、その間、さまざまなわざをされ、預言の成就という流れで、ご自分が神の子であることを明らかにされました。それを七つのしるしと申します。
 さらに弟子たちを教える機会の中で、神ご自身のことを「わたし(というもの)は〇〇です」と直に語っておられます。(私流にこれを「七つの I am」とよんでいます)他の福音書にはないこの「七つの I am」ほど、神様が分かるのに適したものはありません。神ご自身が、平易なことばと分かり易い喩えで以て自己紹介をしてくださったようなものだからです。

 そしてこの二つの「七つのしるし」「七つのI am」がすべてヨハネ福音書にあることも見落とせません。なぜなら、最後に書かれたこの福音書は、最もイエスに愛され、おそらく最後の一人になっていた使徒ヨハネによるものだからです。この時、すでにエルサレムは預言通り灰燼に帰し、神殿を失い、亡国の民となったユダヤ人。クリスチャンとしてはネロ帝の大迫害を乗り越え、迫害がまだ止まぬとしてもエペソの大監督としてのヨハネ・・・しかしこの時、すでにキリスト教最大の難敵にして今後も繰り返されるだろう危機・・・をヨハネは見ていました。それは聖霊による新生が伴わない、形骸化した信仰だったはずです。

今日取り上げます「七つのI am」は先ず第一に神はパンであると言っています。これはシナイの荒野での天からのパンでもありますが、基本、主食の意味のパンです。私たちはパンに代表される食物を常に食べ続けることで、命を養っています。食べなければ死ぬのです。その意味で、神からの滋養を受け続けなければ、最後のぶどうの木とその枝のたとえのように、枯れる、死ぬのです。何が死ぬのですか? 内住しておられる主の霊、神との交わりとその信仰、実らぬ実のままの私という枝、それらが霊的に死ぬのです。イエス様という方から、交わり、絶えずいのちを受け続けなければ、私たちは死んだも同然なのです。そのことを光、門、良き羊飼い、よみがえり、道だと少しずつ角度を変えながら説き明かしてくださっているのです。
 私の考えでは、これらの恵みを受けるためには、悔い崩れる深い改めが前提です。神は高ぶるものに道を閉ざされるからです。サウル王と同じように、神の栄光を、やがて自分のものにしてしまう恐れのある者は祝福されず、ダビデのようにたとえ罪を犯そうと、悔い改める者を神は末代まで祝福されます。自分の罪深さを決して忘れない者、それは命をも落とされそうな試練を受けた者だけの特権です。そしてカリスマの教会とは、たとえ少数であっても、そのような方たちの教会なのです。ハレルヤ!

2021年2月14日 (日)

神に愛される人

ヨハネ 3章3節   2017新改訳

イエスは答えられた。「まことに、まことに、あなたに言います。人は、新しく生まれなければ、神の国を見ることはできません。」

 イエス・キリストが来られるまでの人物の中で、およそダビデほど神から愛された人はいません。しかし彼はバテ・シェバとの一件だけでなく、私たちと変わらぬ罪人の一人に過ぎませんでした。しかし神は愛され、その約束を違えることはなかったのです。なぜでしょうか? それはダビデは悔い改める人であったからです。
 例えば王として最も晴れがましい瞬間、契約の箱をダビデの町に迎え入れた時、前王の娘ミカルに蔑まれても、「あなたの父よりも、その全家よりも、むしろ私を選んで、主の民イスラエルの君主に任じられた主の前だ。私はその主の前で喜び踊るのだ。私はこれより、もっと卑しめられ、自分の目に卑しくなるだろう」(第二サム6章21~22節)と、ダビデは人の目より、ただ神だけにへりくだって全幅の信頼を置きました。
 つまり、ダビデは何度も罪を犯しましたが、その度に神を信頼し、心から悔い改める人物だったのです。サウル王のように、王としての慢心を持たない人でした。それが神から愛された最大の理由だと私は思います。

 人は罪人ですから、神は裁こうとする人をますます頑なにされ(つまり、そのままにされ)、愛する人には様々に介入され悔い改めに導かれます。そのような人は、神からと思われる指摘や叱責に、かえって喜んで従います。それはたとえ苦い言葉であっても、自分を守り愛されているが故だとわかるからです。ですから悔い改めのバプテスマのヨハネは偉大だったのです。

