フォト
2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 真の宗教、真の神 | トップページ | 本当の自分に立つ »

2021年6月27日 (日)

実生の木

ピリピ 2章10~11節   新改訳2017 

それは、イエスの名によって、天にあるもの、地にあるもの、地の下にあるもののすべてが膝をかがめ、
すべての舌が「イエス・キリストは主です」と告白して、父なる神に栄光を帰するためです。

 善悪の基準とか、そこに至った動機は決して悪いものではなかったとしても、正々堂々とできず、はばかられる事柄に神に導きを祈る時、すばらしい神の助けがあった事を証しします。このことを通し私は神が信じる者を通し実際に居られ、働いてくださる神であることを証言します。

 私が今のマンションに越してきて7、8年は経つでしょうか、マンションの出入り口から数メートル離れた道路と住宅の境に、腰の高さほどの実生の木が生えていました。小さかったので何の木か当時はわかりませんでしたが、今では写真の通りの4、5mの高さがある、たぶんコナラでしょうか、立派な木に生長しました。

 これは小さいことかも知れませんが、最初はまったく土がない、アスファルトとコンクリートの間に、よくも生えることができたものだと感心していたのですが、ここまで大きくなると「困ったことだ、何とか今のうちに伐採しなければ」と思うようになりました。そこで「誰も何も手をこまねいて、ここまでになったのだから」と私が何とかしなければと思うようになりました。 

 問題はその方法です。私道に生えているのですから、市に依頼するのが筋なのか、あるいは塀のお家の了解を取るべきなのかわかりません。いずれにしても面倒です。そこで目立つ伐採では無く、ネットで調べ、根に近い方に小さな穴を開け、そこに除草剤を流して、徐々に枯らす方法なら、誰にも不審に思われないでできると思ったのです。そしてすぐに決行することに決めました。

 しかしどうにもやり方が正しくないように思えたのですが、妻にも誰にも相談できず、決めたその夜、この木曜日でしたが、神様に祈ったのです。するといつもにない、ある示しが来ました。それは「あなたがするのでなく、私に任せなさい。私なら最善にこれを解決できるのだから」という内容でした。経験上、私が思いつかないことで、これは神から来たと思いましたので、「そうだ、そうだった。これで私は楽になった」と委ねることにしたのです。

 しかし試しはすぐに来ました。なんとその翌日、妻が珍しくホームセンターに行きたい言うのです。そして行きますと、私は「これは除草剤を買うチャンス」と昨夜の祈りも忘れてそのコーナーに行って、安い薬を探しました。三百円ぐらいあるにはあったのですが、それさえも惜しんでいると、昨夜のことを思い出し、「これはまずい」と商品を棚に戻しました。

 さて一夜明けて昨日、つまり土曜日の朝になり、私が仕事を終えて帰ってみると、何とあの実生の木が根元で切り取られているのです。驚いて妻に聞くと、マンションの管理人と隣のご主人が話し合われ、切ることになり、伐採はたまたまマンションの庭の手入れに来ていた業者が行ったとのことでした。繰り返しますが、私があわや伐採しかけていたことなど、私以外には妻さえも、誰も知らないことです。そしてすでに数千日も放っておかれた伐採が、木曜日に祈り、金曜日に試され、土曜日にまったく当事者間で話し合われ、専門の業者によって伐採されたので。

皆さん、これは偶然でしょうか。私は偶然には思えません。小さな事かも知れませんが、信じる者の心を知られる神が行われたことです。神は生きておられ、これは「すべての舌が『イエス・キリストは主です』と告白して、父なる神に栄光を帰するため」なのです。

« 真の宗教、真の神 | トップページ | 本当の自分に立つ »

感謝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 真の宗教、真の神 | トップページ | 本当の自分に立つ »