フォト
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« さばくな | トップページ | なりふり構わず »

2024年2月25日 (日)

いのり

マタイ 6章6節   新改訳2007

あなたが祈るときは、家の奥の自分の部屋に入りなさい。そして戸を閉めて、隠れたところにおられるあなたの父に祈りなさい。そうすれば、隠れたところで見ておられるあなたの父が、あなたに報いてくださいます。

 私たちの神、創造主は広大な宇宙やその中で唯一水の惑星である地球、そこにありとあらゆる生き物を造られ、最後の最後に人を造られました。人はそれまでの特別な存在、霊肉合わせもった被造物(創世2:7)でした。霊だけの天使もありますが、霊肉を併せ持つという点に最大のポイントがあります。
 肉は必ず終わりますが、終わるまではその命を懸命に守ろうとします。これは肉の命を持つものすべてに備わっている強固な本能です。しかし霊にとって罪に当たります。霊は肉には見えませんが、見えない霊は滅びず永遠の存在です。物質でないからです。そこで肉体の命という限定条件下で、十字架によって肉体にある罪を赦され、神と和解して霊を回復できるかどうかが最大のポイントになります。人は誰でも永遠の霊を持っていますが、死後、天と地への二分(黙示20:12ー15)は避けて通れません。聖書ではこれを最後の審判と言います。
 では霊肉併せ持った人の命を創造された、神の創造の目的とはなんだったのでしょうか?それはズバリ、子として交わる者を得るためです。天に行く人の子は全員、誘惑や試練困難を受けてパスした子ですから、そんな試験の無かった天使よりも地位は高い(ヘブ1:14)のです・・・

 神は愛と聖のお方です。そのお方の子として交わるには、当然同様な性質が必要です。そのために神はイエス・キリストを地上に送り、十字架上で人類のすべての罪を背負わされました。悔い改めて信じるならば罪赦され救われるのです。ただ一つ、問題は本当に罪がわかり、悔い改めて肉に死んだか、です。しかしこれにも明確なしるしが伴います。聖霊のバプテスマに続いて注がれる神の愛(ガラ5:22-23)、その結果として聖霊の賜物(1コリ12:1-10)という実が結ばれていくことです。
 天の父との交わりを、この地上で営むことを<祈り>と言います。地上の親子でも、顔を合わすたびに「○○欲しい、○○してくれ」とばかり要求する関係はいびつです。たまにはあるでしょうが、祈りは要求し、引き出す交渉の場ではありません。何よりも愛する神と交わる場なのです。ただ生まれたての赤子が「おっぱいが欲しい、お尻を快適にして欲しい」と絶えず要求ばかりしますが、赤ちゃんのままのクリスチャンも同様な傾向があります。人の子どもが成長するように、クリスチャンも成長し、交わりの中から父の御心がわかり、父の御心が行えるように成長しなければ、天の父をがっかりさせてしまうのです。祈ることがどんなに楽しく素晴らしい恵みか、それは皆さんの「祈り」の成長にかかっています。

 最後にお勧めしますが、一日の内で祈る時間を最優先にしましょう。就寝前の祈りから1時間の早天の祈りを大切にしましょう。それには就寝時間がポイントです。「明日のことは明日が心配します」(マタ6:34)。クリスチャンは御言葉と祈りに生きるのです。

« さばくな | トップページ | なりふり構わず »

祈り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« さばくな | トップページ | なりふり構わず »