フォト
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« キリストの律法 | トップページ | 万能の存在の目的 »

2022年11月27日 (日)

素晴らしい天の御国

✝マタイ 6章33節   2017新改訳

まず神の国と神の義を求めなさい。そうすれば、これらのものはすべて、それに加えて与えられます。

 クリスチャンは皆、自分は「天国に行ける」と思っています。しかし天国がどんな所かはよく知らないまま、この世の生を終えてしまう人が多いようです。しかしそれは、未知の外国へ飛び込んで行くよりはるかに無謀です。タラントのたとえ話にあるように、天国はこの地上での生活の上に繋がっていますし、そこでの報いは、行った後からではどうすることもできません。地上での準備が必要であり、それにはきちんと知っておかなければなりません。その上で、私たちが行く天の御国がどんなに素晴らしい所なのか、それを知ることがこの世にある私たちにどんなに希望を与え、使命を熱心にさせることでしょうか。天の御国を知ることが私たちを大きく変えるのです。

 天国を知ることは「私は天国へ行った来た」類の本や映画からではなく、100%聖書から知るべきです。その聖書はなんと言っているでしょうか?
 聖書は最後の審判の時、血肉の命を終えた全ての人々は、よみがえらされると教えています。そして全ての人々は、いのちの書に従ってゲヘナと天国のどちらかに分けられます。聖書では「ゲヘナでは、彼らを食らううじ虫が尽きることがなく、火も消えることがありません」(マルコ9:48)とあり、死ねない体があるために永遠に苦しみ続けなければなりません。恐ろしい所です。

 しかし、以下に述べるように、天国は真逆です。
○一辺が2200Kmで城壁が宝石で飾られ、美しく広大な天のエルサレム
○太陽や月などの 天体が消え、地形が平に一変する
○聖所からの光りで闇のない世界
○苦しみ悲しみのない世界
○すべての動物は菜食に変わる
○聖所からいのちの川が流れ出て、その両岸には十二の木の実がなる
○御霊のからだとなって、老いず、食べることができ、移動が自由
○神への礼拝と賛美が絶えず、諸国の民は捧げものを持って礼拝しに来る

 天国はこんなに素晴らしい新天新地として聖書に描かれています。地上で使命(タラント)を忠実に用いた者は「よくやった」とほめられる。また住む所はあらかじめ備えられている。元々は罪深い人に過ぎない私たちですが、聖なる主と永遠に交わり続けられる所、そこが天国です。
 如何でしょうか。天国に比べれば、この地上での生活、世での大切なものなど、実に取るに足りないものです。よくクリスチャンの墓碑に「私たちの国籍は天にあり」(ピリピ人3:20)と記されています。確かに私たちの体はこの地上にあろうとも、目を天に上げ、天のために今を生きているのです。常に心がけましょう。そして祈りましょう。私たちは天国人であると。

 

 

 

 

« キリストの律法 | トップページ | 万能の存在の目的 »

神の国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« キリストの律法 | トップページ | 万能の存在の目的 »