フォト
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ

« 彼の打ち傷によって | トップページ | 信じる人々に伴うしるし »

2022年12月25日 (日)

感謝する

エペソ 5章19~20節   2017新改訳

詩と賛美と霊の歌をもって互いに語り合い、主に向かって心から賛美し、歌いなさい。
いつでも、すべてのことについて、私たちの主イエス・キリストの名によって、父である神に感謝しなさい。

 クリスマスは名前からして、救い主イエス・キリストがお生まれになったことをお祝いする、楽しく喜ばしい日という意味になります。しかしいくつかの理由があって私たちの教会は、キリスト教会であるのにほとんど祝わないのです。

まず12月25日という日、これは聖書の記述から正しくありません。この時期、ベツレヘムの山地に雪が降ることがあるぐらいですから、羊飼いたちが野宿ができるような気候ではありません。5月から10月の間なら可能でしょう。
なぜこの日にかと言うと、冬至が過ぎ、太陽の復活が始まる太陽を崇める異教の祭りの日に因んでいるからです。関連するのはミトラ教、サトゥルナリアです。ひいらぎなどの常緑樹、それへの装飾などがそうです。これには教会が異教徒の取り込みのために、キリストの降誕日が明らかでないのを利用した経緯があります。
キリストが受肉され、世に降臨されたことについて、慎んで感謝する日であるべきです。決してお祭り騒ぎにすべきものではありません。すでに学んだようにイスラエル民族の歴史を通して、キリスト来臨の必然がありました。偶像崇拝から律法遵守へとイスラエルは前進しましたが、それでも肝心の「心を尽くし、いのちを尽くし、知性を尽くして、あなたの神を愛しなさい」は形骸化し、どうあっても神を自分以上に愛することは、人間自身の力では不可能であることが明らかになりました。そこで神ご自身が人間を救うための自己犠牲の愛の決断をされたのです。この後イエス様は十字架への苦難の道を歩まれます。それならば、救い主を送ってくださった神に心から喜び感謝はしても、儀式のように飾ったり、お祭りのように騒ぐのは本筋から外れています。神の愛に感謝する日なのです。

キリストが十字架で死なれたことは、罪と死が滅ぼされた勝利の瞬間になりました。三日後昇天され、天の神の右の座に着かれ、一切をさばかれる大能の君となられたのです。このキリストによって救われた私たちが本当に喜んで良いのは、大患難の中頃のラッパの響きによる空中携挙の時と、最後の審判後、新天新地が降り立った時ではないでしょうか。私たちはその時、心から喜び祝いましょう。今はまだ「全てのことについて、神に賛美し、感謝」しましょう。
その感謝はクリスマスの今日に限らず、朝目が覚めた布団の中で、食事の前に、体調が良きにつけ悪しきにつけ、すべてのことについて、神に心から感謝をしましょう。良かったことを感謝する時よりも、悪かったこと、一例を挙げれば交通違反で青切符をきられても、ステージ4のガンにかかっても、心から感謝するするのです。世で言うクリスマスの今この瞬間から、感謝に溢れる日々を歩んで参りましょう。 

« 彼の打ち傷によって | トップページ | 信じる人々に伴うしるし »

感謝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 彼の打ち傷によって | トップページ | 信じる人々に伴うしるし »