フォト
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« なりふり構わず | トップページ | 内なる霊の戦い »

2024年3月10日 (日)

老いてこそ

使徒の働き 2章17節 2017新改訳
神は言われる。終わりの日に、わたしはすべての人にわたしの霊を注ぐ。あなたがたの息子や娘は預言し、青年は幻を見、老人は夢を見る。

  私の目は見かけは悪くても、性能は良いとばかり思っていた器官でした。ところが、七十歳を過ぎてから、どうもそうではなくなりました。十年前の緑内障の発見から、最近特におかしいのです。
 例えばテニスで、ボールがラケットの芯になかなか当たりません。高速道路でスピードを出すと、側方の景色がまるでコマ落ち動画のようにカクカクになります。もっと困ったことは人が変に見え出したのです。中景にある人物の顔が、雪だるまのように、目と眉を二本の炭で横に置いたように見えるのです。これは不気味でしたので、かかりつけの眼科医に絵でを見せ相談しました。

 眼科医は困ったような顔をして言いました。「中村さん、あなたの歳ではとても自然なことなんですよ」と。そして自覚の足りなさそうな私に向かって、実は私の水晶体はすでに濁ってきており、白内障が出かかっていること。雪だるまに見えることについては、この歳まで10メートル先の瞳が見えていたことの方が優秀であったことを告げてくれました。そうです、眼科医は「老いた」自覚のない私に「老い」を強制認識をさせてくれたのです。

 少しショックでした。が突然、かねて聖書で幾分なりとも不審に思っていた真理がわかりました。それはなぜ老人が主の器として用いられるのかということでした。アブラハムは75で召命を受け、百歳で約束の子を得ました。しかしその子でさえ、神はアブラハムが自分に従うことができるか、究極のテストをされたのです。モーセは80歳からの召命です。エジプトの王子だったモーセですが、自分がイスラエルの民を救えると思い上がってしまい、エジプト人殺しの追っ手を逃れ、遠く辺境の地ミデアンまで逃れてきたお尋ね者でした。それから40年、しがない雇われ羊飼いとして、その生涯はやがて失意のうちに終わるはずでした。彼にはもはや希望というものがなかったのです。
 「老いる」と言うことは、肉の命にもはや希望を持てない事を意味します。この、「希望が無い」と言うことが非常に重要です。神を信じない未信者には老いは呪いでしょうが、神を信じる者には希望そのものです。なぜなら、人の努力や力では不可能な<自分に死ぬ>ことが限りなく近く迫っており、神の器として適切です。肉が残っていれば、結局はサウル王のように聞き従わない罪を犯し、神が悔いるリスクを負うことになるからです。

神は言われる。終わりの日に、わたしはすべての人にわたしの霊を注ぐ。あなたがたの息子や娘は預言し、青年は幻を見、老人は夢を見る。(使徒の働き 2章17節)
 しかし年をとり、肉体に希望を失った者には、もはや天にしか希望がありません。そして老人はリアルに神の栄光と天を夢見る、神の器として用いられるのです。

« なりふり構わず | トップページ | 内なる霊の戦い »

証しメッセージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« なりふり構わず | トップページ | 内なる霊の戦い »