フォト
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ

« 御霊によって歩みなさい | トップページ | 大能のちから »

2022年10月30日 (日)

御霊によって歩みなさいⅡ

ガラテヤ5章16節   2017新改訳

私は言います。御霊によって歩みなさい。そうすれば、肉の欲望を満たすことは決してありません。

 エルサレムの街と神殿を破壊され、亡国の民とされて遠くバビロンへ捕囚された人々は、異教のただ中にある中で、悔い改め、信仰を新たに模索した。その結果、シナゴーグ(会堂)で律法を学び、神殿儀礼に代わる礼拝をして安息日を守ることになった。また旧約聖書も完成し聖典とされ、二度と偶像礼拝の背きを犯さない律法の民へと変えられていった。これこそエルサレムを崩壊させた神の御心で、エレミヤによって幾度も預言されていたことであった。

 しばらく後にバビロニアを滅ぼしたペルシャの時代になって、これも預言通りイスラエルへの帰還を果たし神殿を再建した民だったが、四百年も経つと律法尊守は形骸化していた。そのタイミングで神はキリストを地上に送られ、「神を愛し、隣人を愛する」律法の目的を教えられたが、律法の破壊者として権力者からは異端視された。しかし神の子イエスは自らを犠牲の捧げ物とされ---罪のあがないと真の救いを十字架上で成就された。それでもイスラエルはこのキリストを拒み続け、エルサレム教会に対しても、<割礼>を受けさせ、ユダヤ教の枠内へと強要し続けた。
 エルサレムに教会が存在し続けるためには、結局エルサレム教会はユダヤ教キリスト派として、その中に留まり続けたのであり、パウロの信仰義認=無割礼は受け入れられないものだった。このことはエルサレム教会が選んだ指導者が筆頭弟子ペテロではなく、イエスの肉の兄弟ヤコブであったことからもうかがわれる。

 今に生きる私たちは、聖書と同等に教皇権や教会会議を権威に置き、七つのサクラメント(秘蹟)という神秘儀式によるカトリックと対峙しなければならない。乱暴な言い方であるが、カトリックは割礼という儀式を至上としたエルサレム教会の再現とも言える。しかしそれに対して誕生したはずの私たちプロテスタント教会においても、儀式化、形骸化は密かに進んで来ている。
 福音派からカリスマ派に恵みと神の導きによって来た私がある時、高校時代に通っていた教会の礼拝に出席しなければならない事があった。しかしあまりの霊性の無い礼拝に、心底、霊と魂が冷え、寸時もいたたまれない思いをした。それらの教会が2030年危機と称される高齢化で、廃屋となって消えて行くのは、やむを得ないことだと思う。
 聖霊は風のように吹き、どんなに聖霊が注がれた教会であっても、一世代限りで衰えてしまうのは珍しいことではない。聖霊は神からの賜物であって、決して人の自由になるものではない。御心を熱心に求め、行おうとしないなら、サウル王のようにたちまちそれは取りさらわれる。しかし主なる神の力なしに、何事も為し得ないことは明らかだ。それ故、私たちはいよいよ熱心に主を求め、間近い福音の大宣教と携挙に用いられるよう、飢え渇いて主の御心を求め続けよう。

 

 

 

 

 

« 御霊によって歩みなさい | トップページ | 大能のちから »

聖霊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 御霊によって歩みなさい | トップページ | 大能のちから »