 本日のテーマである「神に愛された人」とは、「悔い改める人」のことです。真に悔い改めるとは、謙遜というか、自分自身の真の姿、自分がどれだけ罪深く、罪に囚われた惨めな状態であるかという認識がなければなりません。しかし普通の人のように自分を誇る面が少しでも残っているとすれば、それは困難なことでしょう。
 その点から見れば、世の成功者、強者、または自分はひとかどにやり遂げて成しえたと思っている人々が「金持ちが神の国に入るよりは、らくだが針の穴を通るほうが易しい」(マタイ19章24節)と語られている通りでしょう。口先では信じても、神を主とすることが困難だからです。

 神に愛されている人とは必ず尋常で無い困難、試練を経て、自分に絶望し、真の自分の姿を見た人です。自分に希望がないので、主を主とした人々です。悔い改めるができる人です。そのような人は聖霊のバプテスマを受け、新生した人々であり、永遠のいのちを血肉の命で失うことがありません。それは努力して可能になることではありません。神を愛し、すべてに優って神の愛が大切だという、愛された者の当然な結果なのです。神はこのような者を求めて全世界を造られました。神は愛する者を愛し、ダビデのように決して見捨てず、悔い改めに導いてくださいます。

2021年2月 7日 (日)

中風の人から

ルカ5章23節   2017新改訳

 『あなたの罪は赦された』と言うのと、『起きて歩け』と言うのと、どちらが易しいか。

 共観福音書マタイ、マルコ、ルカすべてに載るこの「屋根から吊り下ろされた中風の男の癒やし」は、これまで「あなたの罪は赦された」と宣言されたイエス様の立場から語られてきました。しかし今回、当の本人はどう思っていたのか、それに焦点をあてて見ていきたいと思います。

 キリスト教はどこかのクラブやサークルとは異なります。何が違うのかご存知でしょうか? それは罪赦された者の集まりなのです。クリスチャンになる人は次のような三つの段階を通っている人です。先ず霊魂が不滅であることがわかっていなければなりません。「鬼滅の刃」の鬼は炭次郞に切られると滅んでしまいますから、霊的な存在ではありません。霊は血肉の体と異なって不滅であり、天と地獄のどちらかで永遠に生きるのです。
 次に自分について、罪の故に滅ぶ存在であることを認識していなければなりません。それでこそ悔い改めることができるのです。最後に十字架の贖罪と赦しを受け、人が大きく変えられていなければなりません。そのような人は過去の罪を償いたい思いが強くなり、嘘がつけなくなります。良心が強くなるからです。また不安や恐れから解放され、天国を実感するようになります。その喜びはどうにも押さえようがなく、叫び出すほど心が引き上げられていきます。要するに、人が変わるのです。

 中風の男は、これはあくまで推測にならざるを得ませんが、深く悔い改めていたと思います。中風とは脳の血管の障害によって一部が壊死し、半身不随とか片麻痺、言語障害などが起こる後遺症です。吊り下ろされながら男は、自分の体を過信したこと、不摂生をしたこと、特に高慢であったことを悔い改めていたはずです。イエス様はそのことをご存知でした。それゆえ「あなたの罪は赦された」と言われたのです。この時、癒やされることよりも、はるかに素晴らしいものを男は受けたからです。

 この中風の男と同じように「罪は赦された」と語られたのは、パリサイ人に招かれていたイエス様と、そこに侵入した罪深い女との一件でした。女がイエス様にした一つ一つのことがらに、彼女の深い悔い改めを見ることができます。その上で、罪が赦された、そこにどれほどの喜びが溢れたことでしょうか。中風の男も、もう血肉の体が癒やされることなど、どうでも良くなっていたはずです。肉体のどんな癒やしでも、それは一時のもので、やがて必ず滅びます。しかし罪が赦され解放されることは永遠であり、天の神との交わりが開かれる絶大な恵みです。両者を比較するも愚かなことです。この男が癒やされたのは、パリサイ人などへの証明のためです。群馬県在住の詩画作家「星野富弘」さんも、これとまったく同じようなことを言っておられましたことから、このことは確認できるのです。

« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »