フォト
2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 永遠のいのち -行き着くところは- | トップページ | You are A Warrior »

2022年8月28日 (日)

世に打ち勝つ信仰

Ⅰヨハネ 5章4~5節   2017新改訳

神から生まれた者はみな、世に勝つからです。私たちの信仰、これこそ、世に打ち勝った勝利です。
世に勝つ者とはだれでしょう。イエスを神の御子と信じる者ではありませんか。

 「聖書は誤りなき神のことば」だと信じることがどんなに大切か、そのことをリバイバルナイトでの木原ヨハネ副牧師は強く証しされたのです。「聖書のみことばは神のことばである」、これが頭で分かっているのではなく、はっきりと体験できるのは聖霊の働きによるのです。   聖書はすべて神の霊感によるもの(2テモ3:16)と聖書自身が証していることなのですが。執筆者は神であって、人はその忠実な書記に過ぎないのですから、聖霊様の助けなしに<神のことば>が神のことばであることが分かることは不可能です。

 聖書について考えてみれば、私たちの信仰、教会、生活など、そのすべてが聖書に源を発し、聖書を拠り所とし、聖書を究極的な目標としています。聖書以外の教会の伝統とか、神に準じる代理人的な権威というものは一切存在しません。ですから聖書だけが私たちの全基準なので。。

 聖書を基準とする一例としてLGBT+があります。聖書では男色は、はっきりと神の国を相続できないと記されています。最近の遺伝子調査においても、性的指向(LGB)を決定する遺伝子は見つからず、基本的には(胎児期を含めた)環境による影響が大きいとされています。ですからこれは障害ではなく、直ることが可能です。私たちはこのような人々をも愛し、立ち直れるよう祈りを持って神に取り成す、というのが聖書的な正しい方法だと言えるでしょう。

 私たちは聖書によって、聖書自体が神のことばであり、三位一体である主イエスの神性を信じます。主イエスが神でなければ十字架の意味がないのです。又罪の赦しに、主イエス以外のいかなる仲介もあり得ません。免罪符、告解、イエスの生母マリアの無原罪などを否定します。聖書では世の権力や進化論も関わりがありません。

 しかしキリスト教会の歴史を見ると、聖霊は子孫に継承されることは困難です。あくまで神のもの、人のものではないからです。ひとたび聖霊を失うなら、父が神のことばとした聖書も、子は一般の書物と同じように、自分達人間の力と視点で神のことばを判断しようとするのです。そしてそれがキリスト教会で普通になっていくのです。私自身も、木原副牧師のような体験をするまでは、人間的な理解に終始し、みことばは私にとって力のないものでした。こうして聖霊を受けていないクリスチャンと教会、つまり死んだようなキリスト教が今や真のクリスチャンを迫害するのです。

 私たちはこの世の知恵で聖書を見下ろす彼らの不信仰を受け入れてはいけません。そして神のことばである聖書を、聖霊様の助けと説き明かしによって神のみこころを知り、みこころを行う者となるよう祈りましょう。神のことばは神のことばと悟らせる聖霊様の導きによって読むのです。

« 永遠のいのち -行き着くところは- | トップページ | You are A Warrior »

神のみこころ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 永遠のいのち -行き着くところは- | トップページ | You are A Warrior »