フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 万能の存在の目的 | トップページ | 彼の打ち傷によって »

2022年12月11日 (日)

父の愛

ヘブル 12章6節   2017新改訳

主はその愛する者を訓練し、受け入れるすべての子に、むちを加えられるのだから。

5:「わが子よ、主の訓練を軽んじてはならない。主に叱られて気落ちしてはならない。
6:主はその愛する者を訓練し、受け入れるすべての子にむちを加えられるのだから。」
7:訓練として耐え忍びなさい。神はあなたがたを子として扱っておられるのです。父が訓練しない子がいるでしょうか。

 多くの人にとって神のイメージは、穏やかで優しく、怒るに遅くすべてを受け入れ赦してくださるといったものでしょうか。しかし同時に神は義であり聖であるので、罪に関わる一切は赦されても、罪を犯し続ける罪性まで受け入れられることは決してありません。

 ですから神はご自分の子に対して、例外なく訓練をされます。それは当然です。なぜなら私たち血肉の体を持つ者は、例外なく罪人であり、十字架の恵みに与ったとしても、容易には罪の性質から逃れられないからです。もしその罪の性質のまま天国に入ったとしたら、聖と義を汚し、即外の暗闇に追放されてしまうことになるでしょう。根本的に、新しく作り変えられなければならないのです。

 しかしそれは自分の力、努力、修行、精進とかの類では不可能です。根本的に自己愛から逃れられない人間の弱さ、罪深さがあります。ですからこれは神の力に依るしかないのです。これこそ「神の試練」であり、一人一人に注がれている神の愛です。試練に苦しんでいる我が子に対し、親は子以上に辛い思いしますが、その後のはるかに素晴らしい結果を知って耐えてくださっているのは神です。
 従って神からは訓練があり、時にはムチがくだされます。聖訓練を通らされています。アブラハムは生涯、イサクと墓地以外、約束のものを得ることはありませんでした。 ヤコブやヨセフ、モーセやダビデに至るまで、彼らに訓練が止むことはありませんでした。新約の時代においてすら、ペテロやパウロは常に迫害や困難な中に生きてきました。神からの試練は全能の確かな守りがあり、確実に成功することを信じなければなりません。

 しかし皆さん安心してください。神は全知全能な方ですから、赤ちゃんや幼な子に訓練やムチはありません。ちゃんと成長段階に従って訓練されます。また大事なことですが、基本的に志願制だと言うことです。神の御心を行いたい熱い愛にある方と、神の御心の人にあるのであって、望まない方にはありません。
 ですから試練にある方は喜んでください。あなたは神に愛されている子であり、神の国はあなたのものなのです。

« 万能の存在の目的 | トップページ | 彼の打ち傷によって »

神の愛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 万能の存在の目的 | トップページ | 彼の打ち傷によって »